« 信じられるか? | トップページ | メディアのリテラシーを問う »

2011年3月31日 (木)

大本営発表か?

政府について・・

批判が多いようです。
菅首相の原発訪問が初動作業の妨げとなったのではないか? とか・・
そのようなことを言っている暇があったら、一刻も早い復興支援へ注力してもらいたいものですが。

また、原発について、政府発表は大本営発表だとの声も強いですね。
反体制派の人にとっては、とにかく政府は何をやっても批判の対象となるようで、今回はまさに格好の事例となっているようにも見えます。

しかし、冷静に考えてみてください。

他の問題ならばともかく、この原発事故のように周囲に大きく拡散する大規模な事例を、隠蔽したり捏造したりということは果たして可能なのでしょうか??

例えば、放射線量の調査ですが・・
全国各地のモニタリングポストの数値を、地域的に、あるいは時系列的に矛盾なく操作するなどということは、スーパーコンピューターでも駆使してやれば可能かもしれませんが、現実味を欠いているように思えます。

また、放射線量は政府や自治体のみが計測できる専売特許ではなく、計測器があれば誰でも図ることができます。
隠しようがありません。


原発内部の状況についてですが、これはたしかに第三者が立ち入ることはできない閉鎖空間となっていますので、政府発表の真偽についてはなんとも検証のしようがありません。

ただ、私も原発のことを調べ始めて感じることなのですが、原発のメカニズムは極めて複雑かつデリケートで、ひとつの要因が有機的に他に作用して状況を変え、それがまた新たな現象を創りだしてゆくという厄介な性格を持っています。

ネットでも、各種の専門家がいろいろな発言をしていますが、正反対の意見があったり、詳細部分で食い違っていたりと程度は様々ではありますが、およそ百論程も分析が語られていることを素直に見ると、それだけ状況を把握して解析するのが難しいということが言えるように思います。

このような複雑な系の中にあっては隠蔽や捏造をするほうがはるかに困難であるのは自明で、現場のデータはそのまま吸い上げられ東電や原子力安全保安院を通じて発表されているものと思われます。
これは、昨日の記事と同じです。

では、政府はどのようにこれに絡んでいるのか?

閣僚の中に原子力の専門家はいないでしょう。
なので、彼らも東電などからの情報と解析結果を聞き、その理解に努めるほか無いはずです。

この点、枝野官房長官の姿勢は評価できると思います。
はっきり言って、枝野氏のほうが東電や原子力保安院などよりもよほど分かりやすい。
政府のスポークスマンとしては、余人を持って代えがたいと思います。

話を戻して・・
閣僚といえども、原子力は素人。
となれば、当然放射線量が人体へ与える影響などについてもそれほどの知識はないはず。

このため、政府内では各種専門家が集まり、これに政府関係者も加わって様々な善後策を練っていることでしょう。
つまり、原発問題については、例えば首相が独断で判断するなどということができるはずもなく、多くの指揮者の総合的見解として最善と思える策を選択するのがせいぜいでしょう。

関係者が多くなればなるほど、隱蔽はできなくなる。
マスコミが、関係者にインタビューして隠蔽をすっぱ抜いた ということも起きていません。

ただ、社会的な影響を考慮して、政治的判断として発表のタイミングを控えるということはあるかもしれませんね。
退避区域の設定などで、このような政治的判断が下されたのではないかとも思いますが、いずれにしても、それは隠蔽ということとは違うように思います。

ただ、退避区域の問題にしろ、野菜の汚染と出荷停止の問題にしろ、ちょっと言い方がまずかったかな?
という印象はありますが、私としては、概ね政府の発表は信用していいのではないかと思っています。


ただ・・発表のタイミングは・・・??


昨日、枝野官房長官は、メルトダウンの可能性は否定出来ない と述べました。


ちょっと・・・胸騒ぎがしています。


|

« 信じられるか? | トップページ | メディアのリテラシーを問う »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

昨日のコメントで「日当40万円求人」は少し舌足らずでした。正確には中日新聞に「日当40万円で来ないか」の記事タイトルがあり、原発業者間でそのような情報が飛び交っているが正解です。
東電の会長がやっとマスコミの前に登場しましたが、この後に及んでも5号機、6号機を廃炉にの言及を避けてます。正直カエルの面にションベンといった感じですね。
メルトダウン、残念なことですが既に始まっていると私は推測します。

投稿: デラシネ | 2011年3月31日 (木) 09:03

なるほど・・ブラックジョークですね。

東電会長の発表としてはあれがギリギリだったのでしょうが、この事態が収まっても数年間は高い放射線が出続けると思いますので、あの場所で継続的な操業は不可能でしょうね。

炉の損傷有無にかかわらず、原発敷地全体を封印して、時の経過を待つ! ということしか選択はないように思います。

メルトダウン・・
その影響が今度どのような形で現れてくるか?

それが、今後の最大の問題となりそうですね。

事態は後退する一方のようにも思われ、危機的状況はより深まってきました。

ううむ・・

投稿: 栗原@simple | 2011年3月31日 (木) 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信じられるか? | トップページ | メディアのリテラシーを問う »