« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

Yシャツの効用

windows7との戦いが続いていますが、その他に、もちろん暑さとの戦いも続いています。

それにしても、今年は例年にも増して暑く感じられます。
ラジオやテレビなどで異常気象という言葉を日常的に聞いていると、異常が日常になっている不可解さが面白かったりしますね。

もはや異常気象ではない・・
この狂乱的な暑さは、すでに日常なのです。
日本も、ついに亜熱帯になってしまったようです。


・・・ と、暑さのせいで、意味不明の発言をしてしまいました。


さて、暑さで困るのは、汗と、汗疹。
半袖で作業をしていると、腕からの汗を止めることができず、これが作品の上に落ちて染みになったりと、厄介なこともおこります。

このため、夏でも長袖を着ています。

役立つのは、もう着なくなったYシャツ類。
昔のデザインは比較的大きめに作られているため、肌との間に適当な空間があき、風が通ってなかなかよい按配なのです。

最近のは、タイトフィットだかなんだか知りませんが、小さめでどうにも動きにくいですな・・・
まったくもう・・


ちなみに、肌着にはポリエステル速乾性のスポーツTシャツ。
そして、その上に薄手のYシャツを羽織る・・・ という姿です。

これで汗をシャットアウト♪

そして、時々重曹水を霧吹きで吹けば、冷却と共に汗疹の防止にもなります。


今年の夏は、長袖Yシャツと、重曹水で決まり!


異常が日常になっている今日この頃・・
夏の乗り切り方も、日々進歩を続けていかねばなりませんね。

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

windows7のバカヤロー

window7と引き続き格闘中でございます。

XPからのデータ移行がかなり面倒で、何とかしてくれ~ という感じです。

しばらく格闘が続きそうな予感・・
やはり、ITは苦手じゃ・・

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

新パソコン

新しいパソコンが来ました。

ただ、windows7 ・・・ よく分からん・・

メールソフトも入ってないし、一体どうすればよいの( ゚д゚)ポカーン


とにかく、ブログ書いてる場合ではなく、早く新パソコンの立ち上げと、現パソコンのメンテナンスをしなければならないのです。

そんなわけで、本日はこのへんで・・ スミマセン

| | コメント (0)

2010年7月26日 (月)

チェリーのダイニングセット

先週納品した作品をご紹介します。

チェリーのダイニングセットです。

100710_040

ご夫婦、お二人でお使いいただくサイズです。
天板の大きさは、1200×800ミリ・・・ちょっと大き目の学習机・といった感じですね。

100710_044

椅子二脚を合わせてのお誂え・・
座面高さは380ミリで、市販のものよりも若干低めにお誂えをしています。
小柄の女性には、このように少し低めの椅子が快適ですよ~♪


100710_033

小ぶりですが、しかしチェリーの存在感は圧倒的です。
日本人のためのダイニングセット・・・ 長く、快適にお使いいただけるものを目指しています。

| | コメント (0)

2010年7月23日 (金)

パソコン購入

3ヶ月ほど前になるでしょうか? Cドライブの容量が一杯になったとのブログ記事をアップしました。
それに対する皆様からのコメントを参考に、パーテションを切りなおしたりして、とりあえずしのいでいたのですが、またまた残量が・・・

もう、おそらくこれで限界でしょう。

ということで、本日ニューマシンの購入を決定いたしました。

購入は簡単・・
クリックするだけでございます。

一週間後には届いていることでしょう。


ただ、ウィンドウズ7になるので、アプリケーションの互換性など、頭の痛い問題が山積みとなりそうです。
インターネットのブラウズや、メールなどは新しいPCで行うこととして、今のPCは事務専用機にしようか?

そのためには、ハードディスクを初期化して、アプリケーションを再インストールして・・
と、これまためんどくさそうな感じ (@Д@;


ともあれ、新旧マシンの使い分け、真剣に考えなければ。
頭の痛いことで・・・


それにしても、15ギガほどもあった空き容量が、わずか3ヶ月程度で一杯になるなんて、一体どういうこと?
データなんて、ほとんど入れていないのに・・・
ccleanerで、定期的にファイル掃除しているのに・・・

PCに翻弄される毎日。
ITにだんだんついていけなくなる今日この頃です(寂)

| | コメント (2)

2010年7月22日 (木)

夏の大敵

夏の大敵は暑さばかりではありません。
もう一つ、大変厄介なものがあるのです。

それは・・・・ 蚊

蚊 蚊 モスキート!

