« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

あきらめない

昨夜のパラグアイ戦のため、今日はいつにも増して寝不足気味です。

でも、良い試合でした。
にわかファンの私にとっては、細かな戦術のことや技術論などは分かりませんが、必死で戦っている姿は十分に伝わってきました。

残念な結果でしたが、しかし前回のドイツ大会のときとは違って、見終わったあと清清しい気持ちになりました。
南米チーム相手に一歩も退かず、完全燃焼した歴史に残る試合だったように思いますが、皆さんはいかがでしょうか?

PKは時の運で、今回は勝利の女神がちょっとパラグアイに微笑んだ・・ということなのでしょう。

試合後に泣き崩れた駒野の姿は痛々しく、その心中を察するとこみ上げてくるものがあります。
賞賛も批判も、おそらく今から散々に受けることでしょうが、願わくばそれらを糧としてさらに大きく成長してくれることを祈りたいと思います。


それにしても、大会前の日本チームの状態を考えると、この躍進は本当に驚異です。
一体、誰がこの活躍を予想したでしょうか?

岡田監督をはじめとして、様々なバッシングが吹き荒れた逆風の中、それを吹き飛ばす活躍は、月並みな言葉ながら「あきらめない」ということの大切さを再認識させられたように思います。

手垢にまみれた言葉ですが、実際の真剣勝負の舞台においてそれを実践している姿を目の当たりにすると、こんなおじさんの私にも、素直にストレートにその言葉が心に染みこんできます。

プロであり、日本中から注目される日本代表であるからこそバッシングも賞賛もありますし、それを全て受け入れた上で試合で結果を出さなければならない・・ということは、選手自体が一番良く分かっているはずで、そのことを身をもって示してくれたように思います。

様々な意見はあることでしょうが、私は「あっぱれ」と言いたい!
侍の名に恥じない姿でした。

さて、日本は敗れましたが、ワールドカップはまだまだ続きます。
ドイツ対アルゼンチンなど、ワクワクしますね♪

これからは、ちょっと余裕を持って楽しめそうです。

まだまだ、寝不足の日々は続きます。

| | コメント (0)

2010年6月28日 (月)

梅雨と付き合う

入梅後、ほとんど雨が降らない日が続いていた北部九州ですが、ここに来て一気に本格的な梅雨に突入したように雨が降り続いています。

今日も大雨で、母屋隣の工房へ入るにも一苦労でした。

湿度も飽和状態まで上昇していますので、こうなると可能な木工作業は相当に限定されてしまいます。
とは言え、自然のこと・・・文句を言っていても仕方がありませんので、とにかく限定的な作業でも進めるしかありません。


明日、小物を数点出荷するので、その準備をすることにしました。
梱包し、伝票を書くのですが、梱包するためにはダンボールや商品をまず工房まで運び込まなければなりません。

ダンボールは先日仕入れたものが車の荷台に入りっぱなしになっているのですが、この大雨、バケツをひっくり返したような豪雨の中、それを車から取り出すことができず、恨めしく天を仰ぐばかりです。

・・・・・

小康状態を待ちましたが、厚い雲は一向に途切れる気配がありません。
仕方ないので、びしょ濡れになりながら材木を移動してスペースを開け、ここに車のテールを突っ込むようにしました。

材木置き場には屋根があるので、ここに乗り入れてしまえば雨を避けることができるのです。


雨の中の材木移動は、さながら苦行のようです。
雨と汗で、不快指数は120パーセント。


苦心しながらも、何とか梱包を完了しました。


梅雨・・
木工にとっては悩ましい季節ですが、これも自然のこと・・
9回目の梅雨を迎え、以前より多少は梅雨との付き合い方もうまくなったようにも思います。

さて、明日も大雨の予報。
明日は・・・サンプル作りと、デスクワークに充てる予定です。

全国の木工家諸氏、同病相哀れむ・・頑張りましょうね。

| | コメント (0)

2010年6月27日 (日)

ワールドカップ 佳境へ

連日のワールドカップ観戦で、慢性的寝不足の今日この頃です。
決勝トーナメントになって、放映時間がまた一段と遅い時間へシフトしてきましたので、よりハードなこととなりました。

韓国は残念でした。
やはり、南米のチームは底力があります。


開催前は、日本代表の不振の影響でいまひとつ盛り上がりにかけた雰囲気でしたが、蓋を開けてみると、日本の予想外の活躍もあり、一気に加熱してきました。
パブリックビューイングで盛り上がっている若い人たちの映像を見るにつけ、うらやましいな~と思ったりします。


