« 女性木工家 | トップページ | 極めて小市民な私としては・・ »

2009年4月 3日 (金)

木工の前に

この時期は、いろいろとお問い合わせが増えるのは前に書いた通り。

いや、お客様からではない。
木工家志望の方からだ・・

もちろん、どんどんご質問いただいても結構。
私でお役に立てることであるならば、何なりとご回答いたしましょう。

ただ・・・
一応、マナーというものもあるので・・
以下ご注意。

まず、最低限名前は書きましょう。
問い合わせをするときに、自分の氏素性を名乗らないというのはいかがなものか?
こちら、回答する方も、ナナシノゴンベエさんへ・・とは書けませんわね。

次いで、最低限の修辞はつけましょう。
見ず知らずの人にメールを出すときに、友人に書くような文章では礼を欠くというもの。
まあ、大げさなものは必要ないが、手紙を書くときの修辞的決まりごとを押さえた上で、それなりの文章を書いてもらいたい。

そうすれば、受ける方も気分がよく、もちろん回答も丁寧なものになることは言うまでもないよ。


最後に・・
回答文を見た後に、やはりお礼の返信はしましょうね。

まあ、別にお礼が聞きたくて回答しているわけでもないのだが、しかし、回答文の作成にはそれなりに考え、時間をかけているのだよン。
回答をもらったあとは、なしのつぶて・・はないでしょう。


このようなことはごく一部なのだが、あまり気分の良いものではない。
そして、何よりもそのような配慮を欠くことをやっていると、肝心の木工という本業でも栄達するのは難しくなるのではないかな?

これら、携帯メールに多く見られる。
問い合わせがたったの3行なんていうつわものもいたりする。


木工を目指す前に、まず、礼儀とコミュニケーションの基本を身につけるべし。

そこんとこ、ヨロシク!

|

« 女性木工家 | トップページ | 極めて小市民な私としては・・ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

私もよくwebデザイナー志望の方から相談を受けますが、礼を欠いた問い合わせには一切返信しませんね。いきなり重い作品データを送ってきたり、自慢話ばかりのデザイナーからの営業メールなど、ホントごく一部の方ですが・・・。
ケータイメールに慣れすぎると、名前を名乗ったり前置きやお礼を忘れたりしますからね。短文の習慣化はコミュニケーションロスの時代なんでしょうね。「今日は忙しくて、短い手紙が書けません」と言った某作家のように、短い文は書くのに時間がかかるものですが、その意とは逆の現象が起きてる感じです。

投稿: パートシュクレ | 2009年4月 4日 (土) 01:54

こんばんわ、愛知県の齋田と申します。(笑)
似たようなこと、うちもよくあります。
この前も木工家志願の方から工房訪問希望のメールがあり、展示会前で忙しいので展示会終了後なら歓迎しますと返信しましたが、その後音沙汰ないですね。
展示会の案内も送ってあげたのに・・・。
回答に対するお礼の返信も、少ないですね。
期待はしてないですが、ちょっと寂しいです。
でもさすがにたった3行のつわものはまだいません。

投稿: 齋田 | 2009年4月 4日 (土) 21:39

パートシュクレさん・・
やはり異業種でも同じようなことがあるのですね。

メールはコミュニケーションが気軽にでき、便利になった分、儀礼というものが少しずつ軽視されるようになってきているように感じます。

特に、携帯メールの普及がそれに拍車をかけ、今では問い合わせも携帯から・・というのが少なくありません。

もちろん、携帯からでも一向に構わないのですが、ケータイ特有の文体そのままで送られてくるとさすがにちょっと退いてしまいますね。

アタシはアタナの何なのさ?

気軽なツールだからこそ、儀礼やマナーにはより敏感にならなければとも思うのですが、このような考えはもう古いのかな~?

ちょっと寂しく思います。


齋田さん・・
まさに、同病相哀れむ・・ですね。

このようなことはまだ一部なのですが、お気楽なメールの浸透とともに、徐々に増えてくるのではないかとの危惧を感じます。

若い人に多いことで、だから今時の・・と責めても仕方がないですね。

おそらく、若年の方はきちんとした封書の手紙などを書いた経験に乏しいでしょうから、古来よりの通信文の修辞や儀礼を周知してないのだと思われます。

でも、まだまだごく一部で、大多数の方は年代にかかわらず丁寧な文章を書いてこられます。

メールというハイテクツールでも、やはりそのような文章に触れると嬉しくなりますね。

ところで・・
名古屋木工家ウイークのパンフレット、ありがとうございました。

こちらでも宣伝部長となって、いろいろなところにアピールします。

当日は、美味しいきしめんのお店を是非ご紹介くださいね。
それだけを楽しみに、昼夜仕事に励むことにいたします。

投稿: 栗原@simple | 2009年4月 4日 (土) 23:41

お久しぶりです。

うちのような中途半端な所には、木工家志望の方からの質問は流石にありませんが・・・問い合わせておいて、なしのつぶてって言う方が結構いらっしゃるのには驚きました。
ま、お客様ですからと心を鎮めますが、ネットと言う顔の見えない状態のせいか、相手に敬意を払うとか、そう言う事の出来ない人が多い気がします。

ネットによって便利になった世の中ですが、マナーと言う点では悪くなった気がいたします。
かく言う私も・・・気を付けてはいるつもりなのですが・・・何処かで失礼な事をしていないかと。。。時々考えるようにしています。

投稿: とっちゃん | 2009年4月 6日 (月) 21:19

ネットコミュニケーションについては、気軽な分ドライな関係なのかもしれませんね。

良くも悪くも、それがネットというものなのでしょうね。

私もホームページを始めた頃はこの風潮に馴染めず、結構悩んだりしたものですが、最近ではすっかり慣れてしまって気にならなくなりました。

だから、丁寧なメールをいただいたりすると、とっても感動します。

ネットがコミュニケーションを帰る時代。
果たして、これからどのようになっていくのでしょうか?

でも、やはり礼儀や品格などは軸足としてしっかりしていたいですね。

投稿: 栗原@simple | 2009年4月 6日 (月) 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女性木工家 | トップページ | 極めて小市民な私としては・・ »