« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

並行製作の意味は?

昨日は何かとあわただしい一日でした。

最近では、いくつかのアイテムを並行して製作するのが常態化しており、現在はキャビネット、ローテーブル、子供向け家具、学習机セットなどを同時に進めている状況です。

以前は、ひとつのアイテムに絞って、その目処がついた段階で次のアイテム・・というように、ステップ的に工程を進めていたのですが、数年前から並行製作へと舵を切り、以後数種類のアイテムを同時に進める工程をとる事が多くなりました。


木工は、木という天然素材を扱っていますので、なかなか計算どおりに進まないという難点があります。
また、厄介なことに、気温や湿度にもかなり影響を受けますので、工程はいつも狂いっぱなし・・

それが悩みの種なのです。

しかし、複数のアイテムを並行して進めていれば、たとえば今日大雨が降って塗装ができなくなったとしても、必ずほかのアイテムで進行可能な工程が出てくるものです。

つまりは、アイテムが多いほど、工程組み換えの自由度はあがると言うことなのです。


反面、欠点も・・・

しっかり管理していないと、どのアイテムをどこまで進めていたのか? それがあやふやになってしまうこと。

また、並行製作なので、一つ一つのアイテムの進行速度はどうしても遅くなってしまい、それがあせりを誘発して精神的によくないこと。

複数アイテムの仕掛品で保管場所が満杯になってしまい、出し入れの作業効率が落ちてしまうこと。


一長一短と言うところですね。


まあ、そのような事情を抱えつつも、しばらくは並行製作体制で行くつもりです。
おそらくは永遠に解決しない生産体制の問題・・・ 開業後8年を経て、進化しているのか? 退化しているのか?(滝汗)

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

蛍光灯とヘッドフォン

久しぶりにホームページを更新しましたので、ぜひご覧ください♪

 木工房シンプル ホームページ

さて、先日のこと・・・
手持ちの蛍光灯を買いました。
これ、読んで字のごとく手に持って使う蛍光灯で、材の表面状態を確認するときなどに用いるものです。

サンディングのときなど、適切に研磨されているか確認するのは意外と困難で、特に薄暗い工房の中では至難です。

窓から入る太陽光をバックにしたり、いろいろと工夫してもよくわからず、最終仕上げの段階でムラに気づいたりするのです。


この事態を避けるため、手持ちの蛍光灯を材の表面に近づけて、なめるように調べていきます。
この姿勢、知らない人が傍から見ると怪しいおじさんに見えてしまうことでしょうね。


さて、この蛍光灯・・・
耐久性があまりよろしくありません。

まあ、使用頻度もかなり高く、時々は床に落とされたりしますので仕方のないことなのでしょうが・・・

先日点かなくなったため、玉切れかな? と思い、蛍光管を変えたのですが、やっぱり点かない。
??? と思って分解してみると、電解コンデンサーの脚が二本とも根元からぽっきりと折れていました。

仕方ないので、本体を買い替え・・

これで、3代目の蛍光灯となりました。

寿命は約2年。
また一生懸命働いてもらいましょう。


それと、もうひとつ・・
防音ヘッドフォンも同時に買い替えました。

これも、寿命は約2年。
こちらは4代目となります。


いずれも、プロ仕様としては若干耐久性に難あり・・
しかし、入手性がよく(近所のホームセンターで購入)使い慣れているのでつい同じものを買ってしまいますね。

安物買いの銭失い・・・かなぁ?

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

セキュリティーソフトの憂鬱

新パソコンの話題をもうひとつ。

windowsの場合、問題なのがセキュリティーソフトの選定。
いろいろと種類がありますが、あまり詳しくない私としては、どれでもいいや・・・と言うj感じです。

ただ、セキュリティーソフトがパソコンの動きを妨げないことが必須です。

旧パソコンはN社製のものをインストールしているのですが、これがめっぽう遅い。
システムチェックなどを行ってくれるのはよいのだけれど、その間、他のアプリケーションの動きが遅々として使い物にならぬ。


今回の新パソコンには、ひと月のお試しとしてM社のものがプレインストールされていました。
まあまあいい具合に使っていたのですが、ひと月の期限が切れる一週間ほど前から頻繁に警告が現れるようになったのです。

セキュリティーの期限切れが近づいています。
契約更新を・・
更新はとっても簡単、下のアイコンをクリックするだけ・・・

云々


無視していると、期限切れが近づくにつれ警告の頻度が高くなって行き、期限を迎えたと同時に赤色の画面が立ち上がって・・・

危険 このパソコンは大きな脅威にさらされています

との、大きな文字。


(# ゚Д゚) ムッカー


これ、契約更新させるための手法なんでしょうが、一生懸命作業をしているときに突然こんな画面が出ると相当に腹立たしい思いがしますね プンプン。


頭にきたので、絶対にこことは契約するものかと決意し、まずはこのソフトを削除。
そして、以下のフリーソフトをダウンロードすることにしました。

 Microsoft Security Essential


これは、マイクロソフトが無償で配布するセキュリティーソフトで、いろいろな評価はあるようですが、普通に使っている分にはこれで十分でしょう。

どうも、この無償配布が他社の脅威となり、それが上記したような執拗な契約更新を迫る手法をとらせたのではないかなぁ?


IT業界も大変なことだ・・・
と、思ったりしました。


イヤイヤ、モッコウギョウカイモタイヘンナノダヨ!! ボソッ


| | コメント (3)

2010年8月27日 (金)

暗証番号

新パソコンを購入してひと月ほどが経ちました。

ようやく、windows7にも慣れてきて、何とか普通に使えるくらいにはなりました。
データ移行もだいぶ終わり、心配していたアプリケーションの互換もほぼ問題なく、一安心。

・・・していたら・・・


3DソフトのShade!
これをインストールし、開こうとしたら 暗証番号を入力してください とのこと。


暗証番号??
はて??

1234・・と打ってみる  ダメ (当たり前じゃね)

暗証番号????

そんなもん、設定したかいな??

その後も、思いつく適当な数字を打ってみるが ダメ


Shadeのホームページで調べてみると、暗証番号とはパッケージに印刷している番号とのこと。
そんなもん、とっくに処分してしまったワイ (`ε´)

どうする?

どうやら、暗証番号の再発行ができるとのこと。

よしよし♪


しかし、そのためにはユーザー登録をしていることが条件で・・・云々・・

ユーザーIDと、パスワードを入力してくださいとのこと。


_ノフ○ グッタリ


はて、ユーザーID?
何だっけ? いや、そもそもユーザー登録なんてやったっけ?


そんなこんなで堂々巡り。
解決にはまだしばらく時間がかかりそうです。


パソコン移行は何かと疲れるものですが、OSが変わったときはいっそう疲労度が増します。
もう、市販のアプリケーションはやめて、Shadeはsketchupに、officeはgoogleのドキュメントという具合に、無料アプリケーションへ乗り換えようか と考えている今日この頃です。

木工実作業以外でのゴタゴタ。
これも、木工房の実態なのです。

| | コメント (0)

2010年8月26日 (木)

金具は悩ましい

昨日スライド丁番のことを書きましたが、今日は悩ましい金具の話です。

家具に用いられる金具は、平丁番やスライド丁番などの一般的なものから、昇降金具などの特殊なものまで実に多岐にわたります。

比較的よく使うものについては、大川市あたりの問屋さんで箱買い、まとめ買いをしてストックをしておくのですが、問題はめったに使わない金具です。

これ、おそらく将来的に同じものを使うことはまずないだろうなぁ~ なんて金具の場合が厄介です。

問屋では単品売りはしていませんし、ネット通販などでもこのような希少金具についてはカタログそのものに載っていなかったり、あったとしてもやはり数十個単位の受注となっている場合が多いのです。

同業者さんの中には、金具を自作してしまうスーパーな人もいらっしゃいますが、私のレベルではとてもとても・・
ひたすら市販のものを調べるのみです。


今回も、ネット上で探しに探して、ついに見つけました。
一個売り可能 100円。
送料 800円  Σ( ̄ロ ̄lll)

うぅむ(腕組)


毎度毎度悩ましい金具探し・・

でも、ネットの隆盛で、昔に比べるとずいぶん楽になったように思います。
ネットがなかった時代は、各社のカタログを集めて、片っ端からページをめくって、問屋さんに電話して、交渉して・・なんてことを繰り返していました。

それに比べると今は検索という強力なツールが使えますし、また、要求を伝えれば適切な金具を紹介して、しかも取り寄せまでやってくれるという親切な金具屋さんもあったりします。

やはりネットは偉大な発明です。


さて、と言うわけで・・
今日も地道に探してみることにしましょう。

悩ましきかな、金具。

| | コメント (0)

2010年8月25日 (水)

スライド丁番

久しぶりにスライド丁番を使いました。

いつもはたいてい平丁番を使うのですが、今回のキャビネットはその構造上平丁番を使うことができず、スライド丁番の登場となったしだいです。


半年振りくらいのスライド丁番・・
これくらいの期間が開くと、取り付けの勘所が少々怪しくなっています。

試し彫りをして・・寸法を確認。
すると???  えっ???
カタログの取り付け図と微妙に寸法が違う(汗)

カタログ寸法に合わせて部材の加工をしているのにぃ~


よくよく確認すると、丁番のマウントプレートに違った型番を注文してしまった模様。
これで、カタログ寸法に対して5ミリの違いが生じていたのです。

困った!!


しばし思案。
で、結局横框の胴付を短くすることで解決しました。

まあ、短くする方向への修正だったのが不幸中の幸いで、これが逆方向であったとしたならば、部材の取り直しを余儀なくされていたところでした。


めったにやらない加工では勘が鈍ってしまう。
それがミスを誘発する。

手作り工房、一品生産の弱点か?

いや・・ アタクシの段取りが悪かっただけです。
先に試し彫りをするべきでした。

反省。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

順応力

昨日は薄曇りで、工房内温度が久しぶりに35度を下回りました。
連日40度前後が続いていましたので、それに慣れていた体には昨日の室温は「涼しい」と感じました。

高温への順応・・
慣れとはすごいものですなぁ!

まあ、考えてみると東南アジアでは40度超の気温に、高湿という二重に苛酷な環境での生活でしょうから、人間の耐性はまだまだ奥行きが深いのかもしれません。


私は今年も工房・母屋ともにエアコンなしの生活で、夜も熟睡できています。
職場がオフィスだったころは、省エネ28度の温度設定でも汗が噴出し、集中力が続かない・・などとわめいていましたが、いまでは28度のオフィスは天国にも思えます。

35度までは普通に作業ができますし、38度くらいまでであれば休み休み・・
さすがに、40度になるとかなりきつくなり、熱中症防止を真剣に考えて、こまめな休憩と水分補給が不可欠。

でも、それでも遅々とはしながらも作業はできるものです。
順応力、適応力とはたいしたものです。


とまあ、このように夏バテ知らずなのですが、食欲が落ちないので体重管理が大変。
いつものジョギングと、カロリー・糖質・アルコールゼロのビールテイスト飲料がこの夏の必須です。


残暑もあと少し・・かな?
がんばって乗り切ろう。

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

ウォールナットのキャビネット

昨日納品したキャビネットをご紹介します。

対面式キッチンのカウンター下に置くキャビネットで、奥行き33センチほどの少し薄めのキャビネットです。

20100819_001

納品先はすぐご近所のマンション・・
歩いて5分ほどの距離ですので、納品もラクでした♪


20100819_008

組み手はお客様よりのご要望・・
角を丸く面取りしてみました。

ちょっと、レトロな感じがしませんか?


20100819_019

素材はウォールナット。

ウォールナットは高級材で、また、歩留まりも悪いために商品価格はかなり高価になってしまいます。
そのため、ウォールナットでご成約に至ることはまれなのですが、今回はお手持ちのテーブル(ウォールナット製)にあわせたいとのことでのご指定でした。


久々のウォールナットは、作り手にとってもテンションが上がります♪

高価ですが、それに見合う存在感!
ウォールナットをお考えの皆様、ぜひ一度ご相談くださいませ♪

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

いつまでもあると思うな

昨日も木工家志望の方が来られました。
この業種、隠れた人気職種かもしれません。

いくつかの訓練校へ見学に行かれたとの由・・・

ただ、ここのところ、訓練校の木工科は少しずつ廃止される方向に動いているようです。
行政改革や、ひょっとすると事業仕分け圧力の一端でも影響しているのでしょうか? 成長産業とは見込めぬ木工業界、そのための職業訓練など非合理的ということなのかなぁ?

真相はわかりませんが、実態として、たとえば九州の木工科といえば今では田川訓練校のわずか一校を残すのみ・・
あとはすべて廃科となってしまいました。


このような流れは今後も少しずつ進行するように思われますので、木工へ進もうと考えられている方は十分ご留意ください。

気がつけば・・・ 木工科がなくなっていた・・ ということになるかもしれません。


無論、木工への第一歩は訓練校のみではなく、直接木工所へ就職したり、家具工房でアルバイトしたりという方法もありますが、しかし、それが可能であるのは年齢が10代か、せいぜい20代前半くらいまでのことです。

対して、木工家志望の多くは転職組みの20代後半~30代ですので、それらは現実的な受け皿とはなりえません。


こう考えると、訓練校というのは欠くべからざるもので、授業料無償や雇用保険延長などの恩恵とあわせて、きわめて希少でありがたい存在です。


いつまでも、あると思うな親と訓練校!

笑い話では・・・・ないかも??

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

限られた設備で

昨日は大きなキャビネットの組み立てを行いました。
奥行き500ミリで、板組みのキャビネットです。

このような時、非常に難しいのがクランプワーク。
30度超えの気温の中、接着剤の乾燥が急速に進む時期ですので、たくさんのクランプをすばやく効率的にかけていかなければなりません。

奥行き500ミリの板組みとなると、奥行き方向全体をきれいに密着させるのは結構大変!
自動プレスがあれば簡単なのですが、狭い我が工房では置き場所もなく、地道にクランプワークでこなしています。


機械設備のレベルについては、資金やスペースなど、各自の置かれた環境でさまざまですので、無いものねだりをしたり、ほかをうらやんだりするよりは、限られた環境の中で最大限の工夫をすることのほうがより生産的です。

と言うより、そうするしかないですよね~


で、無事組み立て完了。

今日からは、扉や引き出しなど、内部の造作へと進めていきます。

今日も暑そうです。

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

猛暑猛暑猛暑

全国的に酷暑が続いています。
昨日は、38度のなかで延々と鉋がけをしました。

素材はホワイトオークで、ただでさえ手ごわい相手なのですが、暑さが加わって意識朦朧。
材に汗が落ちないよう、長袖を着て、頭にタオルの鉢巻を巻いて・・と言ういでたちです。

大きなキャビネット・・・
その半分に仕上げの鉋を通し、サンディングを行い、組み立てまで・・
組みあがったときは、満足感と言うより、やっと終わったと思わず床にへたり込んでしまいました。


補給のための水は欠かせませんが、冷たいものばかり飲んでいるとおなかを壊してしまいますので、温かなお茶やコーヒーなども織り込みながらまめに水分を取る日々・・・

夕食を終え、夜のニュースを見ると・・ 明日も猛暑 ( ̄◆ ̄;)


木工をはじめて今年で9年目ですが、これほど暑い夏は経験がなかったように思います。
今のところ何とかこなせてはいますが、生産性は相当に低下しており、こりゃ本気で工房へのエアコン導入も考えなければならないかなぁ などと思ったりします。


ともあれ、まだまだ暑い夏は続きます。
今日もねじり鉢巻で、残りの鉋がけに精を出すことにします。

| | コメント (0)

2010年8月18日 (水)

木工起業と事業計画

木工家志望の方ご来訪。
訓練校に通うSさん、学校の夏休みを利用しておいでになりました。

地元を離れ、遠くの訓練校に通うために家族で引越しをしたとの由、そのことだけでも覚悟のほどが伝わってきます。

昼食を挟んでいろいろとお話を・・

その中でご提示いただいたのが「事業計画書」
これには驚きました♪


事業計画書の重要性については、今までにもHPやブログなどでいろいろと書いてきました。
しかし、実際にそれを持ってこられたのは、この8年間の数多くの訪問者の中でもSさんで二人目。
とても希少なことなのです。

ちょっと恥ずかしそうな様子で鞄から取り出したそれを拝見。

コンセプト、現状分析などを導入として、具体的な事業方針の立案と、その展開シナリオ。
そして、それらを踏まえたうえでの短中期的予算の立案(5年計画)へと続きます。

「具体的根拠がないのが問題なのです・・・」と控えめに言っておられましたが、どうしてどうして・・

現状分析や損益計算などについては、私の経験に照らしてもかなりリアルなもので、決して楽観主義、希望的観測ではなく、しっかりと地に足が着いたものであり、正直舌を巻く思いがしました。

拝見しながら、私も初心を思い出し、背筋が伸びるようでした。

起業についてはいろいろな考え方や、やり方があると思いますが、私は「考えた上で行動すべき」という立場です。

それがベスト! と言うつもりは毛頭ありませんが、用心深い私の性格としては、熟慮というプロセスなしに多額の資金を投入するというリスクを犯す度胸がないのです。

そのためにも、私にとって事業計画というものは寄って立つべき軸足そのもので、欠くべからざるものでありました。

今まで数多くの木工志願者をお迎えし、そのほとんどから事業計画に類するものを聞くことができなかった身としては、今回のSさんの訪問はとても刺激的で、過去の自分をフラッシュバックで見るような嬉しさ、面映さを感じたものとなりました。


Sさん、ありがとうございました。
卒業まで半年あまり・・・ 充実した訓練校生活を送ってくださいね。


私も、改めて短期計画でも書いてみることにします♪
 

| | コメント (2)

2010年8月17日 (火)

盆休み おわり

盆休みも終わり、今日から通常業務再開です。

最初の仕事は、メールのチェック。
お客様からのメールなどが10通あまり・・ そして、400通を超える迷惑メール( ゚皿゚)キーッ!!

フィルターによって迷惑メールホルダーに自動的に振り分けられてはいるのですが、時々その中にお客様などからのメールが紛れ込んだりしているからややこしいのです。
タイトルだけでも一応チェックを行い、20通単位で消去していきます。

休み明けの恒例となった行事で、のっけから気が滅入ることでございます。


さて、お盆休みは、恒例の四国行きでした。

四国は、山の頂が海から忽然と立ち上がっているといった地形で、一部を除いては平野も狭く、フェリーターミナルについた瞬間に山登りのワインディングロードが延々と続くのです。

この山道を走りながら、ああ、今年もやってきたな・・ と、ちょっとした感慨にふけったりします。


目的は四万十川での川遊び。
上流域、中流域にそれぞれお気に入りのスポットがあり、そこでゆっくりと水遊びを楽しみます。

ぎらぎらの太陽、川の両側に深い山々が連なり、山の向こうから真っ青な空を背景にして白い入道雲が立ち上がってきます。
川横のわずかな土地には刈り入れを待つ稲穂が風にそよぎ、その向こうに見える沈下橋を時折車が通り過ぎるのです。

ずっと眺めていても飽きない、日本の原風景が広がります。
懐かしい気分で、昔にタイムスリップするようです。


川あそび・・・
お盆の期間中、昔祖母に言われたように亡者に足を引っ張られたりることもなく、無事4日間の休みを堪能しました。


さて、今日から業務再開。
まずはメールへのお返事から・・

夏も後半・・ 気合を入れていきます。

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

盆休みのお知らせ

8月12日~16日まで盆休みです。

この間にいただいたお問い合わせについては、17日以降のお返事とさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

台風来る

台風が近づいています。

今のところ外はまだ無風ですが、予報によるとあと数時間でこのあたりを通過するとのこと・・


台風については、数年前に苦い思い出があります。
そのときは、台風の目がすぐ北を通過するという、風が最も強くなる最悪のコースをとったのですが、吹き荒れる暴風雨になすすべもなく、母屋の窓から工房と材木置き場を見守るばかりでした。

工房の屋根(プラスチック製の波板)が風にあおられ、大きく膨らみます。
ああっ ・・ と思っていたら、バリバリ という音とともに波板が数枚はがれ、飛んでいきました。

あわてて母屋から飛び出し、波板を追って右へ左へ。
今考えると、危ないことであったなぁ。

波板がはがれると、その下には下地のベニアのみ。
防水性はありません。

雨漏り・・・

下には仕掛品と、機械。

ありったけの洗面器で水を受け、機械にはブルーシートをかぶせたり、それはそれは大変な思いをしました。


それを機に工房の屋根をやり変え、固定の傘釘の量を三倍に増やして対処しています。


それでも・・・
台風はいやですね。


昨年、一昨年と、台風の襲来は受けていませんでしたので、今回は久しぶりのことです。
さてどうなるのか?

あとは、天に祈るのみです。 (^-^;

| | コメント (0)

2010年8月10日 (火)

こどもセット

お客様からいただいた写真をご紹介します。

先日と同じく、ロングセラー商品の「丸いこども椅子」
これに、こども机をあわせたセットです。

903_360x640

素材はパイン、軽い材で、お子様用としてぴったりです。
椅子の背板と、机天板の両端にはウォールナットを取り付けてアクセントに・・

100727_002


パインとのコントラストがかわいいですね。

917_640x360

お絵かきに、お食事に・・
木のやさしさに触れてもらえるとうれしいですね♪

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

階段

ちょっと珍しいものをご紹介します。

先日収めた・・・ 階段。
もちろん、家具ではありません。

ご自宅は、集成材によるログ工法で、ごらんの通り、お部屋から床まで木で仕上げられた空間です。
屋根裏がロフトとなっていて、ここに上がるための階段をお誂えいたしました。


製作に際しては、ご近所の木工家Kさんの全面的な協力を得て、先日無事納品することができました。

Dsc_0222_424x640


長尺もので、現場施工のために各部の寸法管理には神経を使います。
が、事前検討を十分行った甲斐があって、一発合格!
修正無しで設置することができました。

Kさん、ありがとうございました。


固定は床に埋め込まれたアンカーボルト。
設置後は表に見えることもなく、すっきりとした収まりとなります。


家具が専門ですが、木でできるものであれば承りますよ♪
木工房・・ですからネ!


ただ、このロフト・・
この夏の太陽にあぶられて、灼熱地獄 ( ̄◆ ̄;)

どうやら、階段が活躍するのは秋以降になりそうです。

| | コメント (0)

2010年8月 6日 (金)

メリハリはアイスで

数日間に渡った板矧ぎもひと段落しました。
保管場所は、ありったけのクランプを使った板矧ぎパーツの林となってます。

これらは、数日の養生の後、キャビネットへと形を変えていきます。


さて、その数日の養生時間を利用して、今日からオイルやウレタン塗装などの仕上げと、小物類の製作をする予定です。


気がつけば、来週末からはお盆休みに突入・・
そうなのです、8月は連休のために実働時間が短く、ぼやっとしていると時間がどんどん過ぎ去っていくようです。


いつものポカリスエットと、今日は冷凍庫の中にスイカバーが入っているので、これが楽しみ~♪

うう、どのタイミングで食べようかなぁ? (グフフ)


夏場・・ 仕事のメリハリをつけるためのアイスです。
木工をはじめて9年目の夏・・・ 夏との付き合い方もだいぶ進歩(?)しました。

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

極上のポカリスエット

昨日は、今年一番の暑さだったように感じました。
工房内の温度は、最高で39℃・・・40℃まであと一歩で、思わず「惜しい」と言ってしまったりして、もうヤケクソ。

そんな中での仕事は、板矧ぎと天板の鉋がけ。
ナント、木工の中でも飛び切りの重作業が連続 (@Д@;


まず、板矧ぎが最初。
夏場は接着剤の乾燥が速く進むので、板矧ぎは午前中などの涼しいときにやらねばならない。

ところが、この夏は午前中から30度を越え、夕方以降もやはり30度以上あるので、こりゃもう、どうしようもありません ┐(´-`)┌


とにかく、いつも以上に段取りをしっかりと確認し、手早く進めて行きます。
このような時は、電話がかかっても、来客でも、ネコやシャクシが尋ねてきてもまったく対応できませんです。

目はおそらく三角形になっていたことでしょう。


無事板矧ぎを終えたら、次は天板の鉋がけ。
熱中症にならないよう、ゆるゆると、休憩を挟んで、時々霧吹きで上半身を冷却しながら進めます。


終了後にポカリスエットを一気飲みするのが楽しみで、それを目指してひたすら引き続けるのでした。


今後も、板剥ぎが数日続きます。
夏場の作業は、ポカリスエットで支えられているのです。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

格闘中

相変わらず、新パソコンと格闘中です。

だいぶ正体がわかってきましたが、アプリケーションの互換性など、頭が痛い問題も次々と出てきており、悩ましい日々が続いてます。


当面をしのぐための方針は立ちましたが、それも付け焼刃・・・
いずれ立ち行かなくなることはわかっていますので、それに対していかに備えていくのか?
本当に、困ったもんですな!


木工の悩みであれば望むところなのですが、パソコンについては・・・・

もしパソコンに強いご近所さんがいらっしゃいましたら、ぜひ名乗り出てくださいませ(切望)
豪華粗品を進呈しますよ~


今年の夏は、パソコンで終わってしまいそう・・ _ノフ○ グッタリ

| | コメント (4)

2010年8月 1日 (日)

丸い子供いす

とってもかわいい写真をいただいたのでご紹介します。

わが工房の、隠れたベストセラー・・
丸い子供いすです。


Img_5513_640x480


ご姉弟用に、2脚のお誂え・・
座面はパイン集成材、背板はホワイトオークを使いました。

Img_5505_640x480

仲良く座ってくれました♪

幼いころの記憶とともにこの椅子があることを願っています。
健やかなご成長をお祈りしています。

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »