« キャビネット解禁 | トップページ | 真夏の納品 »

2008年7月11日 (金)

スポーツ大陸

NHKのスポーツ大陸を見た。
為末大。

言わずと知れた、ハードルのアスリート。

でも、昨年以来ぱっとしないな~ なんて思っていたら、先日北京オリンピックの代表に選出されていた。


その経緯を追ったのが今日のドキュメンタリー。

う~ん、そうだったのか。

コーチをつけず、ただ一人で考える。
そして、その結論として、ハードルを封印し、ひたすらスピードを磨くと言う選択をした。
フォームの改造。

そして、満を持してハードルへ復活。

結果・・・
惨敗。

選択が果たして正しかったのか?
苦悩の日々。

しかし・・為末は言う・・
「片方にオリンピックの金メダル、もう片方に銃弾が入ったロシアンルーレットがあるとしたら、自分はそれでも引き金を引かざるを得ない」

そして、さらに追い討ち。
足の故障。

オリンピック選考会は目前に迫っている。

結局、完治しないままの予選。
何とか予選は通過・・しかしタイムはその中で最下位。

誰もが敗退を予想した。

そして決勝。

ところが・・・ 勝った!


ううん と、思わず唸ってしまった。
これは一体なんだろう?

精神力の勝利?
それとも、なにかが憑依したのか?


自己を貫き通すことのすさまじさと、それに張り付く恐ろしいほどの孤独を見た。


オリンピックまであとひと月。
男子ハードルから目が離せなくなった。

|

« キャビネット解禁 | トップページ | 真夏の納品 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私も見ました。あれだけの条件下で勝ってしまう底力はうなされました。

決勝のスタート前の表情が映った時、成迫選手と為末選手とでは表情が歴然と違っていたように私は感じました。いろんな思いが強く表情に宿り凄味がありました。

こういう予測できない力を出す「人」って本当に面白いです。自分も精進すれば何か見えない力が出るのではないかと。

心に留めておきたいです。

投稿: 一色(どんぐり広場) | 2008年7月12日 (土) 09:56

一色さん

コメントありがとうございます♪

決勝レースの場面では、ちょっと鳥肌が立ってしまいました。
為末選手自身も、その爆発的な力をうまく説明できなかったようですね。

感情の爆発・・なんて言葉を言っていたのが印象的でした。


火事場の馬鹿力・・でもないのでしょうが、人間とは本当に感情に火がついたときに、とんでもない力を発揮してしまう生き物なのかもしれません。

しかし、華やかな背後で、あれほどの孤独があるとは・・

いろいろ考えさせられる番組でした。

投稿: 栗原@simple | 2008年7月12日 (土) 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キャビネット解禁 | トップページ | 真夏の納品 »