« 放射線のことが知りたい2 | トップページ | 爆弾発言? »

2011年3月25日 (金)

放射線のことが知りたい3

最近は、原発&放射線マニアになったような感じがします ^_^;

昨日の続きですが・・・
あれこれ調べてみると、大気中を飛んでくる放射性物質からの被曝、いわゆる外部被曝についてはそれほど心配はなく、半径20キロの退避と、30キロの屋内退避は数値的に妥当だろうというのが専門家の間でもほぼ共通の認識のようです。

ところが、もう一つ問題があります。
一昨日より俄然問題のトップとなった、内部被曝です。

葉物野菜から〇〇ベクレルが検出された・・と思ったら、
次には、なんと飲料水からも放射性ヨウ素が乳児の暫定基準値を越える値で検出されました。

都内は、ペットボトルを買い求める人でパニックに近い状態になっているとの報道もあります。


確かに、内部被曝は問題です。
外部被曝であれば、昨日の記事のように、服や屋内に居ることでかなりシャットアウトできますし、体についてもシャワーなどで洗い流してしまえば問題はありません。

ところが、体内に入ってしまうと減衰距離はゼロですので、もろに被曝をすることとなります。

しかも、厄介なことにヨウ素は甲状腺に集まるという性質があるそうです。
こうなると、体内に入ったヨウ素が少しずつ甲状腺に累積され、そこでベータ線を発し続けます。
(まあ、半減期8日ですので、その減衰分は考慮しなければなりませんが・・・)

ベータ線の放射距離は体内では数ミリ程度。
そう、まさに甲状腺をピンポイントで狙うことになってしまうのです。

実際に、チェルノブイリの事故後に、風向きによって西北に放射性ヨウ素が大量に飛び、そこで多数の女児に被曝障害(甲状腺癌など)が出たという事実があります (幼年、女性で顕著なのだそうです)

決して穏やかではありません。


そこで、定性的にはこの通りだが、定量的にどうなのか?
というのが、この問題を取り扱う上での唯一の指標となってきます。

平たく言えば、どれくらいの放射線量であれば問題ないのか? ということです。

これも昨日から言われていることですが、放射性ヨウ素の暫定基準値は、大人で300ベクレル/リットル 乳児で100ベクレル/リットル ということだそうです。
それに対して、水道水から検出された量は 210ベクレル。

大人は大丈夫だが、乳児はダメ ということになります。
大騒ぎになるはずです。


こうなると、次の問題は暫定基準値が妥当であるのか? ということシフトします。


調べてみました。

すると、幽霊の正体見たり枯れ尾花 的なことなのですね、これが。

そもそも、どうして”暫定”なのでしょうか?
これは、裏返せば確定基準値がないからということなのです。

放射線の体への影響については、専門家の間でも相当に見解が異なるようで、誰しもが納得出来る確定基準値を設けることができないようなのです。

確かに、分かる気がします。
このような解析は、工学の分野では信頼性工学などの範疇に入りますが、ここでの基礎は確率密度関数を見つけることにつきます。

確率密度関数? と言われても分かりにくいことと思いますが・・
例えば(あまり好ましい例えではありませんが) 癌が発覚し、余命どれくらいと医者が告げるとき、その根拠は過去のどれくらいの患者がどれくらいの余命を保ったかという分布に基づいて判断されます。

この分布は、余命の確率を表すグラフのようなもので、これが確率密度関数と呼ばれています。

この分野にあっては、確率密度関数がすべての基礎となっており、同時に、確率密度関数を見つけ出すことが研究の最大のテーマでもあるのです。

しかし、確率密度関数を確定することは容易ではありません。
特に、放射能の被曝のような問題であれば、気象条件などの様々が外乱が入りますので、これらのノイズを取り除いて、目的のものだけを取り出すのは容易な作業ではないことは想像できます。

また、確率である以上、大丈夫か大丈夫でないか、とか、危険か危険ではないか、などということは白か黒かの二者択一ではなく、あくまでも確率でしか語ることができません。

なので、0.1%ならば大丈夫としましょう 
いやいや、0.01パーセントとするべきだ などの議論が百出していることは想像できます。
もともと確率しかないところに強引に基準線を引くというのは、対象がモノであればまたいろいろな方法がありますが、人命の場合は容易なことではありません・

さらに・・・と書いていくと、だんだん訳がわからないマニアックな領域に入ってしまいますので やめます。


ともあれ、日本の暫定基準値は、国際放射線保護委員会などの勧告を元として、様々の議論のうちから最も安全側にある数値をとりあえず抜き出し、それを文字通り、暫定として日本の基準としている というだけのことのようです。

つまりは、誰も真剣に放射線被害のことを考えていなかったということなのでしょうね(言い過ぎか?)

しかしながら、暫定であっても基準値は基準値。
出荷制限もやむなし・・ということでの決着を見るしかない・・ なんとも力が抜けるような無力感を感じます。

生産農家の方にかける言葉も浮かびません・・・


余談として・・・
水道の放射能汚染に怯えている、乳児のいる親御様へ・・

未検証ながら、面白い解析をしている記述を見つけました。

210ベクレルの水をコップ一杯飲んだ時の放射線量は・・
切干大根30グラム、あるいは、ひじき20グラムと同じとのこと。

つまり、我々はこれらに含まれるカリウム40からしょっちゅう放射線を浴びているのです。


余談ついでに・・・
日本にあるラドン温泉で、もっとも高い放射線量は なんと2400ベクレルを越えるとのこと・・

水が危険ならば、温泉場は死の場所ということになりそうです。


続きは明日 かな?
だんだん疲れてきました ^_^;

|

« 放射線のことが知りたい2 | トップページ | 爆弾発言? »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 放射線のことが知りたい2 | トップページ | 爆弾発言? »