« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月31日 (木)

よいお年を

昨日は今年最後の納品で長崎まで走る。

年末は帰省も分散するとのことらしく、渋滞はなし。
無事到着。

お届けしたのは学習机セット。
チェリーの綺麗な学習机。

091231_007

やはり、女の子にはチェリーが似合うかな?

091231_002

お届け後はちょっとした楽しみが♪
帰り道は、あの有名な有明海沿いの牡蠣街道を走る。

牡蠣の名産地。
街道沿いに、ずらりと牡蠣小屋が並ぶ。

焼き牡蠣が有名だが、今回はカキフライを堪能 (*^m^)

その後、帰宅。
そして、最後の忘年会(同窓会)へ・・・

かれこれ25年近く続いている同窓会だが、当たり前のことだが、回を重ねるごとに皆年をとった。
話題は、健康問題の比重が多くなる(寂)

まあ、そんなこんなで痛飲した昨日であった。


今日は・・・

大掃除

いや、中掃除

・・・小掃除


とりあえずさっぱりしたところで、今年も終わり。
今年は、義母をなくして喪に服していることもあって、正月準備は簡素なものだ。

後は紅白見ながら年越しそばでやんす。

ともあれ、今年も無事過ごせたことに、そして、ご注文をいただいた、いただいている全てのお客様に心から感謝申し上げます。

皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

作業納め

相変わらず最後までじたばたと・・

とりあえず、やれるところまでやって、勢いでHPの更新も・・
年内は、これで仕事納め・・ではなく、作業納め。

明日は納品で長崎まで走る。
まさに、師走の最後にふさわしい。


天気は?
少々荒れ模様か?

とにかく、明日は朝が早い。
今日は焼酎も飲まずに、早めに寝ようっと。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

ホワイトオークのローテーブル

お客様より写真をいただいたのでご紹介。
ホワイトオークのローテーブル。

091226_001

ホワイトオーク。
愛すべき材である。

堅いし、逆目は多く削りにくいし、なかなか厄介な材であるのだが、それゆえに綺麗に仕上がったときの満足感はまた格別。

細やかで綺麗な木目は、変な言い方だが、「木」らしい「木」と言える。
おそらく、人が手作り家具に対して抱くイメージそのものを表現する木のように思える。
(まあ、多分に自己の原体験から来る思い込みだが、そのあたりのくだりはまたいずれ・・)

和風でも、洋風でも、どのようなデザインでもぴたりとはまる。
オールマイティーな材なのだ。


091222_031

ホワイトオークの柾目はウィスキーの樽に使われる。
ウィスキーのあの芳香は、ホワイトオークからの移り香だ。

なので、オークを削るたび、ウィスキーが呑みたくなるbottle


と、こんなことを書いていると、また呑みたくなった。
でも・・現在ウィスキー 品切れgawk


ブレンドか? シングルモルトか?
明日、買いに行こうっと♪

| | コメント (2)

2009年12月26日 (土)

じたばた

年も押し詰まってきて、じたばた度合いもますます高まっております。

本日も残業。

年末まであと何日??

ともあれ、最後までじたばたする覚悟でございます。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

龍馬と竜馬

所用でちょっと外出。
ついでに、本当に久しぶりに本屋に立ち寄る。

来年の手帳を買おうと物色。

と、特集コーナーが・・
坂本龍馬だらけ。

そうか、来年の大河は龍馬だもんね。


坂本龍馬。
なぞの多い人物。

稀代のヒーローか、それとも薩摩の走狗か?
評価は人によって多岐に渡る。


歴史の中に埋もれかけていた龍馬を発掘し、再び世に送り出したのは司馬遼太郎。
「龍馬」は、「竜馬」としてきらめく歴史のひのき舞台へ躍り出ることになる。


その「竜馬」に魅せられてはやウン十年。
今年は、久しぶりに高知の桂浜まで出かけ、龍馬像を見てきた。

懐に手を差し入れ、黒潮を見つめて立つ龍馬像はまことに見事。


「龍馬」か「竜馬」か?

私の中には常に司馬の「竜馬」が偶像として居る。
さて、大河の「龍馬伝」・・・ はたしてどうなる?

頑張ってよね、NHK!


ああっ 手帳を買うのを忘れたぁ~

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

メリークリスマス

最近、トマト鍋なるものが流行っているらしい。
新しい物好きなので、昨日早速やってみた。

トマト鍋のスープを買って、そこに書いてあるレシピどおりに作る。

さて、味は?

・・・・・・・・・

びみょう( ̄◆ ̄;)


どうも、何と言うか?
う~ん。

まずいわけじゃ、ないんだけどね。


気を取り直して、今日はクリスマスイブ。
ちょっと早めに仕事を切り上げて、毎年恒例のビーフシチューとローストビーフを作る。

ダッチオーブンのフル回転なのだ。

こちらはバッチリ♪
美味しくいただきました。


さて、今夜サンタは来るのか?
どうも、子供たちには来るらしい。

が、私には?

一応、大型自動プレス機を頼んでいるのだが・・
重さが数トンもあるので、トナカイも引ききらないかな??

ともあれ、みなさま、メリークリスマス!!

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

残業につき

本日残業のため、ブログお休みします。

スンマセン・・

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

熱くなったり冷たくなったり

事務スペースには暖房がない。
寒いので、椅子の上に引く電熱マットを使っている。

安物・・


これ、一応温度制御機能があるのだが、おそらくバイメタルスイッチなどを用いた単なるON-OFF制御だろう。
熱くなったり、冷たくなったり。

熱くなるときは低音やけどしそうなほど・・
冷たくなるときは、故障したのかいな? と思うほど。

こうして、私のお尻は熱くなったり冷たくなったりと、ヒートサイクル試験にさらされることになるのだ。


安物買いの銭失い。
次は、ちゃんとした制御機能のあるものを買おうと思っているのだが・・
今使っているこのマット・・単純な構造のゆえしばらく故障しそうにない。

使い始めてすでに5年。
タフなヤツだぜ・・・ フフフ

私のお尻が安定するのはいつのことか?
それに思いをはせながら、今日もお尻は熱くなったり冷たくなったりするのだった。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

SOHOのような

まだまだ寒さは続く

今日は納品。
雨が心配されたが、幸いに曇り。
高速を走って門司港まで・・・

学習机のお届け。

設置場所は、子供部屋ではなく、リビング。
リビングの一角にご夫婦の机が向かい合わせに置いてあり、その側面につけるように置く。

091220_009


おお、いい感じ。
と、感心したしだい。

学習机は通常子供部屋に置くことが多いが、小学生の頃は子供部屋に行って勉強はしないわね。
やはり親のそばが良いはずで、ダイニングテーブルだったり、こたつだったり。

結局、子供部屋と学習机は荷物置きのようになってしまうことが多い。

が、リビングにご両親の机と一緒に置くというプランは画期的だ!
これだと、ご両親が机につくと、自然と子供も学習机に向かうことだろう。


091220_007


いい雰囲気♪
SOHOのようだね。


091220_010


オーナー様 近影。
お買い上げ、まことにありがとうございました  o(_ _)oペコッ

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

嬉しいこと

今日は午前中打ち合わせ。

学習机のお問い合わせで、お使いになるご本人(中学3年生)から直接メールをいただいた。
初めてのことにびっくりするとともに、とても嬉しく思ったしだい。


工房を開設した当初に掲げたポリシー・・というには大げさだが・・
学習机は決して子供に媚びない ということを軸にしてきた。

便宜上、学習机という名前をつけてはいるが、私としては大人が使う机として常に考えている。
それが、時を超えてきっと長く愛していただけるだろう・・という思いがあるからなのだ。

今まで多くの学習机を作ってきたのだが、ご本人から直接お問い合わせをいただいたのは初めての経験。
このポリシーが、実際に使われるご本人に伝わったことが何よりも 嬉しい♪


お母様を交えての打ち合わせ。
ご期待にお応えできるよう頑張ります♪


午後からは普通に作業。
寒さにもだいぶ慣れてきた。

明日納品の学習机セット、最後の仕上げ。
そして、ローテーブルのオイル塗装などなど・・

冬至間近で日が暮れるのが早いので、時計と睨めっこしながら進める。

何とか、完了。


さて、明日は納品など、外出事が多い。
雪が降って凍結しないよう・・それだけが気がかり。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

冬将軍到来

寒いね~

ここのところの日課は、朝一番にポットの電源を入れること。
お湯を沸かす。

コーヒーのお湯ではない。
これ、鉋の刃を研ぐときのため。

注し湯をして指先がかじかまないようにしているのだ。

刃の研ぎは微妙な作業だ。
砥石の感触、そして、研ぎあがりの刃先を確認する感覚など、指先の微妙な触感に頼っている。
指先が寒さでしびれるとセンサーとしての役割がなくなり、研ぎ上がりの状態へ影響を及ぼす。

給湯器つきの研ぎ場があればベストだが、赤貧の木工房では望むべくもない(寂)
しかも、研ぎ場は吹きっさらしの屋外だ。

初雪が舞い、下屋の屋根をバカ猫がかける。
冬の風物詩かも?


さて、今日はオークの天板の鉋がけ。
研ぎは寒いが、鉋がけは寒い日にぴったり。
しかも、力を要するオークなので、鉋をかけるごとに体があったまってくる。

本日の工房内温度は5~9度を上下。
それでも、足元の電気ストーブと鉋がけで結構あったかい。

寒い・・と言っても、九州の寒さはこんなもんだ。

信州、北海道の木工家諸氏の苦労を思うと、この程度はなんでもない。

ともあれ、冬将軍到来。
全国の木工家の皆さん、頑張って乗り切りましょう。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

勧誘電話

昼間工房に居るといろいろと妙な電話がかかってくるのだが、そのほとんどは勧誘電話。

ホームページのアクセスアップだとか、出稿依頼だとか・・
また、電気代が安くなりますよ・・ だとか

もう慣れっこ。


が、今日は自宅の電話が鳴る。
昼食後、優雅にインスタントコーヒーを飲んでいたときのこと。

「はい、栗原です」

「あの、家庭教師センター(仮称)と申します」

「はぁ」

「お子様の学習についてですね、ご提案をさせいただきたいのですが」

「はぁ」

「お子様は、家庭教師につくか、塾に通われているでしょうか?」

「・・・・・」

「当社は、家庭教師の・・・」

・・・ちょっと待った・・・

「ちょっと待ってください、御社はうちに子供が居ることをどうして知っているのですか?」

「・・・・・」

「どこで調べて電話しているのですか?」

「あっ、いや、居るかどうかはわからないので、とりあえず私の担当のですね・・名簿がありまして、その上から順番にですね・・・ 電話しているのですが」

「その名簿とは、どのような名簿でしょう?」

「・・・・ え~っと、この地区の名簿なのですが」

「この地区の名簿は、どこから手に入れたのですか?」

「・・・・・・・」

このへんでやめておこうと思い、結構ですと言って電話を切る。


まあ、個人情報なんてどこにでも流れているのだろうね。
この家庭教師センター(仮称) カミさんが何度か電話を受けたみたいで閉口している旨聞いていた。

いや、別に勧誘電話が悪いといっているのではない。
今までに何度も電話をしてきて、その都度断っているにもかかわらず、相も変らず押し売りのようにかけてくるのはいかがなもんでしょうかぃ?

今日たまたま電話がかかってきたので、このようなやり取りとなった次第。
さて、この後、相手はどう出てくるか???

昼間、いろいろな電話がかかってくる。
それはそれは・・忙しいのだ。

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

ぼやき

木取り。

適材適所でできるだけ無駄がでないように切り出していく。
うまくとることができればgoodなのだが、そのようなことは滅多にない。

その滅多にないことが先日起こって、その時は缶コーヒーで一人乾杯した。

今日は、その逆。

あと数センチぎりぎりのところに節がある・・
あと数ミリ、幅が足りない・・
数センチ、ぎりぎりのところに割れが・・
こちらには、虫食いが・・
また、微妙に反っていてどうもダメ・・

こんなのばかり(ため息)

これらを避けるためには、どうしても冗長に取らざるを得ず、従って切り余りが発生。


そのたび、設定原価が頭の中を駆け巡る。
商売なのだ、目の前の原木、一本5千円也。

となると、10センチでウン百円。
缶コーヒー一本分。

こう考えると、切り余り材はそこらへんに金や缶コーヒーをばら撒いているようなもの。

しかし、やはり材はできるだけ良いところを使いたい。

このジレンマ!
職業木工は辛いよ。


原材料見込み価格がオーバーした場合は?
そう、スピードアップか残業で取り戻すしかありません。

厳しいね~(ぼやき)

| | コメント (0)

2009年12月15日 (火)

寒い寒い

寒くなった。

まあ、冬だから寒いのは当たり前で、温暖化で暖かい冬の方が異常なのだ。
でも、寒いのは辛いね~

暖房機器は、800ワットの電気ストーブ一個。
本当は薪ストーブなんて置きたいのだが、狭い工房のためそれもかなわず。

刃研ぎも辛くなってきた。
そろそろ、電気ポットを常備せねばならないかな?

接着剤の粘度は上がるし、乾きにくくなるし・・
オイルもそう・・

なにかと厄介な冬。

でも、木は動きにくくなるので、それは良いかもしれない。


今週後半は本格的に寒いらしい。
いよいよ冬将軍到来か?

辛い季節になってきた。

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

どうも最近

インフルエンザに罹ったり、雨が降ったり、忘年会ラッシュだったり・・

これら、一見全く関係ないように思えるが、実は共通点がある。

それは。。
これら全て、ジョギングの妨げとなっているのだ。

このブログのコアな読者の方ならご存知の通り、ワタクシ、ジョギングを始めたのは二年ちょっと前。
なんだかんだ言いながらも、雨にも負けて、風にも負けているのだが、ともかくも二年間続けている。

それが、先月あたりから上に書いたようなことが入れ替わり立ち代り重なり、なかなか十分な距離が走れないでいる。


大体、ひと月あたり200キロほど走っていたのが、このところ、80キロまで落ち込んでいる。
まずいな~

タイムも落ちてきたし、心肺能力、筋力もいまひとつの実感。
まずいな~


来春は恒例の市民マラソン。
それに向けて、少しずつアップしていかないと・・

まあ、とにかく、師走は何かと忙しいですわ。

| | コメント (2)

2009年12月13日 (日)

小雨の中

曇りの予報のはずが、小雨。
どうも、雨模様は木工には辛い。
予定変更を余儀なくされる。


で、木取り。
毎度のことながら、木取りは悩ましい・・・

今日はチェリー。
白太が多い木だ。

チェリーは色目が赤いため、仕上げると白太とのコントラストが目立つ。
どうもよろしくない。

なので、できるだけ白太が混じらないように木取りをするのだが、完全に無くすのはなかなか難しい。
完全に取り去ってしまうと、いわばマグロの大トロの部分で家具を作るに等しく、コストが~・・

チェリーと言い、ウォールナットと言い、これが毎度大変で、原木価格もさることながら、この木取りの歩留まりが両材の家具の価格を上げる原因ともなっているのだ。


まあ、そんな内情のことは置いといて・・

苦心惨憺の上、木取り完了。
これで7割がた終ったような気になるね。

その後は、ひたすら淡々と作業。
何度も作っている定番のものだけに、図面も必要ない。

小雨は降ったり止んだり。

明日は晴れるらしいが・・
さて、どうするか?

雨混じりは、悩ましい。

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

佳境に

今日は天板の仕上げ 2枚。
鉋がけ。


だが、どうも今日は鉋の調子が悪い。
最近雨模様だからか??

だましだまし使っていたが、途中で思いきって調整をすることに・・

台の下端に若干の狂い。
そして、裏金の密着にも若干の甘さが出ている模様。

ちょっと調整のつもりが、結構な時間がかかってしまった。


調整後、復調。
デリケートな道具だわね。


その後、サンディングして完成。

結構大変な作業だが、完成後の綺麗な木目を見ると疲れも忘れる。
完成した天板を見ながらコーヒーを飲むのがちょっとした楽しみなのだ♪


さて、明日は天気が良いようなので、また板剥ぎ大会。
そして、夜は忘年会、その第4弾bottle

こちらも佳境に入ってきました。

| | コメント (0)

2009年12月 9日 (水)

焼きりんご

最近焼きりんごにはまっている。

焼きりんご・・ご存知ですよね。
その昔、電子レンジが発売された頃の新メニューとして、子供のころよく食べた懐かしい味。

今は自分では作らない。
近所の喫茶店で、冬季限定のこのメニューを楽しむのだ。

りんごの芯を抜き、中に蜂蜜などを入れてオーブンで焼いたもの。
紅玉の甘酸っぱい香りと甘さが混じって、それにシナモンとアイスクリームをあわせるのがベスト。

滋味あふれる味で、体中の血液が浄化されるようだ。
これに紅茶かコーヒーを合わせると至福の時間となる。


週に一度くらいはこれを食べたいな・・といつも思う。
仕事を早めに終らせ、夕方にふらっと喫茶店まで出かけて熱々を一口。

それを目標に日々一生懸命作業をするのだが・・
うう、この三週間ほど行けていない(寂)


今日は引出し作り。
時計を見ながら・・ああ、今日も無理だよな~

そんな私を尻目に、カミさんと長男はいそいそと出かけて行った。
どうやら、バナナケーキとカフェラテを楽しみに行くらしい。

うらめしや~

さて、次に焼きりんごを食べることができるのはいつの日や?
それを思いつつ、毎日の作業に励んでいるのである。

| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

感傷的な

ここ数日出荷ラッシュ。
保管場所がだいぶすっきりしてきた。

場所が広がるのは良いことだが、今までそこにあった作品がなくなってしまうのは、やはり今でも若干の寂しさを伴う。


近くならばまた見る機会もあるだろうが、遠方となると、もう二度と会うことはないかもしれない。
物づくりで、手づくりであるほどにそのような感情移入が起こる。


さて、そうそう感傷的になっているわけにもいかない。
今日は新しい机の組み立て。 2台分。
脇机も・・・


こうして、保管場所はまた狭くなった。

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

酔って候

今日は忘年会第二弾。

少々酔って候。

なので、もう寝ます。
おやすみなさい・・

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

晴れたので

晴れたので板剥ぎ。

晴れたので、その後写真撮影。

晴れているので、その後また板剥ぎ。


そして、今日はカミさんの誕生日。
従って、料理担当は私。


で、夜は坂の上の雲。


なんと慌しい一日。
今日・・日曜日だったよな・・?

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

ミス連発

焦っているのか・・
今日は失敗ばかり。

せっせと木作りを終え、相欠き加工を完了し、ほぞ作りへ・・
すると・・

ああ~ 切込みが深すぎるぅ~
鋸刃、刃高のセッティングミス。

こりゃ、どうしようもない(がっくり)


木工をされている方なら共感いただけることと思うが、加工ミスによる手戻りほど意気消沈するものはない。
しかも、その材料が他への転用不可能なものならばなおさらだ。

2分ほど悪態をつき、気を取り直して再度木取り、加工。

すると・・
また間違えた_| ̄|○

今度は、ほぞの肩の切込みを上下さかさまに。

どうしてこのような初歩的なミスを連発するのか?


そうなのだ。
実は、ミスは連鎖するという法則がある。

ミスによる動揺を引きずってしまい、その後の作業において、冷静さと慎重さを欠く事となってしまう。
だから、ミスした後の作業は、特に意識して慎重さを保つよう心がけねばならない。

分かっているはずなのに。

これも、師走の焦りが引き起こしたものなのか?

人は言う、師走には悪魔が棲んでいる   (嘘)

二度目のミスのあと、休憩をしてコーヒーを飲む。
とにかく気持ちを落ち着かせて・・・

三度目の正直。
今度は無事完了。

手戻り、2時間半。
痛いな~


そんなこんなでちょっと落ち込んでいたら、注文していた材木が到着。
おお、今回のロットは特に素晴らしいぞ。

これを見て、だいぶ気分が快復してきた。

木工。
良くも悪くも、気分は木に左右されるようだ。

まだ未熟・・ということなのだろう。


| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

忘年会始まる

そろそろ忘年会も始まる時期で、昨日はその第一回目。
近所の焼き鳥屋さんで一杯。

近隣で美味しい店を見つけるととてもリッチな気分になるね。

気持ちよく酔って、帰ったらそのままこたつで寝てしまった・・zzzz


さて、ぼやぼやしていると時間が無駄に過ぎるばかり。
師走も、もう第一週の終わりになってしまった。


さて、明日からも頑張って作業。
また、来週から本格的?に忘年会が断続する。
こちらも頑張ってやりましょう。

皆様も、呑み過ぎにはご注意くださいませ。

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

奥の手

いろいろと並行製作で作ってきて、今全ての出荷前。
約15畳の保管場所がいっぱい。

今日作るものの置き場所が・・ない。
狭い工房はつらいよ。


こんなときは、奥の手。
この時期のみ使える奥の手があるのだ。


それは・・
車倉庫。

読んで字の通り、車を保管場所に使おうということだ。

この時期は気温と湿度が低いので、この手が使える。
これが夏場だとダメ。
夏の太陽にあぶられ、たちまち反りや捩れ、矧ぎ切れなどの故障にいたる。


車の中に並べて、日よけのテーブルクロスをかける。
これでOK!!


狭ければ狭いなりに知恵を使うのだ。

ところで・・
車もいっぱいで、明日はどこに置いたらいいの??

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

来てしまった

分かってはいたのだが・・・
この日が来るのは分かっていたのだが・・・

実際に来てしまうと、なんともいえない焦燥感に囚われる。

この日とは・・

師走
しわす

12月
December


どうすんのよ、これ。
来月は、来年だわね。

残り、30日。
毎年恒例のカウントダウン。

師走。
師も走るが、木工家も走る。

| | コメント (2)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »