« まだまだ大丈夫 | トップページ | 公私ともども・・ »

2009年9月13日 (日)

健康診断で考える

健康診断。
年に一度の恒例行事。


会社にいた頃は、会社に検診車が来て決められた時間に受付し、ベルトコンベアのように検診を受けていた。

独立後は・・
もちろん、自分で受けに行かなければならない(面倒)

国保加入者には、自治体より基本検診無料券が送付されてくる。
これに加えて、オプションで各種がん検診も行われており、これは事前の予約が必要。

で、予約をして、指定の時間に会場へ出かける。

と、人人人人・・・・・

まあ、例年のことなのでいまさら驚くこともないが、会社でスムーズな検診を受けていた時のことを考えると、この落差には毎回考えさせられる。

会社に属すると言うことは、有形無形の福利厚生でいろいろと優遇、保護されていたのであるな(しみじみ)


受付から検診終了まで、去年は3時間半もかかった(げんなり)
受付順、早いもの順だったのだ。

その反省の元に、今年は完全予約制の日付を選んで、往復はがきで申し込みもしたので多少はスムーズに行くだろうと読んでいた。

結果・・・ 1時間半で完了。
基本検診に加えて、三種のがん検診も行ってのことなので、まあまあかな。

スムーズに行った理由の一つは、係員の融通に依るところも多かった。
ここは混んでいるから、先にあっちの検診を受けたほうがいいよ・・
などと、適宜アドバイスをくれた。

昨年はそれが全くなく、きわめて非効率な事務手続きを頑固に守るままだった。


やはり、同じ検診でも、取り仕切る団体によって、そして係員の気配りによってずいぶんと違うものだね。


これは、商売にも通ずるものがあるなぁ・・
なんて、ちょっと考えたりしたのだ。


何より、健康第一。
数週間後の結果が、楽しみでもあり、不安でもあり・・

|

« まだまだ大丈夫 | トップページ | 公私ともども・・ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

こんいちは、お久しぶりです。
私もお盆明けの19日に人間ドックに行ってきました。お盆明けなんて食べ過ぎてまずいなと思っていましたが、結果は一応治療項目無しでホットしました。
が、、、安心した分最近食べるのハチキレテいます。

自分は建設産業者労働組合の健康保険に入っています。収入に左右される国保と違い、
完全固定金額ですので、現在お支払いの金額と比べて見る手はあります。
人間ドックも格安ですし、ホテルのロビーみたいなところで検査を受けます。
その他、休業補償、年に一回の袋一杯の薬の配布などなど、色々特典がおおいですよ。

投稿: てしば | 2009年9月14日 (月) 00:07

こんばんは・・
いつも有用な健康情報ありがとうございますlovely

建設労働組合のことはラジオの宣伝などで知ってはいたのですが、家具屋さんも加入できるとは知りませんでした。

固定額制は確かに魅力ですね。
ちょっと調べてみます。


私は、ようやく体からバリウムが抜けたようで、口直しのために焼酎で乾杯してます。

さあ、検査結果がどう出るのか?
戦々恐々とする日々です・・

投稿: 栗原@simple | 2009年9月15日 (火) 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ大丈夫 | トップページ | 公私ともども・・ »