« メリークリスマス | トップページ | じたばた »

2009年12月25日 (金)

龍馬と竜馬

所用でちょっと外出。
ついでに、本当に久しぶりに本屋に立ち寄る。

来年の手帳を買おうと物色。

と、特集コーナーが・・
坂本龍馬だらけ。

そうか、来年の大河は龍馬だもんね。


坂本龍馬。
なぞの多い人物。

稀代のヒーローか、それとも薩摩の走狗か?
評価は人によって多岐に渡る。


歴史の中に埋もれかけていた龍馬を発掘し、再び世に送り出したのは司馬遼太郎。
「龍馬」は、「竜馬」としてきらめく歴史のひのき舞台へ躍り出ることになる。


その「竜馬」に魅せられてはやウン十年。
今年は、久しぶりに高知の桂浜まで出かけ、龍馬像を見てきた。

懐に手を差し入れ、黒潮を見つめて立つ龍馬像はまことに見事。


「龍馬」か「竜馬」か?

私の中には常に司馬の「竜馬」が偶像として居る。
さて、大河の「龍馬伝」・・・ はたしてどうなる?

頑張ってよね、NHK!


ああっ 手帳を買うのを忘れたぁ~

|

« メリークリスマス | トップページ | じたばた »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メリークリスマス | トップページ | じたばた »