« 運動会 | トップページ | 厄介な冶具 »

2009年5月25日 (月)

タイムリーなことに

名古屋木工家ウイークの余韻もだいぶ冷めてきたが、ただ、あれ以来展示会の可能性なるものをぼんやりと考えたりしている。

そんなときに、タイムリーな来客ありけり。

コンベンションセンターの営業担当の方・・

???と思ったが、お話を聞くと展示会のことらしい。
陶芸展示会はあるが、木工展示会はない。
なので、ぜひとも木工に特化した展示会を立ち上げ、盛り上げて行きたいとの由。

こりゃまた、ナント偶然なことで、こんなこと8年間の木工人生の中で初めてだわね。
不思議なもんだねぇ


話を戻して・・
そうなのだ、陶芸に関しては、「西日本陶磁器フェスタ」なる大きな展示会がここ北九州でも毎年開催されており、多くの人出でにぎわう。

が、木工に関しては・・・ないね。

他のクラフトや雑貨なども含めたものならばやはり大きな展示会があるが、木工に特化したものは ない。


このように改めて考えてみると、不思議だわね。

ここ九州でも、家具や小物作りをしている木工房はかなりの数ある。
また、陶芸にはかなわないかもしれないが、木を好むお客さんだって潜在的にはかなりの数いらっしゃるだろう。

ならば、木工展示会があってもよいはず。


そうだよね。

名古屋だって大盛況だったんだもんね。


お話を聞くと、数年後の開催を目指し、出展規模は150以上の工房を集めたいとのこと。
それは是非もない。

今日はまだ顔見世的なところだったが、いずれご意見など・・とのこと。

さて、転がり込んできたようなこの小さな種。
大きな花を咲かせることができるのか?

ちょっと、楽しみになってきたね。

|

« 運動会 | トップページ | 厄介な冶具 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運動会 | トップページ | 厄介な冶具 »