« 梅雨と付き合う | トップページ | 久しぶりの青空 »

2010年6月30日 (水)

あきらめない

昨夜のパラグアイ戦のため、今日はいつにも増して寝不足気味です。

でも、良い試合でした。
にわかファンの私にとっては、細かな戦術のことや技術論などは分かりませんが、必死で戦っている姿は十分に伝わってきました。

残念な結果でしたが、しかし前回のドイツ大会のときとは違って、見終わったあと清清しい気持ちになりました。
南米チーム相手に一歩も退かず、完全燃焼した歴史に残る試合だったように思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

PKは時の運で、今回は勝利の女神がちょっとパラグアイに微笑んだ・・ということなのでしょう。

試合後に泣き崩れた駒野の姿は痛々しく、その心中を察するとこみ上げてくるものがあります。
賞賛も批判も、おそらく今から散々に受けることでしょうが、願わくばそれらを糧としてさらに大きく成長してくれることを祈りたいと思います。


それにしても、大会前の日本チームの状態を考えると、この躍進は本当に驚異です。
一体、誰がこの活躍を予想したでしょうか?

岡田監督をはじめとして、様々なバッシングが吹き荒れた逆風の中、それを吹き飛ばす活躍は、月並みな言葉ながら「あきらめない」ということの大切さを再認識させられたように思います。

手垢にまみれた言葉ですが、実際の真剣勝負の舞台においてそれを実践している姿を目の当たりにすると、こんなおじさんの私にも、素直にストレートにその言葉が心に染みこんできます。

プロであり、日本中から注目される日本代表であるからこそバッシングも賞賛もありますし、それを全て受け入れた上で試合で結果を出さなければならない・・ということは、選手自体が一番良く分かっているはずで、そのことを身をもって示してくれたように思います。

様々な意見はあることでしょうが、私は「あっぱれ」と言いたい!
侍の名に恥じない姿でした。

さて、日本は敗れましたが、ワールドカップはまだまだ続きます。
ドイツ対アルゼンチンなど、ワクワクしますね♪

これからは、ちょっと余裕を持って楽しめそうです。

まだまだ、寝不足の日々は続きます。

|

« 梅雨と付き合う | トップページ | 久しぶりの青空 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨と付き合う | トップページ | 久しぶりの青空 »