« ツイッター 始めてはみたが2 | トップページ | ツイッター 始めてはみたが4 »

2010年5月29日 (土)

ツイッター 始めてはみたが3

生データとは、発言者の肉声と言い換えることもできる。
肉声は、やはり生々しく、荒々しく、尖鋭的だ。

なので、人によっては情緒に流され、妄信してしまう・・ということもあるかもしれない。
そして、それがネットによって拡散してしまえば、わずかな火種が大きな火事を引き起こすことになるやも知れぬ。

・・・と、心配する識者もいて、それを憂う「ツイッター亡国論」なるものまで出てくる始末だ。

ううむ(腕組)


思い返せば・・
パソコン通信がインターネットに変り、ホームページが現れ、やがてブログが登場した。
そして、最近のツイッターの台頭。

年を経るごとに、ネット空間への参加がより容易になってきているのが分かる。

私自身を振り返って考えてみた。
ホームページの頃は、それをアップロードする先はバーチャルな世界と言えども公的な場所であるという意識があった。

なので、記事は自分なりに推敲し、校正し、できるだけ偏見や先入観などを排除してアップするように心がけたつもりだ。

ブログはアップがより簡単になったので、わりと気安く書いて、気安くアップしている。
それでも、まとまった文章にするためには、それなりに構成を考えたりもしているのだ。

えっ その割には支離滅裂な文章が多いなっ・・て?
その通り、片手に焼酎を持っていれば、仕方ないことでござんす(開き直り)

そして、ツイッター
これはもう、推敲も校正もない。
コーヒー飲みながら、今思いついたことをだらだらと書き散らしているだけ。

こんなもの見て、誰が面白いと思うのだろう? と、半信半疑ながら。


つづく

|

« ツイッター 始めてはみたが2 | トップページ | ツイッター 始めてはみたが4 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツイッター 始めてはみたが2 | トップページ | ツイッター 始めてはみたが4 »