« 本日残業につき | トップページ | 卒業写真 »

2010年2月26日 (金)

誇りに思う

やはり今日は女子のフィギュアスケートに尽きる。

午後一時過ぎからは、作業を止めてテレビに釘付け。
画面を通して、その場の緊張感が伝わってくる。

結果は、見事だった。
メダルの色や、順位に対しての一喜一憂ももちろんあるが、優雅をまといつつ闘志を全身に漲らせる真剣勝負の醍醐味を存分に味わうことができた。

不覚にも、ちょっと目頭が熱くなったりして・・


日本人三選手、いずれも素晴らしかった。

実力を出し切った鈴木選手、安藤選手。
そして、悔いの残る結果となったことをそのままストレートに言い、悔しさを隠そうとしなかった浅田選手のインタビューは、心に直接突き刺さるように響いた。

いつもは穏やかな彼女。
しかし、その中にある勝負師としてのプライドと闘志が垣間見えた瞬間だった。


三者三様・・
いずれも、その生き様までが演技に投影されていたようだ。

フィギュアスケートの激しさ、美しさ、そして奥深さを初めて目の当たりにしたように思う。


彼女ら三人が、日本代表であったことを心から誇りに思う。
ありがとう。

|

« 本日残業につき | トップページ | 卒業写真 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日残業につき | トップページ | 卒業写真 »