« 根幹は設計6 | トップページ | ワールドカップ 佳境へ »

2010年6月26日 (土)

根幹は設計7

ワールドカップ観戦のため、ブログ更新が途切れ途切れとなってスミマセン・・


さて、設計のこと。
設計は机上のみでやれるものではなく、在庫してある材木の状態を良く確認し、それに適した合理的な設計をしなければならない。

そうでないと、切り余り材の山を築いてしまい、とても不経済なこととなる
利益に直結するシビアな話だ。


弊工房の場合、工房の真横に材木置き場があるので好都合。
材木をひっくり返しながら、状態を確認して設計に反映していく。


素材が天然木ではなく、合板などの工業素材であればそのような悩みも少なく、図面は標準化でき、材料取りを最大限効率化することも可能なのだが・・・


とまあ、いろいろ書いてきたが、設計はこのような様々な制約の中で、できるだけ最適なものを考えていかねばならず、それが極めて大変なことなのだが、裏返せば、この大変さが物づくりの本質であり、醍醐味とも言い換えることができそうだ。


モノづくりは設計が命。
良い設計ができれば、8割方成功したも同然!

逆に、不適切な設計を、製作の現場で修正することは極めて困難だ・・・
根幹は設計!


もしこれを読んでいる木工家予備軍の方・・ 訓練校へ通っている方などいらっしゃったら、是非設計の重要性について認識を新たにしてもらえれば幸いです。

おわり

|

« 根幹は設計6 | トップページ | ワールドカップ 佳境へ »

設計について」カテゴリの記事

コメント

初めましてこんにちわ。
只今訓練校に通っているぽーると申します。
興味深く読ませて頂いております。
設計大事ですね。
漠然と大事だなとは思っていたのですが、今自由課題に向けて独自で作りたいものの設計をしてミニチュアを作ったりしているのですが、形にしていく中で設計の不備に出会い作業が中々進みません。
クレノフさん辺りだと設計も大体でよいのかもしれないですが、私のような初心者は設計をしっかりしないといけないなぁと認識を新たに致しました。
ありがとうございます^^

投稿: ぽーる | 2010年6月28日 (月) 21:15

ぽーるさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

木工に限らず、物づくりにとって設計は本当に大事なことだと思います。

良い設計でないと、どれほど精密に作っても良いものにはなりません。
また、良い設計をするためには、木の性質をはじめ、その加工方法などに習熟しておく必要があります。

つまり、設計とは作り手の能力の集積であり、作り手の全てを表現しているものと言えるかもしれません。

さて、御大クレノフ氏はどうだったのでしょうか?

はるかな頂を仰ぎつつも、私もまだまだ足元の図面を這いつくばいながら書いている段階です。


よろしければまたコメントくださいね。
充実した訓練校生活を送られることをお祈りしています。

投稿: 栗原@simple | 2010年6月29日 (火) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 根幹は設計6 | トップページ | ワールドカップ 佳境へ »