« 原発はどうなるのか4 | トップページ | 放射線のことが知りたい »

2011年3月21日 (月)

原発はどうなるのか5

続きを書きます。

私なりに原発のことをまとめてきましたが、できるだけ客観的に、できるだけ正確にと考えるあまり、文体が技術論文のようなものになってしまって、逆に分かりにくいことになったかもしれないと反省しています。

その反省をもとに、えいやっという感じで、できるだけ分かりやすくまとめることに挑戦してみます。


今原発で何が起きているのか? ということについて、大きな問題が二つあります。

・ひとつは、原子炉の中で起きていること
・もうひとつは、原子炉の外で起きていること  です。

そして

・原子炉の中で起きていることは、使用中の核燃料から発生する放射性物質の問題で・・
・原子炉の外で起きていることは、使用済み核燃料から発生する放射性物質の問題です。

つまり、原子炉内も、原子炉外も、問題となる放射性物質が発生するという点において、問題の本質においては全く同じということになります。


この問題を解決するために必要なことはたったひとつしかありません。
冷やすことです。


このため・・
原子炉の中を冷やすことと、原子炉の外を冷やすことが同時に行われています。

原子炉の中を冷やすために、ポンプ車などで海水を原子炉の中に注入するという作業が行われており、原子炉の外を冷やすために、自衛隊や消防などによって海水の散布が行われています。


とにかく、全力を上げて原子炉の中と外を冷やす・・という作業が行われているのです。


そして、希望の光として、外部から電源を引き込むという作業が行われています。
電源が確保出来れば、原発に備わっている安全装置を起動することができます。

この安全装置は、原子炉の中と原子炉の外を同時に冷却することができますので、これが正常に作動すれば問題は劇的に改善し、有害となる放射性物質の飛散もなくなるはずです。


これが、今原発で起こっていることです。
今は、祈るような気持ちで安全装置が起動することをを願っています。

ところで、今マスコミなどが問題にしているのは、放射性物質の飛散についてです。
毎日、シーベルトだの、マイクロシーベルトだの、ミリシーベルトだの・・・
頭が痛くなっているところに加えて、今度はグレイだの、ベクレルだの 新しい単位が次々と出てきて、全く訳がわからん というのが大勢の率直な感想ではないかと思います。


このため、専門家と称する人から一般の人に至るまで、いろいろな人がいろいろなことを言っています。
これが、混乱に拍車をかけているようでもありますね。

これら両極端の見解として、穏健派代表である政府は大丈夫と言っており、方や反原発ジャーナリストなどは極めて危険な状態であるなんてことを最もらしく主張しています。


いったい、どちらが正しいのでしょうか????

これについて、私なりに色々と調べてみましたが、どちらが正しいのかという判断は極めて難しいというのが率直な感想です。
と言うのも、安全か危険かということを決める要因があまりにもたくさんあっって、これら要因がどのように推移するかでその深刻度は大きく異なってくるからです。

これをどのようにまとめたらよいのか?
このブログを書きながら、迷いに迷っています。


ちょっと時間をくださいませ・・

というわけで、続きは明日。


|

« 原発はどうなるのか4 | トップページ | 放射線のことが知りたい »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原発はどうなるのか4 | トップページ | 放射線のことが知りたい »