« プロに任せよう | トップページ | 原発はどうなるのか »

2011年3月16日 (水)

寡黙な技術者

原発は、まだ一進一退を続けています。

停電した中で、手探りに近い作業環境で奮闘されている現場職員の方々の頑張りに、ただ頭が下がります。

他の電力会社からも有志の社員が応援に名乗りを挙げているようで、献身や使命感という言葉などでは到底表現できないほどの迸るような熱を感じます。

安全イデオロギーにがんじがらめに縛られた中で、黙々と日々のオペレーションをこなし、安定した電力供給を使命としている技術者の矜持だと思います。


職を賭して・・ いや、命を賭して現場に駆けつける人々がいることを、我々はもっと知るべきです。
彼らは決して声高に叫ぶこともなく、安全圏にいてもっともらしい理屈を振りかざすわけでもありません。

安全圏で適当なことをしゃべっている評論家ではなく、実務者として現場に張り付き、事態の収拾に獅子奮迅しています。

おそらく、家庭にあっては良き父であり、我々と同じようにごく普通の生活を営んでいる方ばかりだろうと思います。
それらの人々の肩に、今後の日本の・・いや、世界中の電力行政を左右するほどの重みがのしかかっています。

職責と言ってしまえばその通りなのですが、しかし、この事態に至って職責と言うにはあまりにも重い、重すぎる重圧を背負ってしまった。

その心情を思うと、涙が出てきそうになります。


前例のない事態、停電した真っ暗な中で、現場は混乱を極めていると思います。
正確な情報を・・ との声は分かりますし、もっともなことだと思いますが、情報を整理する間もないほどの混乱が現場を襲っているであろうことは容易に想像できるはずです。

また、アナウンスをしている東電社員もおそらく技術者だろうと思われます。
技術者は、一般への説明には長けていないのですよ。

どうか、怒声を浴びせるのではなく、もっとうまいコミュニケーションが取れるようメディアの方々に配慮をお願いしたい。

有事です。
どうか、すべての期間が協力しあって、この事態がうまく収まるように。
それを願っています。


|

« プロに任せよう | トップページ | 原発はどうなるのか »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

とにかく今は発電所の職員を信じて待つしかありませんね。
津波の被災地に比べると東京の方は平穏を取り戻しつつあります。
計画停電でたまに停電することと電車が不規則なこと、小さな地震が多いこと、買占めする輩のためスーパーの棚がガラガラなことくらいですね。それでも毎日通勤できて仕事も出来るし、暖かい部屋で眠り、3食きちんと食べられます。この非常事態に幸運なことです。
マスコミの煽りと過剰報道でイライラしたくないのでテレビは見ません。
騒ぎが落ち着いたら分相応の募金でもしようかと思ってます。
栗原さんも、いつも通りのお仕事頑張ってください。
日本の底力と団結力を信じて、今はお互いの生活をしっかり送りましょう。

投稿: パートシュクレ | 2011年3月16日 (水) 23:56

本当にそのとおりです。
停電の中、昼夜奮闘している職員の方々には本当に頭が下がります。

ここ九州からはただテレビの前で見守るしかないのですが、とにかく不自由な中でご自愛を願うばかりです。

こちらでも募金や献血はすでに始まり、救援物資についてもようやく受付体制が整いつつあるところです。

私も、出来うる最大限の貢献が出来ればと思っています。


それと・・・
この災害で日本中が連帯し、皆で立ち上がろうという意識が芽生えることを願っています。

戦後、驚異的な復興をした日本の底力をナメるなよ~

共に力を尽くしましょう。

投稿: 栗原@simple | 2011年3月18日 (金) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロに任せよう | トップページ | 原発はどうなるのか »