« 大山鳴動して・・2 | トップページ | メイプルの学習机 »

2011年3月 7日 (月)

大山鳴動して・・3

続きです・・・

ここまで書いてきて思うことなのですが、この問題の本質は、デジタルネイティブである現役世代の携帯操作技術のレベルが、大学当局やマスコミ陣の理解をはるかに超えていた・・という一点に集約されるように思います。

私も、ラジオからの第一報を聞いたときに思ったのは  そんなこと、できるの? という疑問でした。
試験開始後から数分で、試験中に携帯を操作して送信する・・ そのような芸当は私の理解をはるかに超えていました。

日本文だけならまだしも、数式までブラインドタッチで送信するとは・・・
そんなこと、出来るわけない  というのが、私も含めた大人世代の共通の驚きであったのではないかなぁ?


なので、例えば試験問題を写メでとって協力者に送信、その後協力者がそれをタイプして掲示板へという三角送信だったのではないか? とか、

ひょっとすると、背後にもっと大きな組織のようなものが控えているのではないか? とか、

しかし、計画犯や背後組織によるものであるならば、どうしてわざわざ公共の掲示板に書き込んだりしたのか?
また、なぜ脚の付きやすい携帯で送信したのか?
あまりにも間抜けな話ではないか・・ とか、

なので、単独犯で、写メの画像を自動的に文書変換するアプリを使ったのではないか? とか、


ちょっと考えただけでも様々な疑問がわき、想像がさらに新たな想像をかきたて、というサイクルで話がどんどん大きくなっていったように思います。
まさに、ワイドショーにとってはこれ以上ないほどおいしいネタであったはずで、視聴率合戦が各局を盛り上げていった。

想像だけが独り歩きし、このため大学当局にあってもカンニングの実態がどれくらいの規模や広がりを持っているのか俄には掴むことができずに狼狽、困窮した挙句、偽計業務妨害という苦し紛れの理由で警察へ下駄をあずけたという顛末なのでしょう。


このように、大人たちが大騒ぎしているのを果たして現役世代はどのように見ていたのでしょう?
携帯で送信? そんなこと、簡単じゃん・・てな具合で、シラーっとした目で見ていたのではないかなぁ?


単なるカンニングという小さな雪の塊。
それが、デジタルネイティブを理解出来ていない大人たちの手で転がされ、坂道を下るに連れて大きな雪塊となって暴走してしまった。

その結果  カンニングで逮捕! という、前代未聞の珍事件が出来上がってしまったという顛末。
カンニングは厳正に処分されるべきですが、とんでもなく重い処分となってしまいました(溜息)

さて、ここまで書いてこれをどのようにまとめようかと逡巡しています。

事の対処に当たって、最も重要なことは正確な現状把握と分析であることは言うまでもないことだと思うのですが、この事件においてはその根幹がすっぽりと抜け落ちてしまい、核が空洞のままその周囲に想像の糸をグルグルと巻いてしまった。
出来上がったボールを切ってみると、何のことはない、中身は空っぽだったという実に空疎な結末です。

では、今後、マスコミなどのメディアに本質をを掘り下げて、核をしっかりとつくるような姿勢が期待できるのでしょうか??
どうも・・・ 期待は薄そうですね・・ はぁ~


とするならば、これも常に言われていることですが、情報受取る我々一人ひとりのリテラシー(情報解析能力)を上げていくことが情報過多の現在にあって、ますます重要になってくるという至極まっとうな結論となりそうです。


最後に・・
逮捕拘留中の予備校生・・ 今後どのような処分がくだされるのか分かりませんが、願わくば再起をして来年は正々堂々と正面から入試を突破してほしいなぁ。

ついては、彼の周囲にいる大人たちは、是非寛容な目で見守ってほしいと合わせて望みます。

熊本の事件のように殺人を犯したわけではなく、単なるカンニング、出来心です。
その程度で、彼の今後の一生が左右されてしまうような社会であってはならない。

それを願っています。

|

« 大山鳴動して・・2 | トップページ | メイプルの学習机 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大山鳴動して・・2 | トップページ | メイプルの学習机 »