« チェ | トップページ | う~ん »

2009年1月19日 (月)

失態

ネットコミュニケーションは難しい・・

ホームページがきっかけのお問い合わせなどは、やはりメールが主体となる。
気安く文書が交換できるのがメールの良いところだが、顔が見えないままのコミュニケーションとなるので、勘違いなども起きやすい。

だが、ホームページを立ち上げてからもう6年以上も経過し、この間多数のメールコミュニケーションで鍛えられてきたので、だいぶこれらの機微にも慣れてきたつもりだったのだが・・

失態をやってしまった。

慣れからくる驕りだったのかもしれない。

しかし、一度やってしまった失態を取り返すことは出来ない。
猛省の上、たるんでしまった緊張感を引き締め直さなければならない。

そう思った日だった。

|

« チェ | トップページ | う~ん »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

メールでのコミュニケーションって、リアルの会話より難しいと感じる時がありますよね。
特に会ったことのない人と仕事でメールするのってすごい緊張します。
例えば自分の質問に対して、言葉足らずの相手が意味不明な文を送ってきた時、洞察力で読み取ろうと努力するも解らず、再度質問する時の聞き方!人によってはクドいと取られたり気分を害する場合もあります。でも確かめないことには認識のズレで大問題になる可能性もある。そんな時は電話で確かめるに限ります。まてよ、電話が苦手でメールしてくる人かも・・・。などと悩みは尽きません。ワタシ20年近くメール使ってても根がアナログ人間なもんで、仕事の依頼はぜひ電話か対面でお願いしたいです、ハイ。

投稿: パートシュクレ | 2009年1月20日 (火) 00:23

おっしゃる通り、メールは難しいです。

てにおはの助詞の使い方一つで意味が全く違ってきますし、文章の癖などによってもニュアンスが左右されますので、それらを正確に読み取ってその背後にあるものをつかまなければなりません。

気が抜けない作業ですね。

今回は、それが緩んでいたようです。

こちらから発信する文章も、簡潔な方が意味は通りやすいのですが、でもちょっと冷たい感じがしますね。

対会社のビジネス文章ならばそれでも良いのですが、やはりお客様相手ではあまり好ましくないですね。

意味が正確に伝わり・
温かみが感じられて、あまり形式ばらず・・
しかし、馴れ馴れしくならない・・

これがメール文章かもしれません。


電話をかければ良いかもしれないのですが、これも対会社ならば遠慮はないのですが、お客様相手だとかける時間帯なども考えますし、ご指摘のように、あまり電話を好まないためにメールでお問い合わせになられたのかもしれないし・・

さらには、メール内に電話も住所も、そして名前も書かれないお問い合わせもたくさんありますし・・

良くも悪くも、これがネットコミュニケーション。
6年続けていると、さすがにそのあたりは鍛えられました。

でも、油断大敵。
今回は、ほとほと身に染みました。

投稿: 栗原@simple | 2009年1月20日 (火) 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェ | トップページ | う~ん »