この対策が、毎年悩みの種なのです。


昨年は、どこでもベープを試してみました。
これ、とても効果的ではあったのですが、しかし、腰に下げても、腕に巻いても・・ 工房の中で邪魔になって仕方がない。
また、微細な埃を吸い込むので、フィルターが目詰まりしてしまって、これまた問題 なのです。


まあ、工房内は蚊取り線香でOKなのですが、問題は半戸外にある研ぎ場や、材木置き場です。
ここに出たとたん、四方八方から攻撃が始まるという按配で・・・
まことにイライライライライライライライラ( ゚皿゚)キーッ!!


で、今年はムシコナーズ屋外用を試してみることにしました。
これを研ぎ場の目の前にぶら下げます。

すると・・・・おお~ ( ̄▽ ̄)

蚊が・・・来ない happy♪


なんと、今日は一度も射されることがなかった。

いいぞ、ムシコナーズ。
雨にぬれてもいいのよ~♪ と言うわけで、雨が降りかかっても大丈夫。
すばらし ムシコナーズ。


今年の夏は、ムシコナーズとガリガリ君で決まりだぜ!

| | コメント (2)

2010年7月21日 (水)

キャビネット解禁

連日の晴れで、湿度もじわりじわりと下がってきました。
今日はついに60パーセントを下回り、これでようやくキャビネットの製作へ移行できそうです。

とにかく、木工にとって湿度の乱高下は大敵。
伸び、縮み、反り、その他いろいろな障害が出るのも湿度の影響。

そんなこんなで、このひと月近く、キャビネット類の製作を中断していました。
仕込みはしていたのですが、そのままで中断(寂)


それも、ようやく再開できそうです♪

明日、小物類の仕掛品を全て完了させ、そして、キャビネット解禁。
しかし、今からの敵は・・・高温。

熱気にあぶられないように、慎重に進めていきます。

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

掛時計

いやいや、暑いですね。
去年は夏らしい夏がなかったので、余計に今年が暑く感じられます。

工房内温度は36度で、これから辛い日々が続きそうです。
早く、体を夏に順応させていかなければなりません。


さて、久しぶりに小物をご紹介します。

掛時計です。

100720_009

ごらんの通り、形としては衒いのないごくオーソドックスなものです。
ウォールナットの枠に、メイプルの文字盤と透明アクリルを組み込みました。

100720_004

文字符は、お客様のご要望をお受けして数字としました。

ごく普通の時計ですが、ウォールナットとメイプルという相性抜群の組み合わせでワンランクも、ツーランクも上質なものなったように思いますが、いかがでしょうか。


設置後、お客様からいただいた写真です。

100719_002

100719_004

新築のご自宅は、木をふんだんに使ったとても気持ちのよいお部屋です。
うん、やはりこのお部屋には、木の時計が似合いますね。


心なしか、時もゆっくりと流れそうです。

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土)

能動的に

梅雨が明けました。
しかし、明けたとたんに入道雲と酷暑です。
工房内は、とたんに温室状態に・・・ ダイエットには最適です。

木工でダイエット・・なんて本を書いたら売れるかしらん??


さて、梅雨明け早々、木工家志望の方がお見えになりました。

昼食をはさんで、いろいろとお話を・・・
今年中に退職、そして来年度は訓練校へ、その後開業とのステップで、最近ではわりとポピュラーなコースと言えるかもしれませんね。


訓練校の一年間で学べることはごく限られていますが、限られた中でもできるだけ中身の濃い日々を送られることを願うばかりです。

中身を濃くするためには、当然受身の姿勢ではダメで、自身がはっきりとした目的を持って能動的に学ぶことが大事です。

では、目的とはなんでしょうか?
いろいろありますが、ここではひとつだけ・・・

目的とは、自分が将来作ろうとしている家具そのもののこと、その具体的な形のことです。
形を定めたならば、それを作り出すための手段としての数々の技法、それらを洗い出します。
先生を質問攻めにして♪、必要な技法を全て抽出し、整理しましょう。

