« ファイト一発 | トップページ | ルーター復活 »

2009年10月 8日 (木)

ドキドキする瞬間とは

木工で最もドキドキする瞬間はなにか、ご存知だろうか?

それは、封書をあけるとき。

材木屋さんからの請求書。


開ける前に、光に透かして見たりする。
う~ん、見えない。

分かっちゃいるが、癖で毎回こうしてしまうね。


で、開封。
明細書を取り出す。
恐る恐る金額を見ると・・・


ゲゲッ というか、案の定、というか・・
高いbearing

見込み金額よりも、数万円ほど高価。
・・・・


材木の高騰が始まったのが数年ほど前。
北京オリンピック景気と原油高騰がその原因とされているが、それ以降も上がり、元に戻る気配がない。

まったくもう。


だが、この請求書も捨てたモンじゃない。
これが製作への強烈なカンフル剤となるのだ。

材木代をできるだけ商品価格へ転嫁しないよう・・
その工夫をどうするか?

厳しいこの時代。
知恵を絞らなきゃね。

|

« ファイト一発 | トップページ | ルーター復活 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

その気持ちわかります。
以前の気持ちで買ってたら請求書を見て「どうしよう」、、、そう思ってしまいます。

最近では請求書は、見ざる、聞かざる、触らざる、、、、です。

私のかわりには、かみさんがビックリしています。

投稿: てしば | 2009年10月 8日 (木) 23:27

請求書 心臓に悪いですよね~

私も開封したまま、まだ机の上に積んでいます。

いつ払うか?
もちろん払わなければいけないのですが、心の準備と言うか、踏ん切りと言うか・・
その覚悟ができるまで積んどくのが常です。

年間の材木代で、軽く新車が買えますからね。
このところの値上げはホントたまらんです(ボヤキばかり)

投稿: 栗原@simple | 2009年10月 9日 (金) 23:44

木材の請求書でドキドキ
サラリーマンの私がボーナスの明細を見る時のようなものでしょうか
年2回、そりゃもうドキドキです
もっともこちらは金額が下がって心臓に悪いわけですが・・・
年間の賞与で軽く新車が・・・買えるわけありませーん

投稿: パートシュクレ | 2009年10月10日 (土) 18:50

ボーナス。
ああ、ナント甘美で、そして懐かしい響きだろう。

そうですね。
確かに、あのボーナスの明細書をびりびりと破る時のドキドキ感に似ているかもしれません。

でも・・
ボーナス、うっうらやまし~

誰か、私にボーナスくれないかな?

投稿: 栗原@simple | 2009年10月10日 (土) 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファイト一発 | トップページ | ルーター復活 »