以前は、頬に日の丸を描き、集団で自国の活躍に狂喜する姿をナショナリズムの台頭、その萌芽のように決め付け、警鐘を鳴らすような論調があったりしましたが、最近ではさすがにこのような色眼鏡的な見方もなくなってきたようです。

日本が活躍すれば熱狂するに決まっていますよね♪


もちろん、日本の活躍は嬉しい限りですが、しかし、綺羅星のような強豪国の試合も楽しみで、それがために毎日寝不足となっています。

イタリア、フランスの予選落ちにはびっくり。
アルゼンチンの予想外の活躍(失礼) そして、マラドーナ監督の一挙一動にも興味が尽きません。


このブログも、ドイツ対イングランドを観戦しながら書いています。
と  おおっと  ・・・ いまドイツのクローゼが先取点を叩き込みました。
(う~ん、さすが)


真剣勝負の魅力は、たとえ他国同士の戦いであっても色褪せることはありません。
ドイツ対イングランド・・果たしてどうなるのか(ドキドキ)

本命のブラジルは? スペイン、ポルトガルは?
そして、気になるアルゼンチンは?

そしてそして、もちろん我が日本は??


決勝トーナメント・・・目が離せない試合が続きます。


焼酎片手に観戦するのがたまらないんだわ・・これが♪

| | コメント (0)

2010年6月26日 (土)

根幹は設計7

ワールドカップ観戦のため、ブログ更新が途切れ途切れとなってスミマセン・・


さて、設計のこと。
設計は机上のみでやれるものではなく、在庫してある材木の状態を良く確認し、それに適した合理的な設計をしなければならない。

そうでないと、切り余り材の山を築いてしまい、とても不経済なこととなる
利益に直結するシビアな話だ。


弊工房の場合、工房の真横に材木置き場があるので好都合。
材木をひっくり返しながら、状態を確認して設計に反映していく。


素材が天然木ではなく、合板などの工業素材であればそのような悩みも少なく、図面は標準化でき、材料取りを最大限効率化することも可能なのだが・・・


とまあ、いろいろ書いてきたが、設計はこのような様々な制約の中で、できるだけ最適なものを考えていかねばならず、それが極めて大変なことなのだが、裏返せば、この大変さが物づくりの本質であり、醍醐味とも言い換えることができそうだ。


モノづくりは設計が命。
良い設計ができれば、8割方成功したも同然!

逆に、不適切な設計を、製作の現場で修正することは極めて困難だ・・・
根幹は設計!


もしこれを読んでいる木工家予備軍の方・・ 訓練校へ通っている方などいらっしゃったら、是非設計の重要性について認識を新たにしてもらえれば幸いです。

おわり

| | コメント (2)

2010年6月24日 (木)

根幹は設計6

問題は続く・・・

製作の第一ステップは、図面どおりに必要な寸法で木を切り取る「木取り」という作業だ。
材木置き場からいそいそと原木を持ってきて、切る。

だが、必要寸法に切り揃えようとすると、微妙に短かったり、幅が足りなかったり。
もしくは、切り残しがあまりにも多くなったり・・・
反ったり、曲がったり、節や割れや虫食いがあったり・・

ともかく、気まぐれな天然素材、なかなかうまく行かない。


しかし、経済性を考えると、できるだけ原木を余すところなく有効利用したい。


う~む。
と、腕組み。


まあ、訓練校のときならば、現金な話、原木は学校のものなので、足りなかったりするとすぐ材木置き場から取ってきた新しい材を使ったりしていた(もう時効)

が、身銭を切った自分の材となるとそうは行かない。
木取り効率によって、原材料費は相当に変動し、直接利益を左右することになる。


そうなのだ。
家具の設計は、原木の状態を見ないまま机上で行っていてはダメなのだ。


つづく

| | コメント (0)

2010年6月23日 (水)

根幹は設計5

とにかく前へ進むしかないのだ。

再び図面を書き、加工し、失敗し・・ の繰り返しが続く。
落ち込んでいる場合ではないのだ。

失敗には必ず原因がある。
手順が悪かったのか、加工方法に無理があったのか、そもそも、そのような構造を採ること自体がナンセンスだったのか?

それらを一つ一つ分析し、分類してみる。
そうすることによって、失敗の原因を体系化し、それを繰り返さないための対策を系統的に構築する。
ノウハウ・・・よりも、もう少し普遍性を持つものになったかもしれない。


次にやることは、それらノウハウ的なものを図面に反映させることだ。
そうすれば、図面そのものが失敗を未然に防ぐ有力なツールとなる。

これを繰り返すことで、たった一枚の図面の価値はどんどん上がっていくのだ。


失敗は少なくなった。

しかし、問題はこれで終らない。


つづく

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

観戦中

フランス対南アフリカ観戦のため、本日ブログお休みします。

南アフリカ 2点目。

どうなる・・・フランス (;;;´Д`)ゝ

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

根幹は設計4

図面が完成した(ヨシ)
あとは、図面どおりに加工するだけ・・・なのだが・・

これがまた、悪戦苦闘第2ステージという様相となる。

実際に加工をしてみると、加工手順をはじめ、さまざま諸々の困難が出てきて、その度に立ち往生!
度々、先生の助言を仰ぐ始末。

それでも何とか加工完了。
組立へ・・・

ああっ!!  割れてしまったヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
ほぞが堅すぎたのだ _ノフ○ グッタリ


とにかく、失敗だらけで、ちょっと膨らみかけていた自信は雲散霧消し、前途を憂う悲観的なことばかりが頭を占めることとなった。

「木工を商売にしようなんて、とんだ思いあがりだったのかな?」
絶望的な気持ちになった。


しかし、ここで立ち止まるわけには行かない。
大げさではなく、人生がかかっているのだ。


つづく

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

根幹は設計3

日本代表の敗戦や、ホークスの連敗でこころ乱されてしまい、ブログ書く気になれなかった(`◇´*)

気を取り直して・・・

設計を自分で行う。
実際にやってみると、これがなかなか難しい。

組み手、ほぞなど、それらをどのように組み合わせるのか?
框など、三方からほぞが行き会うところなどは、ちょっとしたパズルのようになる。

強度アップのためにはほぞは大きく、長くしたいが、やりすぎるとほぞ穴側がスカスカになってしまい、逆に強度低下を招いてしまう。

また、ほぞはほぞ穴よりも若干大きめに作って圧入とし、これによって連結強度を保つのがセオリーなのだが、このきかせ代をどのくらいに設定するのが良いのか? 
それによって、ほぞ穴のレイアウトなども微妙に異なってきたりする・・

さらに、ガラスをを入れ込むための小穴が加わったり、おさえ縁を廻すために胴付きを違い胴付きにするなど、さらに複雑なパターンが必要になると、図面を書きながら立ち往生してしまうことになる。

今では何でもないことなのだが、当時はなかなか厄介で、三面図の他に部分詳細図などを書いて、ウンウン唸りながら図面と格闘したりした。


つづく

| | コメント (0)

2010年6月17日 (木)

根幹は設計2

訓練校に通っていた頃、カリキュラムの後半は実際の家具作り。
受注した家具を製作することで、実践的な技法を学んでいく。
OJTというヤツだ。

だが、設計図は先生が書く。
生徒は、その設計図に忠実に製作をする・・という段取りで進む。

待ちに待った家具作りなので、生徒はそれこそ飢えた動物が獲物にかじりつくように、我先にと機械を回し、玄翁を振るう。

そして、それなりに立派な家具が出来上がる。
この満足感は堪えられない♪
いっぱしの職人になったような高揚感に酔いしれるのだ。


だが、ちょっと頭を冷やして考えると、これで満足することはできない、ということに気付くはずだ。
設計図はあくまで人が書いたもの・・ その通りに作ったからといって、物づくりの全てを経験したことにはならない。

それに気付いた人は、デザイン、設計図も含めて自分で書くことを志し、先生に上申して許可をいただくのだった。


つづく

| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

根幹は設計

先日、ご近所さんの木工家と話しをしていて、設計の話題になった。

設計・・
言うまでもなく、家具の設計のことである。


木工志願者からよく問われる質問に、「木工にとって一番大事なものはなんですか?」というモノがある。
なんとも抽象的、観念的な質問ではあるのだが、このように問われたときは迷わずに「設計」と申し上げている。

怪訝な顔をされる方も珍しくない。
おそらく、鉋、鑿、あるいは機械など、そのような答えを期待されているのかもしれない?

しかし、そうではない。
木工にとって、いや、物づくりにとっての根幹は設計である(きっぱり)
木工家として自立している方であれば頷いてくれることと思うのだが・・・


一般に、物づくりには三つの要素があり、それらをまとめてQCDと呼ぶ。

Q Quality 品質

C Cost コスト

D Delivery 納期 あるいは工程のスピードと言い換えても良い

これらをバランスよく、願わくば高い次元で実現させるのが物づくりの要諦といえる。
これは、大規模なメーカーであっても個人事業の零細木工であっても変りはない。


そして、設計は、これらQCD三要素を全て盛り込んで為されなければならない。
設計に物づくりの全てを凝縮し、根幹としてゆるぎないものにブラシアップすることが最も大切なことで、根幹にぶれがなければモノづくりは一気通貫の明快なものとなる。


つづく


| | コメント (0)

2010年6月15日 (火)

勝った!!!!!

昨日はテレビでサッカー観戦。
焼酎片手に、手に汗握る。

酔っている暇もない。
サッカーは、心臓に良くない。


それにしても、よく勝った!
天晴れだ(大沢親分)

ホント、壮行試合でもこのような動きを見せていてくれたなら、もっと盛り上がっていたことだろうに。


ともあれ、この一勝は大きい。
これで、がぜん盛り上がってきた。

やはり、ワールドカップは  いい(現金)

頑張れ、ニッポン!

| | コメント (0)

2010年6月12日 (土)

キッチンキャビネット

昨日は飲み会で少し酒量が多かったようで、今朝は二日酔い気味。
製作予定だったのだが、安全を期して作業は中止。
(全く、プロ失格も甚だしいわ)

で、作品のご紹介・・
昨日納品したキャビネット。

長さ1.8メートルの大きなもの。
キッチンに置くキャビネットだ。

100611_013

右の4段引出しは食器の収納、
中央の小さな引出しはカトラリー用、
そして、ラック部分には、4枚のスライド棚を備えている。

100611_010

もちろん、寸法は設置場所や、調理機器に合わせて設計。
配線もきれいに収まった。

素材はホワイトオーク。
パインの床ともよくマッチして綺麗。

これで、調理の効率が30パーセントくらいはアップすること間違いなし♪


100611_006


| | コメント (0)

2010年6月10日 (木)

替え刃顛末

電気シェーバーの外刃が破れて具合が悪い。
髭剃り後がぴりぴりする。

買い替えに、コジマへ。

すると、求める型番が欠品。

「お取り寄せになりま~す」
と、にこやかに女子店員さん。

いつ頃?
一週間ほどですかねぇ と終始笑顔でのたまう。

待てないなぁ。
待っている間に、顔がきずだらけになっちゃうよ。

試しに、ネットで検索してみる。
あった♪ アマゾンで発見。

さすがロングテール企業の雄、こんなものも扱っているのね。

せっかくなので、単行本と一緒にワンクリック。
二日後には届いていた。

まあ、便利なことじゃね。


それにしても、替え刃セットで5,000円超。
ナント、新しいシェーバーが買える価格。


毎度のことながら、替え刃の値段設定は納得がいかないねぇ。 (`ε´)


ともあれ、今日からは快適な髭剃りタイム復活。
アフターシェーブローションも沁みなくなって、めでたしめでたし

| | コメント (2)

2010年6月 9日 (水)

へとへと

今日は天板の鉋がけ、吸い付き残加工、仕上げなどでへとへとなので、スミマセンがブログお休みします。

今からいただき物のワインを飲んで、寝ます。


| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

鉋の調子がいまひとつだったので、ちょっと調整を始めたらドツボにはまってしまってさあ大変。

鉋は、いろいろな要素が複雑に絡まりあっているので、こちらを調整すれば、あちらも見直さなくてはならなくなり、それがどんどん他へも波及していって、結局オーバーホールに近いことになってしまった。

気がつくと3時間あまり・・

裏金のたたき出しや、口埋め間でやってしまった。


はぁ~ (へとへと)


そんなところへ、電話が鳴る
ピピピピピ♪


「はい」

「あ、あの~ 私グーグルの正規代理店の性懲無男といいますが・・」


・・・


まったくもう!!

| | コメント (2)

2010年6月 7日 (月)

懐かしいアイテム

大物家具の合間を利用しての小物作り。
HP掲載モデルと同じものをご注文いただいた。

前回製作したのは7年前のことで、もう、作り方も忘れてしまっている。

図面を探してみたが、このアイテム、展示会の準備に追いまくられていたとき急ピッチで製作したもので、その時のどさくさにまぎれて設計図書も散逸してしまったようだ。

手元に残っているのは、写真だけ・・・(汗)


さて、どうやって作ったっけ??

