« どいつもこいつも | トップページ | チェ »

2009年1月17日 (土)

備えあれば

阪神淡路大震災より今日で14年。
時の経つのは早い。

地震は1月、3月は地下鉄サリン事件、そして9月に長男が生まれた。
未だにわが息子は、お前が生まれた年は最悪の年だった・・と事あるごとにいわれている。

その時、私はまだ会社員で、木工で独立するなど夢想だにしていなかったころだ。
当時は、ラジオ付き目覚まし時計を使っていた。
起床時刻にNHKのラジオが鳴る仕組みだ。

「あた~らし~い~あ~さがきた。 きぼ~うの~あ~さ~だ~♪」
が、毎日のこと。

その日、夢を見た。
地震の夢だ。

なぜか、自分が地震の中で右往左往している夢。
ふと気付くと、枕元でラジオが鳴っている。
いつものラジオ体操ではなく、なにやらアナウンサーがしゃべっている。

それが、私が聞いた第一報だった。

おそらく、夢うつつに放送を聴いており、それが地震の夢を誘発したのだろう。

ともあれ、飛び起きて階下へ降り、テレビをつける。
画面に民家が大写しになる。
住民が路上に出て不安げな顔をしている。
しかし、どこにも地震らしき兆候は無い。

カメラクルーも必死だったのだろう。
ラジオから次々と入ってくる情報に映像が全く追いついていなかった。
それほどに混乱していたのだ。

地震は他人事ではなかった。
わが社の神戸の工場は、液状化現象で操業停止に追い込まれ、取引先の営業部長は地震直下で直撃を受けた。
後日、話をする機会を得たとき、軽いPTSDに陥っていたようで、別人のように思えたのを記憶している。

時は流れ・・
数年前の福岡西方沖地震は、工房で体験した。
幸い、ここ北九州の震度は4程度で、大きな被害は無かった。

でも、その時はちょうど横切り盤を使っていたときで、700キロの横切り盤と、500キロの自動がんながぐらぐらしたときは生きた心地がしなかった。

その後、災害の備えは必要だと思いながらもまだやってない(反省)
でも、先日のこと・・・
戸棚の奥を見ていたら、なんと、リッツを発見。
ナビスコのリッツ、大好物だ♪

早速食べようとしていたら、カミさんが「ダメッ」と叫ぶ。
?????

「それ、非常食」

カミさんは、一応考えているようだ。

でも、先日ブレーカーが落ちて真っ暗になったとき・・
懐中電灯を出して、と言ったら、電池が無い、と言われた。

?????

備えあれば憂いなし。
皆さんもご注意アレ。

|

« どいつもこいつも | トップページ | チェ »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どいつもこいつも | トップページ | チェ »