« 面取りで悩む | トップページ | 決戦は金曜日 »

2008年6月25日 (水)

無機的なライン

デザインは直線を基本としている。
直線は、簡単なようで実はかなり難しい。

直線・・
これ以上単純なものはない。

この、単純な組み合わせでどれだけのことを表現できるか?
毎度悩むところだ。


基本は直線。
そして、それに曲線を組み合わせる。

曲線も有機的なものではなく、できるだけ単一Rの単純なものを用いるようにしている。

別に大層な思想があるわけではない。
何となく、それが好み・・という程度のことだ。


木は、天然素材の代表とも言えるもの。
もちろん、それ自体有機的な表情をしている。
それが人を惹き付けるのだろう。

その有機素材を、無機的なラインで切り取る。
そこに緊張感が生まれる。
な~んて、思ったりする。


実は、今日も座面のラインで悩んでいた。
悩むほどに、だんだん考えは複雑な方へ行きそうになる。
そのような時、そのカウンターバランスとして自戒するのが単純なラインのこと。

できるだけ無機的なシルエットを求める。
その先に、解決が見えることが多い。


いや、たいした思想はない。
それが好み・・という程度のものだ。

・・など、独り言・・


|

« 面取りで悩む | トップページ | 決戦は金曜日 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

 私もデザインはできるだけシンプルなものを、と考えています。したがって直線や円弧・楕円・放物線など、数式的に描けるようなラインが基本です。そのほうが結局は使いやすく、飽きないし、自然物とはことなる適度な緊張感があって好ましいと思います。むろんこれは良し悪しではなく、詰まる所は嗜好の問題でしょうが、有機的なデザインは他の人にお任せします。cat

投稿: 木工房オーツー:大江進 | 2008年6月26日 (木) 07:04

私もシンプルを屋号にしていますので、有機的なラインは看板に偽りありとなってしまいます(苦笑)

クラフトの逸品や芸術品のような造作にはあまり興味がわきませんし、スタイリッシュなものにも嗜好が向きません。

もっと素朴な、でも野暮でない・・
そんなものを作りたいな~ と思っていますが、なかなか難しいです。

投稿: 栗原@simple | 2008年6月26日 (木) 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面取りで悩む | トップページ | 決戦は金曜日 »