« 2年に一度の | トップページ | 圧倒されそうなときは »

2009年2月13日 (金)

小市民

吹きました。

春一番。

そりゃすごかったよ。
材木置き場の、雨よけのベニヤが吹き飛ばされたときは血の気が引いた。

春の嵐。
(そんな曲があったっけな?)

風はすごいが、湿り気があって生暖かい。
冬の間ずっと着込んでいたフリースをはじめて脱いだ。

週末から休日までは暖かく、来週は寒の戻りがあるらしい。

三寒四温。
そして、春は近づいてくる。

梅は咲いたか? 桜はまだかいな?

日本酒持って、観梅に出かけたいものだが、あの想像を超えた車検代を取り戻すために、今月は休日返上でがんばらねばならないかも?

いや、木工の動機付けに最も効果があるのは、やはりお金がらみだね。

金なんか関係ね~、納得いくものを作るんでぇ~
などという職人気質にあこがれつつも、目先の資金繰りに右往左往する小市民でございます。

まあ、とにかく、頑張りましょう(こればっかり)

|

« 2年に一度の | トップページ | 圧倒されそうなときは »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

金なんか関係ね〜。憧れますね( 笑 )

でも、お客さんのことを考え納得してもらえる(満足してお金を払って頂ける)仕事をする。
これもまた、幸せなのかもしれませんね。

と、修行中の自分が勝手にいってどうする!\(*`∧´)バシ!!

でも、ほんと日々自分に頑張れ!ですね〜。

投稿: motoraji | 2009年2月14日 (土) 21:16

motorajiさん・・
そうですね、やはりお客さんに喜んでもらえるのが何よりで、そのために木工をやっているようなものです。

ただ・・
そればかりが先行して、財務的なことにあまり頓着しない人がいます(結構多いかも?)

木工家といえば、貧乏自慢と相場が決まっていたりしますが、私は、その風潮にはどうも馴染めないでいます。

製作するものの対価として正当な価格はどのくらいか?
また、それを生業とするならば、月々、あるいは半期ごとの売り上げ、利益目標はどのように設定するか?

そのような、事業としては全く当たり前のことについて、きちんと、真剣に考えるべきと思っています。

そのあたりも含めて頑張ってくださいね。

投稿: 栗原@simple | 2009年2月14日 (土) 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2年に一度の | トップページ | 圧倒されそうなときは »