« | トップページ | 大山鳴動して・・2 »

2011年3月 4日 (金)

大山鳴動して・・・

入試問題がネット掲示板に投稿された事件、犯人(というべきなのか?)が逮捕されました。
これ、刑事事件なの?? いったい何の容疑で? と思っていたら、どうやら偽計業務妨害罪とのことです。

連日、テレビも新聞もトップニュースとして伝え、例によってマスコミの過熱狂乱ぶりが目立つ事件ですが、結局は大山鳴動して鼠一匹という印象です。

つまりは、単純なカンニング・・ということに過ぎない問題で、これが国会やリビア情勢などを押しのけるほどの大問題として扱われることにはどうにも違和感があります。

特に、今日の新聞の報道ぶりは凄まじく、一面、政治面、コラム、社説、社会面までブチヌキのお祭り騒ぎですが、しかしどこまで読んでも単なるカンニング以上でも、以下でもなく、カンニング事件そのものよりも、それをこれだけ加熱して煽るマスコミの異常な行動に奇異な思いが膨らむばかりです。


もちろん、カンニングは明らかな不正であり、これについては厳然とした処分が取られなければならないのは言うまでもありませんが、それが警察当局を動員しての逮捕と、まるで殺人犯を追いかけるようなマスコミの報道によってなされてしまったことは果たして適当な処置であったと言えるのか??

カンペなどによる従来的なカンニングであれば発覚と同時に失格で、どこまでも大学の内規による処分となったはずです。

それが、ネットという公共的な空間に流れてしまったことによって問題が大きくなってしまった・・
おそらくは、大学側にとっては完全に想定外のことで、加熱する報道も相まってどのように対処して良いか分からず、本来は大学独自に対処すべき問題であるべきことを、偽計業務妨害という理由をつけて警察当局に下駄を預けてしまった・・という事のように思います。


どこで歯車が狂ってしまったのか?
最初は小さな雪の塊でも、それが坂道を転げ始めると徐々に大きな雪塊となっていき、暴走し、もはや誰にも止めることが出来なくなる・・ という感じで、一歩引くと壮大な茶番劇に日本中が振り回されてしまったという印象がありますね。


長文になってしまいました・・
これについては、もうちょっと思うところを書いてみたいと思います。

続きはあした 

|

« | トップページ | 大山鳴動して・・2 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

全く仰るとおりだと私も思います。栗原様のマスゴミへの批判は、私の考えるところといつもほとんど同じなのでいつも楽しく読ませてもらってます(笑)

彼の行為はルール違反であることは間違いありませんし、褒められる行為では決してありません。

でも不謹慎を承知であえて言えば、私は彼はすご~く仕事ができる男の気がしました。あのカンニングのアイデアを形にしたエネルギーは、将来良い方向に向かえばきっと凡人にはできない何らかの才能を開花させるような気がしました。


投稿: ooyama | 2011年3月 5日 (土) 00:01

ありがとうございます。
同じ思いを抱く方がいて心強い思いがします。

まだ未熟な未成年が起こした些細な出来事です。
また、情報によると少し精神的に参っていたというようなこともあるようで、そうしたことも影響しているのでしょうね。

出来心・・
それを全マスコミが寄ってたかって、大学や予備校や、出身高校や、近隣にまで出かけていってカメラを向ける・・明らかに異常なことです。

不正の代償としてはあまりにも重く、過酷なものとなってしましました。

願わくば、カンニング技術に割いたエネルギーをもう一度受験勉強に投入して、来年は正々堂々、正面から入試を突破してもらいたいですね。

それと・・
京大は被害届を取り下げてくれないかなぁ?

それくらいの温情を見せて欲しいと思いますけれど・・ううむ

投稿: 栗原@simple | 2011年3月 5日 (土) 09:37

最近のマスコミは明らかに「異常」ですね。さすがに嘘をつく事はめったに無いのですが、ニュースの取捨選択と論調があまりにも偏り過ぎです。私はニュースといえばネットでしか見ませんが、たまにテレビや新聞を見るとあまりの偏向ぶりにゾッとします。
カンニングといえば、私もたまにやりました。期末試験の一夜漬けで睡魔との戦いに敗れた時などは、今度は罪悪感と戦いながらカンペを筆箱などに忍ばせたものです。
むかし「試験あらし」という漫画や「ザ・カンニング」なんて映画もあって、奇抜なカンニングのテクニックや、試験官を欺く快感を面白がる風潮があったのを覚えてます。
相撲の八百長報道でもそうですが、ことさらに正義感を振り回すマスコミの報道には毎回ウンザリですね。

投稿: パートシュクレ | 2011年3月 5日 (土) 22:29

おっしゃるとおりで、どうもマスコミの報道そのものが疑惑の対象になるような昨今であると思います。

今はネットが一方で巨大なメディアになって、マスコミに対するカウンターバランスになってくれていますので、それらの対比でよりマスコミの偏向が目立つようになったのでは? とも思います。

まあ、でも、ネットも玉石混交ですけどね(^^ゞ


これを書いている今日、TVでは前原外相の辞任問題が騒がれています。
今日の新聞も一面から政治面はこの問題ばかりです。

でも、誰が献金していたのか? その目的は? など、最も肝心な献金の現場にどのような背景があったのかということについては、新聞を端から端まで読んでも一行も書かれていません。

事の本質に迫ることなく、状況だけで大騒ぎをする・・
購読やめちゃおうかな? と思いますね。


カンニング問題・・
ようやく落ち着いてきたようです。

冷静に考えると、たかがカンニング。
大騒ぎするような問題ではありませんよねぇ。

煽るだけ煽って、あとは知らんぷり。

いつものことですが・・ため息が出そうです。

投稿: 栗原@simple | 2011年3月 6日 (日) 09:58

ちょっと補足・・

前原外相への献金問題について、これは前原氏を幼少から知るご近所のおばちゃんからのもののようです。

前原氏は父親を自死によって失った母子家庭に育ち、その頃の苦労を知っている方からの5万円ずつの献金が、合計20万円となったようですね。

その方は焼肉屋さんで、在日コリアン。
献金は韓国名ではなく、日本の通名でなされたようですので、これは事務方が気づかなかったのも無理は無いでしょう。

外国人からの献金禁止についてはその法の精神に照らして当然のことではありますが、このケースに置いては、その精神に抵触しているようには思えません。

私は前原氏の政治手法などについてほとんど評価はしていませんが、それとこれとは別問題。

法治ということは大事ですが、法律原理主義というのもいかがなものか?

ともあれ、成り行きを見守りたいと思います。


以上、補足にしては長くなってしまいました(^^ゞ

投稿: 栗原@simple | 2011年3月 6日 (日) 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 大山鳴動して・・2 »