« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

SOHO

今日は事務中心の仕事。
主に、発注や支払い関係。

ネットバンキングもあるので、ほとんどは家に居ながらにして作業可能。

SOHOなる言葉が出てきたのはいつの頃だったろうか?
ブロードバンドの普及や、各種サービスの充実などで、まさにパソコンと電話とFAXさえあれば、事務のほとんどは居ながらにして遂行可能。

便利な時代になったものだと思うし、その便利の進かに合わせるようにこの仕事をやってこられたのは幸運でもあった。


さて、午後からは普通に木工作業。
こればかりは・・・ 地道に、そして着実に!

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

坂の上の雲

ご遠方よりのお客様をお迎えする。
遠路はるばるお越しいただき、恐縮するばかり・・
ご期待にお応えせねば、と思うばかり。


打ち合わせ後は製作。
ここのところ、数日鉋がけばかり。
いいかげん、肩と上半身が悲鳴を上げてきた。

が、それも今日で終わり。
一つの大きな作品が、終る。


さて、今日は仕事を早めに切り上げ、居酒屋で早めの一杯。
その後、テレビの前に座る。

そう、今日は2年間待ち続けたNHKのスペシャルドラマ、「坂の上の雲」の初回放映。

坂の上の雲
言わずと知れた、司馬遼太郎の小説。
個人的には、司馬文学最高峰と信じている。

そのドラマ化・・
賛否両論あるし、私も心ゆれる思いがする。
というのも、司馬は遺言で、坂の上の雲は映像化してはならない・・と言い残している。

が・・
でも、映像を見てみたい・・という思いは、おそらく坂の上の雲ファンには共通ではないか?

が、反面、あの壮大なスケールを果たして映像化できるのか?
という疑念が常に付きまとう。

そんなこんなで待ち続けた二年間。
やはり・・・見るしかないわね。


初回放映は・・
いや、天晴れ!

NHK、相当に力が入っているな~
という気概と、その誠実な姿勢は十分に感じられる仕上がりとなっている。

それが通じたのか、普段は大河ドラマなど見向きもしないわが息子達も、一心に見ていた。

ドラマは、3年間に渡って放映される。
今年は主人公である秋山兄弟の青年期を中心に描いているらしい。

年末の慌しいとき、この娯楽はとても嬉しい。
早くも来週が待ち遠しい。

NHK頑張れ!
受信料、耳をそろえて払いましょう♪

| | コメント (10)

2009年11月28日 (土)

ChromeとIE

先日ご紹介したGoogle Chrome 
すっかし私のメインブラウザになっている。

やはり、早いのが良い。

だが・・
このChrome、時々妙に重くなる。
そして、重くなったが最後、全くうんともすんとも言わない。

???

スリープから復帰した後などが激重。

まあ、この現象はIEでも起こることではあるが、でも、通常の動きに復帰するのに要する時間は、ChromeのほうがIEよりもはるかに長い。


困ったもんじゃね。

なので、最近では重さに応じてChromeとIEを使い分けている始末。


どんどん速さが求められるネット環境。
なかなか、これがベスト! というものは難しいようだ。

| | コメント (2)

2009年11月27日 (金)

作業再開

病み上がりの製作はいきなりハード。

ホワイトオークの大きな本棚。
今までせっせとパーツを作ってきて、それらがようやく完成。
全パーツを積み上げて一息ついたところでインフルエンザに罹ってしまったのだ。


再びパーツを並べ、片っ端から鉋がけ。
手ごわいホワイトオーク、逆目を掘らないよう慎重に引いていく。

たちまち息が上がる。
病み上がりはきついな。

適度に休憩を入れながら、その都度刃物を研ぎなおしながら・・
とにかく、ひたすら鉋がけ。


終った!

次は、研磨。
これは機械に頼ることができるのでだいぶ楽♪

終った!

そして・・ 組み立て。

力技。


うぉぉぉぉぉ~(気合)

病み上がりは持久力には弱いが、ここ一発の力勝負では大丈夫。

苦心惨憺で、完成!


おお、よく仕上がった(満足)


病み上がりの作業。
最初はきつかったが、面白いことに、続けているとそれなりに体も慣れてくるし、調子も戻ってくる。

うん、やはり仕事そのものが最大のリハビリかもしれない。


ともかく・・
インフルエンザで棒に振った一週間余りの時間。
年内無休で取り戻す覚悟でございます。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

インフルエンザ顛末記

ようやくPCの前に座れるくらいになった。

二男が微熱で学校を早退したのがちょうど一週間前。
それから長男、そして私とバタバタと感染し、隔離部屋に三人ならんで寝ることとなった。

対して、カミさんと老母の女性陣は異常なし。
男三人、枕を並べて討ち死にの図。


ただ、症状は想像していたほど重くはなく、熱も39度台で、まだ我慢できる範囲。

そして、ありがたいことにタミフルが劇的に効いてくれた。
これを服用した半日後には熱が下がり始め、翌日はほとんど平熱近くまでになった。


ところで、発熱に関しては大きなトラウマがある。
前回インフルエンザに罹ったのは10年前。

このときは、熱が41.5度まで上がった。
病院で検温し、驚いたナースが車椅子かストレッチャーを準備するというのを制して廊下を歩いて処置室へ・・

ところが、床が斜めに見えたり、目の前にちらちらと点滅する幻らしきものが見えたり。
ベッドに寝て点滴準備をする時間を待つのが長かったこと。
とにかく・・・苦しい。
どうしようもなく・・・苦しい。

点滴後、若干熱は下がり、どうにか動けるようにもなり自宅で療養したのだが、熱は上下を繰り返し、それと同期して苦しみ曲線も上がったり下がったり。
ボルタレン(解熱剤)が服用できる8時間のインターバル時間が早く経たないかと、壁の時計を睨みつけたりした。
そんな日が四日間続いた。


この事態に親父が心配して、車で病院まで送ってくれたり、食事を買い込んできてくれたりした。
その1年後、親父は他界。
これが、生涯において親父から看病をしてもらった最初で最後のことになった。


そんな、ちょっと感傷的な要素も散りばめながら、インフルエンザの怖さは強烈にトラウマのように記憶に染み付いている。


そんな中で今回の罹患。
しかも新型。

相当に身構えていたのだが・・ 肩透かしを食らったような気も。

まあ、良かったことと言えば、これで新型インフルエンザの予防接種をしなくても良くなったことですな ハハハ!

とまあ、そのような顛末です。
貴殿も、くれぐれもご用心くださいませ。


また、コメントをいただいた皆様。
ありがとうございました。

タミフルとともに、コメントに大いに励まされました。
この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

回復途中

回復途中。
タミフル ラブheart

明日はブログ復活できると思います。

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

新型インフルエンザ

かかってしまったshock

| | コメント (2)

2009年11月20日 (金)

あれこれとあるのです

さて、新型インフルエンザがどのようになるのか分からないが、今のところ体調に変化なし。
なので、とにかく進められることは進めよう。

製作に励む。


昼から、木工家の友人来る。
技術的なことの相談、そして、来年予定されている木工フェアについてあれこれと。

ここ北九州でも、大規模な木工フェアを開催しようとの計画がある。
それを具体化するための案出し、企画の段階にある。

あれこれ難しいこと山積みだが、さて、うまく開催にこぎつけることができるのか??


夕方からアマチュア木工家の方ご来訪。
工房改造計画の相談をしており、その提案をいただいた。

うむ、面白くなりそう♪


で、インフルエンザは??

今度は、二男に続いて長男が発熱coldsweats01


いったいどうなるのか??

| | コメント (3)

2009年11月19日 (木)

新型インフルエンザ

二男の発熱、今朝の体温は39度超。
こりゃまずい。

かかりつけ医へ・・
さぞや混雑しているだろうと予想していたのだが、意外なことに空いている。
院内でのインフルエンザ感染を恐れて、他症状での通院を避ける傾向にあるのだろうか?

すぐに呼ばれて診察室へ。
簡易検査の結果・・

「新型インフルエンザと思われます」

・・・・ やっぱり


薬の処方。
リレンザかタミフル。

子供には通常リレンザだが、これは喘息との交互作用があるらしい。
息子はちょっと喘息の気があるので、タミフルにしましょうとのこと。

ただし・・・
ご存知のように、タミフルは異常行動を引き起こす恐れがあるので、処方後は目を離さないでください!

ガッテンだ!

帰宅。
息子はフラフラで、食欲もほとんどない。
何とか昼食を食べさせて、薬を飲ませる。

そのまま、倒れるようにベッドへ。
その後、ひたすら眠り続ける。

異常行動は、幸いなかった。


薬が効いたのか、夜には少し回復。
食欲も出てきたようだ。

聞くと、目を覚ましたときに床がゆがんで見え、目の前に五つの光があったとのこと。

・・・・ ううむ  ・・・


という今日の顛末。
心配していた新型インフルエンザ、ついに我が家に上陸。
あとは、家族内での感染を如何に防ぐか?

寒いこの頃、ウィルスとの熱き戦いは始まったばかりだ。

| | コメント (3)

2009年11月18日 (水)

ついに そうなのか?

次男が発熱で早退。
聞くと、クラスのうち4人が新型インフルエンザとのこと。

・・・・ まずいかも。

とりあえず、現状では37度代の微熱で様子見の段階。
さて、どうなることやら。


また、私を含めた家族への影響も心配。
この時期罹患すると大変なことになっちゃうよ。

先日、季節性インフルエンザの予防接種は行ったが、新型についてはもちろんまだ。

年末が近づきつつあるとき、どうやら波乱含みで推移しそう。

・・・・

困ったもんだ、こりゃ。

| | コメント (2)

2009年11月16日 (月)

鳴戸金時

寒くなった ブルル

開け放っていた工房の扉も、今日は閉めて作業をする。
風が強い、冬の気配が近づいてきている。

なにか暖かいものを・・

おおflair
そうだ、いただき物のさつまいも「鳴戸金時」があった。
これを焼き芋にして・・・ぐふふふふ。

ダッチオーブンを取り出して、キンキンに予熱。
芋を並べて入れて、中火で約40分。

蓋を開けると・・
おお、なんとも魅惑的な紫色。

あちちち、と取り出し、二つに割る。
湯気と共に、その滑らかな肌が露わに・・

うまい!!

このしっとりとした食感、至福のひと時。


明日は雨。
そして寒いらしい。

明日も焼き芋パワーで頑張ろう。

子供たちに食べられないように、密かに・・楽しむとしようかな。

| | コメント (2)

2009年11月15日 (日)

技能祭2009

訓練校のお祭り、二年に一度の技能祭。
昨日、11月14日に開催された。

ちょっとご紹介・・

091115_001

訓練校、正門です。
その昔、毎日ここを通り抜けました。

091115_002


木工科の実習室入り口。
洗濯機も、当時そのままの位置にありました。

091115_004


091115_009

訓練生達の力作が並んでます。
入校して半年余り・・ここまで作れるようになりました。


091115_003

実習風景も展示の一つです。
皆熱心に作業中。

鑿や鋸など、手仕事を主に作業をしていました。


091115_005


091115_008


091115_010

OB展示も。
ちなみに、学習机は私の作品。


久しぶりに旧友などにも再会し、楽しいひと時でした。
また、来年度の入校希望者にも何人か声をかけられたりして、相変わらずの木工人気のようですね。

母校の発展を願うばかり・・
皆さん、また2年後にお会いしましょう♪

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

技能祭終了

本日技能祭。
無事終了し、ちょっと肩の荷が下りたような、、、

技能祭の模様は、後日改めてアップします。


関係者の皆様、そして、見学された方々、お疲れ様、そしてありがとうございました。

| | コメント (2)

2009年11月12日 (木)

とりあえず

ここのところ、なかなかブログが書けない状況になってますが、無事仕事してます。

ちょっと今週末までバタバタしそうで・・・
その後は比較的安定すると思いますので、ちょっと気長にお付き合いくださいませ。

デハデハpaper

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

土曜日は技能祭へ行こう!

今週末、土曜日。
11月14日に、我が母校、田川高等技術専門校の技能祭が開催されます。

2年に一度の開催。
学校を挙げてのお祭りです。

もちろん、訓練生達の力作家具の展示。
そして、普段の訓練風景、作業姿も見学できます。

滅多に見ることのできない、秘密のベールに隠された訓練校内部をつぶさに見学できるチャンス。
木工家を夢見るあなた・・またとない機会ですよ。

また、恒例の木工小物の販売もあり。
民業圧迫! ありえない超低価格でのご提供。
毎度、売り切れ必至の超人気企画です。

早い者勝ち! 売り切れごめん。


OBの作品展示もあり。
私もそれに向けて急ピッチで製作中。
間に合うかな~???


露店もあるでよ。
おでん、やきそば、うどん、焼き鳥、カレー、ボルシチ?、石焼ビビンバ?・・
みな美味しいよ。


さあさあ、時間のある人、土曜日は訓練校へGO!

詳しくはこちらへ → 木工房シンプル お知らせ

| | コメント (3)

2009年11月 9日 (月)

友あり 遠方より来る

昨日のこと・・・

不意に昔の友人が尋ねてきた。
高校~大学を通じての友人で、同じ部活の仲間でもあった。

大学卒業後はお互い行方知れず。

それが、数年前に「この指とまれ」のサイトに登録したところ、メールが来た。
「広島に住んでいる」とのことだった。
そんなメールでの出会いがあり、それが今回の訪問につながった。
ネット社会ならではのことだわね。


なんと、四半世紀ぶりの再会。
その歳月は、見事に彼の風貌に時間の重さを刻み付けていた。

時の流れをしみじみと感じたのだ。

用事のついでに立ち寄ったとのこと・・
時の隔たりが大きすぎて、話の糸口を探りながらぼそぼそとしゃべる。

10分ほど、結局はたわいのない話で終った。
まあ、男同士なんてそんなもんだよね。

元気で・・・と言葉を交わして手を振る。

次に会えるのは?
さて・・・いつになるのやら。


友あり、遠方より来る。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

板剥ぎ大会

今日は朝から気合を入れる!!

今日は板剥ぎをする(宣言)

板剥ぎは、体力と繊細さが同時に求められる作業で、心身ともに充実してないとうまく行かない。
そんな板剥ぎを、まとめてやってしまおうという決意で、これは相当に気合を入れなければならない。

大きな天板を2枚。
小さな天板を2枚。

計4枚。


このような時は、できるだけ手を止めないようにするのが肝要。
手を止めると、一気に疲労が襲ってくる。
なので、淡々とリズムよく、流れ作業的にこなしていくことで乗り切るのだ。


だが・・・
一枚だけ、どうしてもうまく矧ぎ面を取ることができない。

それ以外はほとんど一発でうまく行くのに、なぜかこの一枚だけはダメ。


うき~!!!
と、イライラすると余計泥沼に陥る。
なので、鼻歌でも歌いながら努めて冷静さを保つ。
(ちなみに、歌は「いきものがかり」の「yell」)

メンタルコントロールも大事なのだ。

結局、うまく行かないところは手がんなで修正してOK


夕方、予定通り4枚の天板 完了!
どっと疲れが・・・


お気に入りの喫茶店に行って、紅茶とスープ、そしてケーキで英気を養う。


さて、明日は納品。
また気合を入れましょう。  おぅっ!!

| | コメント (0)

2009年11月 5日 (木)

スミマセン

ちょっと余裕が無く、ブログお休みします。

スミマセン・・  o(_ _)oペコッ

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

寒い

いやいや、今日は寒かった。
冷蔵庫に入っている感じ。

そろそろ工房も冬支度かな?
と言っても、電気ストーブを出すくらいだが。


今日はテーブルのオイルフィニッシュ。
気温が低いので、オイルの乾きが緩慢になり好都合。

ゆっくりと作業ができる。


これが夏場だと大変。
塗るはしから乾いていくので、拭き取りが大慌て。
右手に刷毛、左手にウェス ということになる。

その点、寒いのはいい。
何事も、焦っては良い仕事はできない。

オイル塗布で、チェリーのテーブルも輝きを増した。
いまからは木工の季節。
遅れを取り戻すべく(不可能か?)とにかく頑張るべ!

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

ホワイトオークのローテーブル

先日納品したホワイトオークのローテーブル。
お客様からいただいた写真をご紹介。

091101_001


ホワイトオーク・・・
柾目の極上品は、ウィスキーの樽になることでも有名。

役割を終えた樽を解体したあと、再生オークとして再利用もされている。

ウィスキー好きの私としては大いに興味もあるのだが、結構高価なので手が出ず。
少量を仕入れて、マニアックな小物、嗜好品でも作ろうかと思いつつ・・未だ実現せず。


ホワイトオークはオールマイティーな材で、和風にも洋風にも、どのようなデザインにも良くマッチする。
このローテーブルは、ごくオーソドックスなデザインで、小さなお子様の怪我防止のため、各所を丸く面取りして仕上げた。

お部屋に自然にマッチし、いい雰囲気ですね~(自画自賛)


家に変えると、ほっと落ち着くテーブルがある。
そこで、ウィスキーをちびりとやる・・なんて、いかがですか?

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

昭和

昼食で外出したついでに、ちょっと本屋へ立ち寄ってみた。
昭和を特集した雑誌が出ていた。

実は、ワタクシ、この昭和特集にめっぽう弱い。
特に、10代を過ごした昭和50年代については、その当時を思い出すだけでちょっと涙腺が緩んでくるほど。

流行歌、ファッション、風俗、文化・・
まだバブルは来ていなかったが、将来の夢や希望を疑いもしなかった頃。
この先に何が待っているのだろう? という、キラキラしたものが確かにあった。


雑誌をめくると、その当時のアイテムが目白押し。
それらに囲まれた時代、ちょっとだけタイムスリップする。

また、その当時にはさして興味のなかった建築や、インテリア、家具などの写真にも目が行くのは職業病でもあるね。

考えて見ると、家具をデザインするときに、知らず知らずのうちに昭和当時の雰囲気を追っていることに気付くことがある。

ひょっとして、私がやりたいのは昭和を現代に甦らせることなのかな??
う~ん、どうなのだろう(腕組)


木工をはじめて8年。
どこを目指して、どこへ向かうのか?

キーワードは昭和!?? かも?

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »