« なぜ? | トップページ | 靴の中カイロ »

2010年2月 4日 (木)

朝青龍引退

今日のラジオは、朝青龍の引退で持ちきり。
第一報を聞いたときはびっくりしたが、まあ、仕方ないかもね。

以前も書いたが、大相撲は単なる格闘技やスポーツではなく、神事であるという側面も併せ持つ。
ならば、神事を司る担い手として、相応の格式が要求されるのは当然のことだし、それに応えうる品性を備えていなければならないのは巷で言われるとおりだ。

外国人だから、そのあたりのメンタリティーが理解できないのではないか? との指摘もあるようだが、しかし、同じモンゴル出身の白鵬は大変見事な振る舞いを見せているので、そればかりでもないだろう。


噂では、今日の横綱審議委員会で引退勧告が決議されそうだったとのこと・・
ならば、その前に引退表明をして、引き際を潔くすることで横審に対して意地を見せたのか?
と思ったりもするが、まあ、このあたりは本人にしか分からないことだわね・・

朝青龍の引退記者会見を見た。
それ自体、さして感想はない。

が、その後の白鵬へのインタビューで、白鵬の目が潤んでいたのを見たときは、ちょっと胸に迫るものがあった。

同胞として、先輩として、目標として、ライバルとして・・
やはり、当人同士にしか分からない何事かがあったのだろうな。


それにしても・・・
次の場所は・・ 盛り上がりに欠けるだろうなぁ

|

« なぜ? | トップページ | 靴の中カイロ »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ? | トップページ | 靴の中カイロ »