技法の中には、比較的容易なものもあるでしょうが、中にはかなり高度で、習得に相当の努力を要するものもあることでしょう。

それらを一つ一つ分類し、優先順位をつけ、計画的に取得していくことで限られた時間を最大限有効に使うことができます。

どれだけ貪欲に技法を吸収できるか? それが勝負です。


と、そんな話しでファミレスで盛り上がりました♪


Hさん、今からいろいろ大変なことと思いますが、頑張ってくださいね。

| | コメント (2)

2010年7月15日 (木)

木工家を殺すには

それにしても、すごい雨でした。
昨年も感じましたが、この雨は梅雨末期の大雨というよりは、熱帯のスコールというのが適当かと思うほどです。

昨年はあまりの雨量のため、家の周りの排水が追いつかず、オーバーフローした水が材木置き場に流れ込み、あわや水没・・・という恐怖を味わいました。

木工家を殺すには刃物は要りません。 と言うより、刃物に囲まれているのが木工家であります(エヘン)
木工家を殺すには、材を水没させればよい。
いや、木だから水没はしないかな?

流れにのって、ぷかぷかと浮いて行くばかり・・・ 

ともあれ、このような悪夢が現実のものになるかも、という恐怖を味わったのが昨年のことでした。


その教訓を元に、排水経路を確保して備えていましたので、今年はそこまでの恐怖感はありませんでした。
それでも降り込む雨は避けられず、材は目一杯湿度を吸い込んだ状態です。

できることは荒木取りまで・・
雨が小康状態になった今日は、ひたすら荒木取りをしていました。

さて、明日は曇り。
そして、明後日は念願のお日様が拝めそうです。

梅雨明けが・・・待ち遠しい!!!

| | コメント (3)

2010年7月14日 (水)

こどもセット

昨日からの豪雨で大変でしたが、弊工房は水没することなく、無事細々と操業しております。

さて、今日はこども机と椅子のご紹介。

100710_004

チェリー製の机と椅子。
いや~ 豪華なこどもセットです。

100710_012

一応こども机と銘々していますが、ごらんの通り、ソファーのセンターテーブルや、サイドテーブルとしても十分お使いいただけるものとしてデザインいたしました。


丸いこども椅子(バリエーション2)とあわせてお誂えをさせていただきました。
小さくてもぴりりと辛い、山椒のようなセットです(意味不明)

既成のものに飽き足らない方、是非ご検討くださいませ。

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

本日残業につき

ブログお休みします。

スミマセン

| | コメント (0)

2010年7月12日 (月)

震える指先

選挙もワールドカップも終って、何だか祭りの後のようです。

それにしても選挙の結果には驚きました。
せっかちな日本人気質が反映されたような感じで、衆参捩れの構図の中で、また不毛なドタバタ劇が展開されるのかと思うと憂鬱な気分になります。

梅雨もまだ明けないようですし、どうにも気分がすきっとしませんね。


今日も雨。
やはり箱物の製作は難しいので、今日も小物主体の工程です。

今日は、久しぶりの時計作りで、文字盤に文字符を貼っていく作業がメインでした。
文字符は丸い埋め木にすることが多いのですが、今回はお客様のご要望をお受けして、1~12までの数字を貼り付けることになりました。

一つ一つ手作業で張っていくのですが、これが相当に神経を使う作業です。
ずれないように、曲がらないように・・ 

最初はピンセットを使っていたのですが、どうもつかみ辛い。
やはり、100円ショップのものはだめだなぁ。

結局途中から指でつまんで貼り付けるように作業を変更、震える指先で慎重に貼っていきます。
呼吸を止めて・・・ずれない様に・・・

何とか集中力を絶やすことなく、完了。
大変だっただけに、完成の喜びもひとしおです。

これで時計の工程も8割方完了。

さて、明日は雨か曇りか?

雨ならば・・・ こども椅子
曇りならば・・・ 框のキャビネット
晴れならば・・・ 温泉♪ (それはないか)


まだまだ梅雨との付き合いは続きます。

| | コメント (4)

2010年7月10日 (土)

ポルノグラフティー mugen

ワールドカップも最終盤になりましたね。
オランダ対スペイン、楽しみなような、でも、終ってしまうのが寂しいような・・


私事ですが、ワールドカップを見ていると8年前の日韓大会のことを思い出します。

日韓大会は2002年で、この時は私が木工で開業した年にあたります。
開業後数ヶ月で、注文などもほとんどなく、日々黙々とサンプル作りをしたり、時折入ってくる下請け仕事をしたりしていました。

もちろん希望に満ち溢れていた頃でもありますが、反面、なんとも言えない重圧を同時に感じており、プラスとマイナスがバイオリズムのように上下し、あるいは交錯するなんとも複雑な心理状態でした。

仕事の合間にサッカー観戦。
その時だけは無心になり、一喜一憂したものです。

そして、思いました。
果たして、4年後のドイツ大会のときまで木工を続けていることができるのか?
いや、絶対に続けていなければならない・・ などなど。


そんな複雑な思いの中で日々耳にしたのが、NHKのワールドカップテーマ・・・ポルノグラフティーのmugenでした。

冒頭で歌が流れます・・・
「幻想とじゃれあって、時に傷つくのも、あなたは無駄だと笑いますか・・」
この歌詞が、まるで自分のことを言われているようで、なんとも複雑な思いをしたことが懐かしく思い出されます。


以下、ご紹介・・・
あまり良い映像がなく、ご勘弁・・・


ともあれ、こうして8年後も無事木工を続けていられることに感謝、感謝、感謝。
私にとって、ワールドカップは木工人生のマイルストーンでもあるのです。


今年のテーマ、スーパーフライの曲もなかなか良いけれど、やはり私はmugenだな。

ところで、前回のテーマはなんだっけ?
日本代表の成績も散々だったので、思い出せないなぁ~


はて?

| | コメント (0)

2010年7月 9日 (金)

チェリーのローテーブル

チェリーのローテーブルをご紹介します。
サイズ 1600×900ミリ 比較的大きな天板です。

100622_030

チェリーはとても人気がある木で、今までこの木が嫌いという人に会ったことがありません。
控えめな木目と、ワインレッドへ変貌する綺麗な木肌が魅力♪

白太も多いのですが、昨日のウォールナットとは異なり、原木段階で比較的簡単にその選別ができるので、作り手にとってはありがたい材です。

鉋の通りも良く、本当に優等生。
ウォールナットがじゃじゃ馬なら、チェリーはレディー・・というところでしょうか?

高価なのが玉に瑕。

100622_016

デザインはいつもどおりのシンプルな形で、ご要望をお受けして脚を太く、どっしりとした感じにしました。
天板の厚みは普通サイズですが、重厚感がありますね。


100708_001


お客様より、納品ごの写真をいただきました。

F様、まことにありがとうございます。
どうぞ、末永くご愛顧いただきますよう。

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

じゃじゃ馬ウォールナット

久しぶりにブラックウォールナットを扱っています。

この材は、黒い木肌と華やかな木目が持ち味で、とても美しい材です。
家具に仕立てると、それはそれは華やかな雰囲気を演出してくれます。

しかし、その自己主張の強さが見方によっては仇となり、これを敬遠する人も少なくありません。
良くも悪くも、評価が分かれる材なのです。

好きな人は、たまらなく好き。
でも、好みでない人は・・・


そんなこんなで、ウォールナットを用いてのご発注は年に数件ほど・・
希少な機会です。


さて、このウォールナットですが、加工する側にとってもなかなか厄介な材です。
節、割れが多く、また色むらも多々あります。

芯材(木の中心)は綺麗な黒色なのですが、辺材(木の幹に近いところ)は白!
本当に白く、これじゃブラックウォールナットではなく、ホワイトウォールナットだわ と、悪態の一つでもつきたくなるような感じでございます。


しかも、その黒白の色むらは、削ってみないと良く分からない・・というきわめて厄介な問題があります。
削るたびに絶叫(ぐわぁあぁぁぁ~)

まさにじゃじゃ馬。
しかし、だからこそそれを乗りこなした時の快感も大きいのです。
ほとんど、マゾ的性癖だわね。


さて、今回も苦心惨憺しながら木取り完了。
それはそれは・・・美しい木肌にうっとりしてます。


しばらくウォールナットと戯れます。

ひと月ほどで、ブログでもご紹介できると思いますので、楽しみにお待ちくださいませ。

| | コメント (3)

2010年7月 7日 (水)

重曹水パワー

今日は一転して梅雨明けしたのか・・と思うほどの暑気でした。
でも、暑くなるとまた悩みがでてきます。

汗疹(あせも)

私は昔から皮膚のアレルギーにはめっぽう強く、幼少の頃を除いては汗疹など出たことはなかったのですが、ここ数年、夏場になるとなぜだか出るようになりました。

加齢のせいかなぁ?(寂)


夏場の工房は、連日室温が30度を超え、鉋がけなどをするとたちまち汗が吹き出てきます。
そして、汗の溜まり易い肘の内側や、首周りなど、赤い発疹ができてしまうのです。

また憂鬱な夏が来る、と思っていたら、先日NHKでタイムリーな番組をやっていました。
汗疹には、重曹水が良いとのこと・・・

重曹水??

読んで字の如く、重曹を水に溶かしたものです。

500mlの水に、およそ小さじ一杯分の重曹を溶かし、これを霧吹きで腕や首回りにかけます。
すると・・アラ不思議・・ かゆみが全くなくなり、あの嫌な赤い発疹も出なくなりました。

う・れ・し・い♪


これで、今年の夏は乗り切れそうです。

ちなみに、この重曹水、消臭効果もあるそうですので、加齢臭にも効くかも?
全国のオヤジ木工家の皆様・・よろしかったら是非お試しくださいませ。


なお、効き目には個人差があり、また思わぬ副作用もあるかもしれませんので、そのあたりは十分ご注意くださいませ。

| | コメント (4)

2010年7月 6日 (火)

jucon 伊藤さんをお迎えして

ここのところ、公私共に多忙で、ブログを書く余裕がありませんでした。
スミマセン

いろいろなイベントなどもあったのですが、昨日の木工オフ会のことを書きます。

昨日は、遠く山梨からお客さんをお迎えしました。
山梨県で、木工房juconを営む伊藤さんです。

ちょっと早めの夏休みで、九州漫遊の途中で弊工房にお立ち寄りいただきました。


伊藤さんは、私と同じ昭和38年生まれで、脱サラ後に木工で起業したのも同じ、そしてその起業時期もほとんど同じということで、以前より一度お会いしてみたいと思っていました。

その7年越しの思いがようやく実現するということで、昨日は少々高揚した思いでお迎えしました。


まずは工房にていろいろな四方山話などをしたあと、観光へお連れしました。
行き先は門司港。
北九州市の数少ない観光地の一つです。

関門橋、関門海峡を見下ろす絶景スポットや、関門人道トンネルの中にある県境の表示など、少々マニアックな撮影スポットなどもご案内しながら、起業から今までのことなどを互いに伝え合ったりして、楽しいひとときでした。


夜は、近隣の木工家2名を加えた4名でオフ会です。
談論風発で、共感しあったり、時にはそれは違う・・と反論しあったり。
励ましたり、励まされたり・・・

濃密な会話で、小倉の夜は更けていくのでした。


最後に、今度は山梨で・・というアテにならない約束をして散開しました。

伊藤さん、ありがとうございました。
残りの九州、楽しんでくださいね。

| | コメント (2)

2010年7月 1日 (木)

久しぶりの青空

今朝は、本当に久しぶりにお日様が顔を出しました。
梅雨特有の、どんよりとした重苦しい雲にずっと囲まれていましたので、久しぶりの青空はとても嬉しく感じました。

しかし、太陽にあぶられて、湿った地面から湿気が一気に立ち上がってきます。
気温の上昇が拍車をかけて、熱帯のように湿り気を帯びた空気が肌にまとわりつくようです。

機械も、定盤のすべりが悪くなるため、潤滑のシリコンスプレーが欠かせません。

高湿度のため、木工作業が制限されるのはこの時期の恒例。
キャビネットの工程は、軒並み全て止まったまま・・・ 小物や、脚物など、比較的湿度変化の影響を受けにくいものを主に進めています。


午後に入り、少し湿度が下がってきました。
明日も晴れてくれれば、おそらく常湿まで下がってくれるのでしょうが・・
さて、どうなることでしょうか?


明日の工程は?
それは、明日の天気しだいです。


この時期、日照時間と売り上げは並行リンクして推移します。
少しでも太陽に出て欲しい・・と切に願う今日この頃です。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »