« 今できること2 | トップページ | 寡黙な技術者 »

2011年3月15日 (火)

プロに任せよう

昨夜から続く原発の一進一退、祈るような気持ちで見守っています。

東電や政府への批判も多くなってきましたが、批判して事態が収まるわけではありません。

今は、最前線で命を賭してこの困難なオペレーションを続けているプロ集団に全てを託すしかありません。


批判する人へ・・・

気持ちはわかりますし、もちろんそれを表現することも自由です。
しかし、憶測 はやめてください。

私も含めて一般の人は原発の専門技術など何も知らず、例えば炉心溶融と聞けばチェルノブイリのメルトダウンを思い浮かべるような人がほとんどだと思います。

今必要なのは情緒的な物言いではなく、科学的、技術的で客観性のある論理です。
客観性のみが正しい行動の道しるべとなり、いらぬ混乱を防ぐ堡塁ともなります。

批判は自由です。
しかし、今それをしなくても、あとになって十分できるではありませんか。
その時こそ、その批判精神を存分に発揮されることをお願いします。


原発も、救命も、今はプロに任せるしかありません。
それを信じて、せめて彼らの足を引っ張らないよう、祈りながら見守りましょう。

頑張ってください。 頼む!!

|

« 今できること2 | トップページ | 寡黙な技術者 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
意志表示に敬意を表します。
一般人による批判や議論は後で良いことに同感いたします。
今は最前線で汗を流している人々を暖かく
支援する心を持ち、良い方向へ収束することを祈るばかりです。

投稿: isuakira | 2011年3月15日 (火) 20:07

ご賛同いただき心強い思いです。

isuakiraさんも技術者として経験を積まれた方でいらっしゃいますし、私も経験は浅いながらも技術者の端くれとして禄を食んでいた者ですので、現場の奮闘は痛いほど分かります。


技術的問題は、純粋に技術的な方法論をもってしか解決できないというのが原理原則であり、ここに思想やベキ論、はてはイデオロギー的な色彩が絡むと、問題はこじれ、対策は迅速さを失い、事態を悪化させるのみとなります。


ただ、社会的な影響を鑑みた場合、いくら想定を超えた事態であると言っても東電の責任が回避される事にはならず、今後の検証において様々な議論がなされるのは当然であるとしても、”今”は、それを言う時ではないと思います。

まして、原子力の門外漢があれこれ勝手な発言ををするのは、それがどのようなもっともらしい論理を纏っていたとしても、結局は自己満足の域を一歩も出ておらず、もちろんそれが炉内温度を下げることに寄与するはずもなく、百害のみしかありません。

・・・

いや、ちょっと興奮してしまいました。

ただ、現場で命がけで事態を収集している方々を思うと・・どうしても言わずにはおれません。

とにかく、頑張って欲しいです。
涙が出そうです・・

投稿: 栗原@simple | 2011年3月15日 (火) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今できること2 | トップページ | 寡黙な技術者 »