« 不透明さは増すばかり | トップページ | 原発 新たな状況について »

2011年3月28日 (月)

自戒を込めて

原発の状況に進展はありません。

観測される数値は事態の深刻度を示唆し、現状把握を混沌とさせるものになっています。
不安定な綱渡りをしているように、体が右へ左へ傾くたびに、ひやりとするような思いを感じています。


以下、自戒を込めて・・

国難とも言えるこの状況に直面し、矢も盾もたまらず原発のことを調べ始めました。
すると、調べれば調べるほど、いかに自分が原発に対して無知で、また無関心であったのかということを思い知らされることとなりました。


3年ほど前、地元である九州電力のエネルギー館というところへ出かけたことがあります。
そこには玄海原発の模型があり、原子炉の構造や安全設計などについて分かりやすく解説をする趣向が施されていました。

私は以前は技術者の端くれとして禄を食んでいた身ですので、このようなプラントの設計思想についても人一倍の興味を持っており、一緒にいた家族をそっちのけでそれらの解説を熱心に聞いたものでした。

その時の感想として、実に良く考えられているなぁ と、感心した記憶があります。
これならば心配はない、と思いました。

当時から問題になっていた地球温暖化防止の方向性に照らしても、二酸化炭素を発生させない原発は時代の流れとして必然なのだろうと思い、問題となる核廃棄物についてはその危険性を感じながらも誰かが何とかしてくれるんだろうと思考停止をしてしまいました。

そのうち、真にクリーンな核融合原子炉ができるだろう・・
現在の核分裂原子炉は、その時までのつなぎとして必要悪のようなものだと考え、自身を納得させていました。

そして、ふんだんに電気を使い、原発がもたらす快楽を享受し、日常生活において原発のことは意識から消え去っていたのです。


なお、原発については政府や電力会社を主体とする推進派と、市民団体や大学教授、そして地元民などを母体とする反対派があることは承知していました。

推進派には、それにまつわる利権などが見え隠れする漠然とした不透明さや胡散臭さがあり、方や、反対派に対してはイデオロギーが先行する偽善臭のようなものを感じていました。

いわば、どっちもどっちで、両派の対立は数十年という歳月を重ねてどこまでも無意味で不毛なことに終始しており、傍観者としてはもうどうでもいいや・・的な諦観、というよりは無関心になっていったのだと思います。

自戒を込めて書いているのですが、しかし、どうでしょう?
想像するに、大多数の人は私と同じような立ち位置にいたのではないか? と思うのですが。


そこに、今回の事態です。

マスコミやネットなどでも激しい論争が巻き起こり、それらの中には政府や東電を舌鋒鋭く糾弾する論調も数多くあります。

しかし・・胸に手を当てて考えてみてください。
あなたは、この事態が起きるまで、原発のどのくらいを知っていたのでしょう?

40年以上に渡る日本の原発政策について、どのくらい真剣に考えていたのか?
今や、原発を設計できるメーカーは、世界の中でも東芝、日立、三菱重工の三社に限られており、地球温暖化防止という金科玉条を奉じて原発を世界に売り込んでいこうという国策とも言えるビジネスモデルが進行していたのをどれほどの人が知っていたのか?

もし無関心であったならば、政府や東電を批判するその先には、おそらく自分自身の姿がその延長線上に透けてくるはずで、それはまさに天に唾をすることにほかなりません。


しかし・・・
かと言って、一億総懺悔をするのもまた無意味なことです。

ここは各々が自戒をし、その反省に立脚して今後の善後策を建設的な立場から述べていくことが望まれています。

今後のエネルギー政策をどのようにするのか?
それは、今まで築いてきた生活様式を大転換することにもなる、抜本的な意識革命を強いられることになるようにも思います。

相当な痛みも伴うはず。


しかし、災い転じて福となす。
これが、世界に先駆けてエネルギー消費の一大革命となるように、日本がその先陣を切らなければなりません。

未来において、エネルギー革命が起こった起点として3.11が永久に記憶されるように、それを目指して日本全体が意識を新たにし、連帯することが求められているように思います。


それが、この震災でなくなった方たちに対する最大の弔意になるのではないでしょうか。

戦後、奇跡的な復興を成し遂げた日本です。
今回も、絶対に立ち上がる。

日本を ナメるなよ!!!


|

« 不透明さは増すばかり | トップページ | 原発 新たな状況について »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不透明さは増すばかり | トップページ | 原発 新たな状況について »