じっと眺める・・

(腕組)


7年前のことなので、今の自分の作風からも離れてしまっている。
その当時は、こんなことやってたのねぇ と、感心したりする。

まるで、子供たちが赤ちゃんだった頃の写真を久しぶりに見て、あの当時はこんなに可愛かったのにぃ と、にやけたり懐かしんだりしている親の気分。


とはいえ、感慨にふけっているわけにもいかない。
写真を見ながら、設計開始。

自分のものを自分でコピーするので、違法ではない。

あれこれ考えているうちに、思い出してきた。
そうか、ここはこんな仕口にしたんだっけ。


加工から、組立へ。
懐かしい形が、再び立ち上がってきた。

注文家具は、いつも違うものを作ることができるのが醍醐味なのだが、時を経て、懐かしいアイテムを再び作り出すのも楽しいものだなぁと、初めて気付かされた出来事だった。

木工の懐はまだまだ深いようである。
やはり、この仕事は・・やめられない♪

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

テレビボード

テレビボードのご紹介。

テレビ周りも、それを支えるテレビボードによって大きく雰囲気は異なります。
ハイビジョンには、やはり上質な無垢材のボードが似合いますね。


100531_002

お客様からのご要望をお受けしてデザインしました。
ごらんの通り、ベーシック、シンプルなボードです。

100531_017

左側は、DVDプレーヤーなどを納めるラックで、右側は引出し、ここにはDVDソフトが並びます。

100531_007

素材はメイプル。
白い木肌は、テレビの黒ときれいなコントラストとなることでしょう。


いい感じ♪

| | コメント (2)

2010年6月 4日 (金)

こども家具

こども用の家具も、我が工房の主力アイテムなのだ。

小さい頃、無垢の木に触れて、それが原体験として良い思い出になるような、そんな家具であったならどんなに良いだろう・・と思いながら作っている。


こどもセットのご紹介。

丸いこども椅子は、隠れたベスト、ロングセラーだ。
これに、テーブルをセットとしてお誂えした。

100513_003

デザインはお客様のご要望をお受けしたもの。
正方形が基調だが、柔らかなイメージにするために、各辺は曲面で切り出し、やはり丸く面取りをしたパインの脚を備えた。

100513_011

お食事に、お絵かきに・・ どんどん使っていただければ嬉しい♪

よき相棒として、ご愛顧いただきますよう・・・

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

好天続き

ここのところ、好天が続いており、湿度も低くてありがたい。

大きなキャビネットも無事完成し、ただいまオイル塗布作業の最中。
低湿度の中、オイル作業も快適だ♪

ふと気がつくと、もう6月に突入。
ぼやぼやしていたら、今年も半分近くが終っていた(焦)

明日も晴れ。
天板の板矧ぎという重作業が待っている。

焼酎で英気を養って、明日も頑張ろう。

| | コメント (0)

2010年6月 2日 (水)

それなりに大変

キャビネットも佳境。

引出し、スライド棚など、いろいろなパーツを組み込む。
今回は、キッチンの水周りと言うこともあり、スライドレールを多用する構造。

スライドレールならば、いろいろな調整も簡単なように思えるが、しかしどうして、それなりにいろいろと厄介。

特にスライド棚など、横に並ぶ棚の上下位置をぴたりと合わせるには、レールの固定位置と、そのレールに棚を取り付ける際の寸法精度など、いくつかの複合するポイントを正確に合わせる必要があり、結構神経を使うのだ。

また、今回のキャビネットはサイズが大きいので、本体の姿勢を変えることはできない。
なので、低い位置にあるパーツは、寝転んだり、腹筋を駆使して中途半端な姿勢で体を支えたり、果ては足で仮固定したり・・全く、傍から見るとちょっとしたアクロバットか、変なおじさんだ。

人には決して見せられぬ、あられもない姿なのだ。


苦労して取り付けたが、2枚は明日に持ち越し。

疲れた腹筋をお風呂で揉みほぐして、明日も頑張ろう。

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »