« 極めて小市民な私としては・・ | トップページ | 同時に作るべきか? »

2009年4月 6日 (月)

模型カフェ

ヤフーニュースを見ていたら、模型カフェ・・なるものが人気を集めているらしい。

模型カフェ??

どうやら、店内でコーヒーを飲みながらプラモデルを作ることができるカフェらしい。

・・・・

・・ これは ・・ いい~!!!

振り返れば小学生の頃が私のプラ模型デビューだった。
いや~ 作ったな~

乏しい小遣いを溜めて次々とプラモデルへ投入した。
当時の一番人気は戦車。
ドイツの戦車と人形などを配置して、戦場のジオラマを作るのが無上の楽しみだった。

戦争は悪だとの平和教育をどっぷりと受けながらも、戦場の風景表現に惹かれていく矛盾を抱えつつ、接着剤の匂いを部屋中に充満させながら、来る日も来る日もプラも作りに熱中した。

BGMはラジオ。
谷村新二なんかがDJをやっていた時代だ。
時々は短波放送で、ラジオオーストラリアなんてのをエアチェックしたりもした。

ラジオとプラモ。
今思い返すと、宝石のように輝く甘美な思い出だ。

プラモを作らなくなって何十年経っただろう?
気がつくと、あちこちにあったプラモ屋は、ほとんど姿を消してしまった。

わが息子達はDSに夢中で、プラモには全く興味がないようだ。


そう、いまやプラモデルは親父たちの聖域なのかもしれない。

模型カフェ。
まだこの地方都市にはないようだが、もしできたら・・・

通うかも?


えっ?
その前に、家具作りをちゃんとやれって?

ごもっとも・・

|

« 極めて小市民な私としては・・ | トップページ | 同時に作るべきか? »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
私もこのニュース見て行きたいなと思った一人です。数年前、歳とって暇になったら作ろうと、行きつけだった模型屋に時々行って、昔高くて買えなかった模型を買っていました。

しかし、ある時、そんな時間あるもんかと、オークションで売り払いました。

ああ、忙しい、、、やっぱ家具作ります。

投稿: てしば | 2009年4月 7日 (火) 00:04

いや~連続で、心くすぐられる投稿ですね!

私も、ドイツの戦車作りましたよ~。
キングタイガーやタイガーⅠ型は高根の花で、4号戦車をよく作っていました。
そして、いろんなタイプに改造して、ジオラマも沢山作りました。
兵士は、わざわざ関節を切り落としてパテで付け直し!ポーズまで変える始末・・・。
まったくもって、プラモおたくです・・・。

それ以外には、はやり戦闘機ですね。
ゼロ戦、疾風・・・そして、メッサーシュミットにユンカース・・・。

あああ・・・この話をし出したら止まりませんです。

えええ・・最近は、子供とガンプラを作っております。
子供にも!作る楽しさが伝わればいいな~なんて思っております。

考えると、子供のころの創作が、今につながっているのかも・・・・しれません。。。
割りばし使って、6輪ティレル(昔タイレルって言いましたね・・)の超小型版を作ったり、小型の模型飛行機作ったりもしていました・・・・。
ほんと!作るの大好き少年でした。。。ははは。

投稿: とっちゃん | 2009年4月 7日 (火) 08:45

てしばさん・・
うう、その気持ち、よく分かります。

私も、少し前に久しぶりに模型屋へ行きましたが、思わず買い占めてしまいそうになりました。

買っちゃうと大変で、家具作りそっちのけでのめりこむに決まってます。
危ない危ない・・

プラモと再び付き合うのは、まだまだ先のことになりそうです(寂)


とっちゃんさん・・
そうそう、タイガーⅠ型は戦車の中の戦車でしたね。

当時、3,500円のタミヤ製タイガーⅠ型がありました。

これは、内部の操縦席までが再現されているという涙物のアイテムで、そのカットモデルが模型屋のショーウインドーに展示されていました。

いつも眺めてはため息をついていたものです。

お年玉でこれを買ったときは天にも昇る気持ちでした。

思えば、私の物づくりの遺伝子は、プラモによって芽生えてきたのかもしれません。


6輪のタイレル!
これも作りましたねぇ。

高価なモデルは、ステアリングを回すと実際にタイヤが回るんですよね。
で、タイヤもプラスチックじゃなくて、ゴム製だったりして・・・

戦車なんかだと、溶接跡まで再現しているものがあったりして・・・


う~ん、同じく語り始めると止めることができなくなりそうです・・

投稿: 栗原@simple | 2009年4月 7日 (火) 23:12

カラオケに温泉にキャンプに木工に、今度はプラモと来ましたか。なんでこうも自分と同じ趣味ばかりなんでしょうw
プラモは作りっぱが多くて塗装やジオラマまではやらなかったけどかなり作りましたね。今はもう作らなくなったものの、プラモ熱はたまに作る息抜きガンプラに脈々と受け継がれてます。まさにモノ作りの遺伝子ですね。
実は子供時代プラモ以上に熱中したのは木工でして。(その当時は大工と言ってましたが)子供が大工?とお思いでしょうが、実は実家が工具メーカーで親戚が大工だったもので、工具と木材はふんだんにあるという環境でした。物心つくより早く金槌を手にしてたという変な育ちなんです。叔父である大工の棟梁が、釘を口に咥えて鮮やかに釘打ちするのを見て、大工に憧れたもんです。裏庭の納戸を秘密基地(工房)にして、ロボットやら戦車やら下駄箱やら作ってましたね。キャリアだけで言えば栗原さんより先輩ですねw でも技術は・・・

投稿: パートシュクレ | 2009年4月 8日 (水) 01:40

forestさんも紹介されていましたが、模型カフェがあれば木工カフェなんか成り立つでしょうか、と。
私も木工カフェなんかができれば理想ですが、環境的に同居できそうにないし、機械は危険なので勝手に触らせられないし、難しいです。

投稿: 松本 | 2009年4月 8日 (水) 21:02

パートシュクレさん・・
そうか、やはりプラモデル世代ですね♪

当時、模型屋の親父が我々のヒーローで、店番をしながら塗装している彼の手元をまじまじと見たりしたものです。

乏しい小遣いを、かなり投資したな~

なるほど、木工は早熟だったのですね。
私は、中学校の技術家庭科でやった木工実習で、鉋で指を削って以来、全く木工とは無縁の生活でした。

それが、なんで30代後半で木工に??
全く不可解なことです。

人生いろいろ・・
だから面白いのかもしれませんね。


松本さん・・
木工カフェ、面白そうですね。
帰国の際には、是非実現を!!

でも、皆防音ヘッドフォンと、防塵マスクをつけたままではコーヒーを飲むのもままならないかも?

ハードルは高そうですね。


ところで・・
名古屋木工家ウイークのパンフレットを、松本さんの分を含めてのほほんさんへ郵送いたしますので、名古屋行きの際にお受け取りください。

当日は、昼食をご一緒しましょう。

味噌カツ? きしめん?
楽しみです・・って、何をしにいくのだか??

投稿: 栗原@simple | 2009年4月 8日 (水) 23:11

松本さん
木工カフェはありませんが、東京には数は少ないけど貸工房ならありますね。工具も揃ってますが1日で3000円とかバカ高いし場所が遠いですね。自分は工作室のあるマンションでヨカッター。1日借りて100円です。工具は昔ながらの大工セットのみですが、いつも空いてて週末は貸切りです。さすがにコーヒーは出ませんがw
マンション住まいで木工を諦めてる人は意外と多いようですよ。木工って起業はもちろんですが趣味としても意外とハードルが高いと言えますね。

栗原さん
自分は早熟過ぎて子供時代に木工熱を使い果たしたのでしょうね。今になってまた復活してますが。仕事にしなかったのはきっと紙一重だったのでしょう。人生のどの節目で一生の職業に繋がるかホントわからんもんです。

投稿: パートシュクレ | 2009年4月 9日 (木) 00:00

パートシュクレさん、こんにちは、
ええっ、100円とはむちゃくちゃな値段ですね。確かに街中では難しいかもしれませんが、こっちは田舎ですが、木工したい人は結構居るのかも知れません。
仰っている手道具だけと言うのはヒントになったような。これなら、木くずも出ませんし、騒音もなく、美味しくコーヒーが飲めそうな感じがしてきました。でも、手道具用の部屋が要りそうですが・・・

栗原さん、
はい、メールで伺っています。ありがとうございます。ぜひお昼もご一緒しましょう。齋田さんお勧めはなんでしょうね(笑)。2泊3日が今から待ち遠しいです。

投稿: 松本 | 2009年4月 9日 (木) 11:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 極めて小市民な私としては・・ | トップページ | 同時に作るべきか? »