« 品行方正な・・ | トップページ | どこでもベープ »

2009年6月24日 (水)

倣い加工のトラウマ

倣い加工の冶具を作った。

倣い加工・・・
テンプレートに沿って、ルーターテーブルで形を削りだす、そのための冶具。

木工をやらない方にはチンプンカンプンなことと、ご勘弁!!


実は、倣い加工はずっと封印していた。
開業間もない頃、倣い加工でキックバックをくらい、間一髪で指を落とすのをまぬがれた恐怖の体験がトラウマになっていたのだ。

それ以降、弊工房ではルーターテーブルによる倣い加工は禁じ手として封印していたのだ。


が・・・
いつまでもトラウマに囚われている場合ではない。
もう、心の扉を開いて、新しい世界へ飛び立つ時期だ(どっかで聞いたような?)


で・・・
倣い加工の安全性についてそれなりに調べ、それ様の工具を揃え、このたび新たにその封印を解いたというわけなのだ。

結果は・・
うん、やはり、これは早いわ!
加工スピードが、おそらく5倍以上にはなっているはず。

KY(危険予知のこと)、ヒヤリハット的な分析も、手順を守る以上は問題ないはず。
また、指はルータービットから10センチも上にあるので、万一のキックバック時にも指が巻き込まれる心配はないだろう。


トラウマがずっと覆いかぶさっていたが、これを払拭できる日も近そうだ。

若干 成長したかいな?
と思わせる日だった。

|

« 品行方正な・・ | トップページ | どこでもベープ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
不躾ですが、今後の教訓に恐怖体験の状況を教えて頂けないでしょうか!?

僕は4年程前に手押しで右薬指先端をスライスしました。
それ以来機械を触る時は、各機械毎にもしも事故を起こしたら、と想像してから作業するようにしています。(とても怖いです)

投稿: うずまき | 2009年6月25日 (木) 22:19

うずまきさん・・・
はじめまして、コメントありがとうございます。

このときは、テンプレートを両面テープで止めたままという危うい固定で、また、被切削材も小さいものでした。

加工途中に逆目があることに気づき、これはダウンカット(クライムカット)しなければならないかも・・・と思った瞬間にキックバックを食らいました。

小さな材で、手持ちだったため、指が一緒に持っていかれました。

一瞬の気のゆるみだったのでしょうね。


ちなみに・・・
私も5年前にうずまきさんと同じく右手薬指先端を手押しでやられました。

お互い、怪我には注意しましょうね。

投稿: 栗原@simple | 2009年6月27日 (土) 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 品行方正な・・ | トップページ | どこでもベープ »