« B-1グランプリ | トップページ | デザインらしくないデザイン »

2008年11月 4日 (火)

栄枯盛衰

ちょっと前のこと、息子から「栄枯盛衰ってなに?」と聞かれた。

どこでそんな言葉を耳にしたのか??
どうやら、歴史の授業で平家物語が出たらしく、その際に先生が口にされたのだろう。

それはね・・かくかくしかじか・・と説明したのだったが・・

今日の朝刊を見て、驚くと同時にこの言葉が大きく頭の中に響いた。
皆さんも同じ気持ちではなかろうかと推察するが・・

小室哲哉 詐欺容疑で逮捕!
一面トップですぜ。

何があったのか知らないし、あまり興味もないが、平家物語の一節は、時代を経て変わらず真理をついていることを実感したしだい。


盛者必衰、諸行無常。

これらの言葉も含めて、他山の石とせねばならぬ。
(まことに大きな石だが)


いろいろ考えされられたことだった。

|

« B-1グランプリ | トップページ | デザインらしくないデザイン »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

小室逮捕!
いや、くりびっ天仰ですよ
ホリエモンの逮捕の時よりオドロキです
彼はその派手な言動からバブルの象徴でしたからね。その時代を知ってる人間からするとまだまだバブルの後遺症は大きいんだなあ、と感じます。
他山の石、木工家にはさしずめ他山の砥石でしょうか。

投稿: パートシュクレ | 2008年11月 5日 (水) 22:42

他山の砥石! 
うまい、座布団一枚!!

小室哲哉は、私にとってちょっと複雑な思いがあります。

小室のブレークは私が入社してちょっとした頃から始まりました。
後輩とカラオケに行くと、彼ら(彼女ら)の歌は小室サウンドばかりで、なかなかついて行けず、初めて世代間ギャップを感じたものでした。

彼の曲で唯一好きなのは、渡辺美里の「マイレボリューション」かな。

その後は、いわゆるマーケティングを駆使した歌作りに変わっていって、金太郎飴のようになってしまったように思います。

宇多田ヒカルなど、個性派の台頭と逆比例するように退潮していきましたね。

でも、まさかここまで追い込まれているとは・・

ひとえに風の前の塵に同じ!

他山の砥石ですね。

投稿: 栗原@simple | 2008年11月 5日 (水) 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« B-1グランプリ | トップページ | デザインらしくないデザイン »