« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

いつの間にか

天板の仕上げ。
鉋も復調したので、気持ちよく作業ができた。

ここのところ、さわやかな小春日和が続いていたのだが、どうも明日からは雨、そして寒波が来るらしい。

そろそろ工房も防寒対策が必要かな?


そういえば、いつの間にか11月。
納期の首はますます絞まるばかり ぐぇ~

| | コメント (0)

2009年10月30日 (金)

くらまを見た

今日も事務や作業や写真撮影や、その他諸々で右往左往。
時計と睨めっこ。

特に、写真撮影は光の加減がちょうど良い16:00ごろでないといけない。
そこから逆算すると、え~と、15:20には工房を出発しないといけないから・・
すると、○○までにこれをやって、あれをやって・・

と、いろいろと気ぜわしい。


まあ、無事撮影も終わり、工房へ帰る途中。
門司港海岸線、199号線への跨線橋を渡っていると・・

正面に見える大桟橋にいかめしい船が。
艦砲が備えられている。

戦艦??


あっ 

そうだよ。


海上自衛隊 護衛艦くらま。
関門海峡でコンテナ船と衝突した。


おお!

野次馬根性が頭をもたげる。
ちょっと見に行ってみようかな?

いや、でも、時間が・・・

横目でチラ見しながら走る。
やはり、船首はぐちゃぐちゃ。
大変なことになっているわね。

衝撃のすさまじさが想像できると言うもの。


いや、私も安全運転を心がけねば。
ということで、ゆっくりと流して帰宅。
引き続き仕事。

と、今日はそんな一日。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

鉋復調

普通に仕事。

気温も適度に低くなり、上天気で湿度は低く、木工日和。
気持ちが良いね。

今日は仕事の合間に少し時間を取って、鉋の調整。
ここのところ不調だったのをだましだまし使っていたのだが、不調なまま使うのは結局は時間ばかりかかって不合理。

で、この合間時間でちょいと調整。

裏金の密着具合が良くない模様で、裏押し~研ぎなおし~耳のたたき出し・・
と、あれこれあれこれ。

本当はオーバーホールしたかったのだが、あまり時間をとることもできない。
とりあえずこんなもんかな? というところで試し削り。

うん、復調。
実用域ではこんなもんで十分だろう。


天気が良い。
そして、鉋も復調。

いや、こんな日は気分が良いね。

| | コメント (4)

2009年10月28日 (水)

空想から現実へ

慌しかった日々も、ようやく落ち着きを取り戻した。

私にとって、身内の葬儀はおよそ10年ぶりのこと。
その昔、実父を見送って以来のことだった。

数日間の非日常の日々は、日ごろは意識することもない死生観について、あれこれと改めて考える機会ともなった。

10年前と比べて、やはり受け止め方も異なり、それなりに歳を重ねて多少は進歩したのかな?
なんて思ったりする。


一方、我が息子たちにとっては、物心ついてからの葬儀は初体験となる。
一連の儀式はその一つ一つが重く、衝撃的なイベントでもあっただろう。

通常、子供たちにとって死ははるか彼方にあり、空想の領域に近い。
それが、突然否応なしに目の前に展開され、有無を言わさぬ厳粛さで流れていく。

聞いてみると、彼らなりに考えるところもあったようで、これを成長の一歩として刻んでくれれば故人への何よりの供養ともなるだろう。


さて、40代半ばの私としては、死はもはや空想ではなく、ある程度の具体性を持って近づいてくる現実となりつつある。
もちろん、まだ輪郭は曖昧で、実感を伴うものではないのだが、向かうべき方向性などについては少しずつその軌道の描き方でも考えて行かねばならないかな?

なんて思ったりした。


ともかく、まずは今を充実させなきゃね。

で・・そう、仕事仕事!
頑張ろう。

| | コメント (0)

2009年10月27日 (火)

ご迷惑をおかけしました

葬儀なども無事終了いたしました。

明日より通常業務を再開します。
いただいたお問い合わせについては、明日以降順次ご返信をいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

臨時休業のお知らせ

身内不幸のため、本日より以下の期間臨時休業いたします。

 10月22日(木)~10月27日(火)


この間にいただいたお問い合わせについては、28日(水)以降の回答とさせていただきます。

急なことでご迷惑をおかけしますが、ご理解を賜りますようよろしくお願いいたします。


木工房シンプル 栗原

| | コメント (2)

2009年10月21日 (水)

本日残業につき

ブログお休みします  o(_ _)oペコッ

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

展示会へ行く

昨日は久しぶりに打ち合わせや写真撮影などで外出。

工房引きこもりの穴熊生活の身にとっては、太陽がまぶしいぜ。


空き時間に木工の展示会へ・・
友人の木工家、初の個展。

一年半ほど前に独立し、作品を作り溜め、このたびの個展へとこぎつけた。
どれも大変に手の込んだ秀作。
これだけそろえるには、相当の苦労があったことだろうと同業者ならではの思いをめぐらせた。

場所は門司港。
観光地だけあって、月曜日にもかかわらずお客さんが次々と入ってくる。


ああ、この雰囲気・・いいな!

私自身は展示会をやらなくなって久しいが、会場に自分の家具を置き、自分の世界を作ってお客桟を迎える高揚感はいいものだ。

でも、ここ数年はそのようなことからも遠ざかり、引きこもり、穴熊の、きわめて非健康的な日々に陥っている。


とまあ、一抹の寂しさを感じながらも、久しぶりの展示会見学が良い刺激になった。
で、今日は・・ 

相変わらずの穴熊。
太陽を見ずに製作、そして、事務。

まあ、私は私。
マイペースで行きますよ。

| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

chrome

話題のGoogleが提供するブラウザ、chromeを使ってみた。

おお、いい感じ。
早い・・と聞いていたが、確かに早い。

感覚として、IE(インターネットエクスプローラ)の1.5~2倍程度と感じる。

そして、グーグルらしく、画面がシンプルなのもいい。

最近、どうもIEの動きが悪く、遅いわ、原因不明でフリーズするわで閉口していたところだ。
対して、chromeはサクサク動く。
精神衛生上、きわめてよろしい。

面白がってあれこれ操作していたら、2時間も過ぎてしまったgawk
まずい・・・今日は板剥ぎの予定だったのに・・

あわてて作業場へ、急ピッチで作業、無事完了。


さて、明日は打ち合わせなどで一日出ずっぱり。
今日は早く寝よう。

| | コメント (3)

2009年10月17日 (土)

あの素晴らしい愛をもう一度

パリーグ、クライマックスシリーズをラジオで聞きながら仕事。

負けた。
あ~あ。

まあ、仕方ない。
これが今のホークスの実力だ。


でも、ちょっと寂しいな~ と思いにふけっていたらラジオから驚愕の速報。

加藤和彦 自殺。


えっ???

一瞬、目の前の風景から色がなくなった。


加藤和彦。
いうまでもなく、フォークの黎明期を作った始祖。
フォーククルセイダーズ。

「帰ってきたヨッパライ」がヒットしたのは私が幼稚園の頃。
なので、フォークルは私にとってはリアルタイムではない。

だが、彼らが残した楽曲は、小中学校を通して数多く耳にし、その当時の思い出と共に記憶に染み付いている。

特に、中学校の音楽の授業で合唱の練習曲となった「あの素晴らしい愛をもう一度」は、私にとって永遠のエバーグリーンだ。

カラオケに行くと、必ず歌う曲でもある。


自殺。
一体、加藤氏の心にどのような闇があったのだろう?

今はただ驚くばかり、混乱するばかり。


動画を見ながら、涙腺が緩んでくるのをとめられない。

合掌。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

ルパン三世のテーマ78

久しぶりに何気なくYoutubeを見ていたら、かっこいいビデオを発見。

ルパン三世のテーマ。
いや~、何度聞いてもかっこいいね。

以前音楽をやっていた頃、何度か実際に演奏したこともある。
なので、これを聴くたび周りの空気が当時にタイムスリップする。

ちょっと、甘美な瞬間。

ルパン三世のテーマは、その時々の時代によって様々なアレンジが施されてきたのだが、私としてはやはり最初のバージョンが好き。

で、ご紹介するこのビデオは、どうやら作曲者の大野雄二氏が自らビッグバンドを組み、自身がキーボードを弾いてライブ演奏したものらしい。

アレンジは、当初の78年バージョンがベースとなっているようだ。


また楽器がやりたくなったな。


ちなみに、オリジナルの78年バージョンがったのでついでにご紹介。


た、たまらん。
涙出てきそう。

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

木取りの快感

ここのところ放置していたメインのHPを更新しました。
よろしければ、是非ご笑覧くださいませ。

 木工房シンプルHP


さて、今日は怒涛の木取り。
チェスト4個分をまとめて取る。

木取りは、毎度毎度悩ましい。

木取りで仕上がりの品質の大半は決まる・・なんてことを良く聞くが。
それは確かにその通り!

まあ、木工に関わらず、物づくり全般においての原則だが、上流工程ほど品質に占める重要度が高いのは自明。
ましてや、木工で天然木を扱う場合は、素材自体が気まぐれで、工業製品のように品質が正規分布したりしないからより大変。

端から機械的に切っていくなんてことができず、一枚ずつ睨めつけ、ひっくり返し、さすり、まあ、五感を活用しながら適材適所で考えていく。

もちろん、原価についても。
全てがマグロの大トロのような良材ばかりで作れるはずもない。

原価、経済効率も同時に考えながらやらなければならないところがプロの悲しさ・・いや、厳しさ。

極力切り余りの端材が発生しないよう、電卓を叩きながら効率の良い長さで切りそろえていく。

そんな中で、時々全く切り余りを出さずに木取れることがあったりする。
今日がそう。

この快感♪
これは、職業木工家でなければ分からない甘美な瞬間かもしれないね。

狙い通りにぴたりと切りそろえ、余りゼロ。

ああん、陶酔のひと時。


なわけで、思わず缶コーヒーで乾杯しましたよ。

滅多にないこと。
明日はいい日になりそうだ。

| | コメント (2)

2009年10月13日 (火)

精神的ダメージ

私には銘木趣味はない。

安定した製作、供給を続けるため、材木は家具用に管理され、流通しているものを選定するようにしている。
これらはいろいろな基準により等級が定められ、一定ロットがまとまって流通ルートに乗る。

このため、銘木のような大当たりもないし、大はずれ・・も、ない。

天然木でありながら、品質はばらつきながらも概ね安定している。


が、そこは天然木・・
その中でも、やはりかなりの上物が手に入ることもあるのだ。

それらは工房横で別管理し、テーブルの天板など、とっておきのアイテムに用いるようにしているのだ。


今日、そのとっておきの材を取り出した。
ウシシシシ♪
綺麗な材を使うときは、やはり心も躍るもんだ。

そして切断。
板剥ぎのために、仮並べしてみると・・

???????????

えっ?

一本だけ長さが短い。

えっ?

スケールをあてると。

ぐおぇわぁあ(絶叫)
切り間違えている~

切り間違い。
しかも、短い方へ。

これは・・もうどうしようもない。


木工で、切り間違いほど精神的ダメージが大きいものもない。
ましてや、それがとっておきの材ともなると、そのショックはまさにプライスレス(意味不明)

立ち直るのに20分くらいかかった。

気を取り直して、木を取り直す。

切り間違いの材は?
框などへ転用か・・トホホだわね。


注意一秒。
100ミリの目盛り読み間違いでした。

ああ、これを書きながらまた思い出した。
はぁ~ 

| | コメント (4)

2009年10月12日 (月)

ウジウジ

寒くなった。
朝晩は冷え込みを感じる。

この時期、作業服の選定は悩ましい。

朝夕は肌寒いので長袖が好ましいが、昼間はそれでは暑い。
特に、鉋がけをする時は尚更だ。

着替えればよいのだけど、それも面倒。

毎朝考える。
今日は長袖か、半袖か?


もう一つの悩み。
それは・・・

蚊!

寒くなったので蚊も少なくなったが、それでもいることはいる。
蚊取り線香を買い足すべきか?
毎年悩みの種(そういえば、去年も同じ事書いた気が・・・)


さわやかな秋晴れ。
気持ちが良い季節だが、薄暗い工房にこもってこのようなことをウジウジと考えている。

木工って・・・
その実態は、こんなものなのだねン。

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

地味です

普通に仕事・・

天気の良い連休に、工房引きこもり(寂)

木工の製作現場って、地味でネクラなのだよン。


明日は?
早めに切り上げて、喫茶店でコーヒーでも・・
飲めるかいな?

| | コメント (2)

2009年10月10日 (土)

後方不確認

木工で最も気をつけなければならないことは安全性である。
これは疑いがない。

そして、安全性というと昇降盤や手押し鉋など、大型機械の取り扱いがクローズアップされる。
全く、もっともなことだ。

だが・・
それ以外の盲点もある。

特に狭い工房では。


それは、しゃがんで、立ち上がるとき。
後ろに機械の定盤などがあったら・・・そこに背中をぶつけてしまう。
これで、過去に何度か怪我をした。

なので、立ち上がるときはうしろを振り返って確認し、ゆっくりと立ち上がるようにしていたのだが・・

うう、久しぶりにやってしまった。
後方不確認。

しかも、こんなときに限って機械の位置をずらしていたりする。
見事、背中に昇降版のテーブル、その角がヒット。

ててててっててててててて bearing


シャツをめくって、息子に確認してもらう。

「あらら、これ、結構大変よ」

5センチほどの引っかき傷。

幸い傷は深くなく、すぐに乾いて大事には至らなかった。


2年ぶりの不注意事故。
まあ、気を引き締めるための良い警告になった。 と、解釈しよう。

皆さんも、ご用心くださいね。

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

ルーター復活

ルーターが修理から戻ってきた。
どうやら、内部の接点不良だったらしい。

修理代4,000円は高いか? 安いか?
まあ、直ったのだからいいか。

戻ったその日から全力で働いてもらうよ。

ということで、早速ルーターテーブルに取り付けて加工。
やはり、馴染んだ機械はいいね。


さて、今回の故障騒動で急遽購入した新ルーター。
数度使ったが、ネックは以前書いたように互換性。

新旧ルーターで、互換性がない。


図らずも、互換無しの二機種が揃ったしだい。
さて、これらの使い分け・・どうするかな~?

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

ドキドキする瞬間とは

木工で最もドキドキする瞬間はなにか、ご存知だろうか?

それは、封書をあけるとき。

材木屋さんからの請求書。


開ける前に、光に透かして見たりする。
う~ん、見えない。

分かっちゃいるが、癖で毎回こうしてしまうね。


で、開封。
明細書を取り出す。
恐る恐る金額を見ると・・・


ゲゲッ というか、案の定、というか・・
高いbearing

見込み金額よりも、数万円ほど高価。
・・・・


材木の高騰が始まったのが数年ほど前。
北京オリンピック景気と原油高騰がその原因とされているが、それ以降も上がり、元に戻る気配がない。

まったくもう。


だが、この請求書も捨てたモンじゃない。
これが製作への強烈なカンフル剤となるのだ。

材木代をできるだけ商品価格へ転嫁しないよう・・
その工夫をどうするか?

厳しいこの時代。
知恵を絞らなきゃね。

| | コメント (4)

2009年10月 6日 (火)

ファイト一発

今日はアラカルト。
めまぐるしいスケジュール。

まずは組立を行って・・
別作品の木取りをして・・
写真撮影に行って・・
昼飯食って・・
加工して・・
発送して・・

で、今はブログ書いて・・

次は事務仕事。

ファイト 一発!

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

納品へ

今年最大規模のキャビネット納品。

一人ではどうしようもなく、近隣の木工家Y氏にお手伝いいただいての納品。
行き先はマンション。
あれこれ工夫をしながらも、無事納品。

ちょっと肩の荷が下りた。


その後、今日はちょっと安息日。
コーヒーを飲んで、夜は会食。

ほっとするのもつかの間・・
明日から、またレッドゾーンで突っ走るのみ。

今年も残り3ヶ月。
さらに鞭をいれて・・・頑張ります オウ!

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

お子様用本棚

本日(も)残業のため、ブログお休み・・

というのも寂しいので、昨日に続いて作品のご紹介。

090807_026

お子様用の本棚。
材種はパイン集成材。

対面キッチンのカウンター下にちょうど収まるサイズ。

棚板なども、絵本の大きさに合わせて設定。
たっぷり入りますよ~

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

ホワイトオークのキャビネット

ここのところ、本家のHP更新もままならない日々。
誰か手弁当で、WEB専任でやってくれないかなぁ?

無理だわね。


ということで、ブログで先行して作品の紹介などしていくことにする。

先日お届けしたキャビネット。
お客様から写真をいただいた。

P1000756


P1000761

ディスプレイのセンスに脱帽。
自画自賛ながら、いい雰囲気だねぇ と、一人悦に入ったりする。

自分の作ったものが立派にお役に立っているところを見るのが何よりの喜び。
物づくりをする者の特権だね。

素材はホワイトオーク。
改めて、良い木だと思う。

末永くよろしくお願いします♪

| | コメント (4)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »