« インビクタス | トップページ | 学習机 »

2010年2月13日 (土)

怪我の功名?

冬季五輪、スノーボード選手の服装が大問題となっている。
なんと、あのNHKのニュースでも取り上げられていたくらいだから、大問題なのだろう。

・・・ 

公と個、あるいは、公と私とも言えるのかな?
これらの境界線が曖昧になっていることは、かなり前から指摘されていたことでもある。

ちょっと周りを見渡しても、電車の中で化粧したり、平気で携帯で話している人を普通に見かける時代になったから、まあ、このようなことが起きても決して不思議ではないわね。

少し前の朝青龍問題も、根っ子は同じかもしれない。


それにしても、二十歳そこそこの若年に対し、公的な立場や、それに求められる振る舞いを説く大人が周りにいなかったのかな??

・・・

昼に何気なくテレビを見ていたら、テレビ朝日がこの服装問題で街頭インタビューをやったらしい。
その結果が興味深い。

なんと、この問題に対し、10~20代の若年層の方が厳しい意見で、40代以上の壮年層ほど寛容だったということらしいのだ。

10代曰く・・
日の丸を背負い、制服を支給されているのだから、きちんとした格好をすべきだ。

40代曰く・・
まあまあ、別にそのくらいいいんじゃないですかねぇ。

という具合。


察するに、テレビクルーはこの反対の結果を想定し、おそらくは若年層を叱咤するような構成にしたかったのじゃないかな?
それが正反対の結果で、コメンテーターが面食らったような表情をしていたのが面白かった。


ともあれ、これでスノーボードへの興味は一段と上がることだろう。
怪我の功名?

私も、野次馬根性でテレビ観戦することにしよう。


|

« インビクタス | トップページ | 学習机 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

私はそんなに騒ぐことじゃないと思うんですけどね。
たしかに褒められた事じゃないけど、ユニフォーム自体を着なかったとか改造?したとかじゃないし、他の国はどうなんでしょうね。やっぱり選手団のユニフォームはそこまで「公」の象徴なんでしょうか。
これが柔道や体操の選手だったらまた受け止め方が違うと思いますけど、スノーボードってまったく興味の無い自分にはスポーツというよりレジャーにしか思えないし。
まだ21歳だし、その立派な名前に免じて大目にみてあげてもいいのでは?なんて思ったり。

投稿: パートシュクレ | 2010年2月14日 (日) 12:54

そうですね、まあ服装だけのことならば騒ぐほどの問題じゃないと思います。

ただ、今回の場合、その後の記者会見がいけなかったようですね。

未熟・・と言ってしまえばその通りですが、あのふてくされて、周囲を小ばかにしたような態度がどうも様々な感情に火をつけてしまったようです。

私は、中高時代の服装検査を思い出して、ちょっと懐かしい気になりました。
恥ずかしながら、私も違反常習者だったもので・・


何が公的か? と問われれば、あまり明確なものもないと思うのですが、ただ、オリンピックという世界最高の祭典の選手に選ばれたというだけで、好むと好まざるとに関わらず、それは立派な公人となります。

その行動や振る舞いは、一個人のレベルを超えて、所属団体や、果ては国のレベルまでその評価が波及していくのが必定です。

であるならば、自身の言動に対してはより慎重であるべきで、それを認識し、その通りの行動ができるのが公人としての資質のように思います。

彼自身は、別に悪気もなく、いつものノリでやってしまったことなのでしょうが、ちょっとかわいそうな気もしますね。

むしろ、そのことをきちんと彼に指導できる大人が周りにいなかったのか? 
「お前、ちょっとその服装じゃまずいから、通関の前にトイレで直して来い・・」と言っていたら、何てことなかったでしょうにね。


ちなみに、彼はメダルも狙えるほどの実力者だそうです。

こうなれば、世間などスノボ一本でひっくり返して黙らせてしまうほどの活躍を期待したいですね(皮肉でなく・・)


保守オヤジの私ですが、でも、反逆者ってスキなんです フフフ♪


投稿: 栗原@simple | 2010年2月14日 (日) 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インビクタス | トップページ | 学習机 »