« 想像力2 | トップページ | 19年ぶりの »

2008年6月21日 (土)

想像力3

つづき・・

家具の安全について・・
だいぶ前のこと、ある木工作家の子供椅子を見てびっくりしたことがある。

椅子の先端が鋭角に尖っており、背板には丸い穴が開けられている。
もし、目をついたりしたら、そして、穴から指が抜けなくなったりしたら・・・

続いて、私の例。
HPには載せていないが、実は子供用の玩具なども作っている。

以前、木馬を作った。
なかなか良い出来栄えで、試しに保育園生だった息子を乗せてみたところ、びっくりするほど揺すったあげく前のめりに転倒し、顔から着地する羽目になった。

これは、木馬に取っ手をつけていたためのこと。
取っ手があるがゆえに、思いっきり揺することができたというわけなのだ。

以来、木馬を作るときは取っ手無しのデザインとしている。


子供は何をするか分からない。
まさに、想定外行動のオンパレードだ。


物づくりにとって、設計にとって、最も重要かつ難しいことは、あらゆる使われ方の想定をし、それらに対して危険のないよう配慮した構造を考えることだ。


やはり、以前のこと・・

工房に木工家志望の人がやってきた。
話を聞くと、子供家具作りをしたいとのこと。

どうすればよいのかとの質問に対して上のような話をし、保育園や幼稚園にヒアリングに行くことをアドバイスした。

怪訝な顔をしていた。

果たして、彼女は今何を作っているのだろう?
あらゆる危険に対して、十分な想像力を発揮しているものと期待している。


そして、自身もさらに戒めなければと思ったしだい。
想像力・・物づくりに最も必要な資質かもしれない。

|

« 想像力2 | トップページ | 19年ぶりの »

設計について」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
今回の記事、非常に興味深く拝見させていただきました。
おままごとキッチンやベビー箪笥を作ったりしていますので、子供の行動を一生懸命考えて作ります。

幸い、うちの子が3歳と7歳でして、彼らの行動は凄く参考になっています。
ほんんんんっっとに子供って、大人の想像を遥かに超える行動をします。

ベビーベッドの柵を乗り越えて落ちる・・・・。
はしゃいでチェストに突進してたんこぶ作る・・・。
安全の為に付けたコンセントカバーに頭からこけて額にコンセントカバーの角の型が付いた・・・。
ソファに突撃してそのまま向こうまで吹っ飛んで落ちる・・・。
持ち上がらないはずの重いソファの下敷きにナゼかなってる・・・・。
銀行の椅子と椅子の隙間に膝を挟んで取れなくなる・・・。(銀行員さん、すみませんでした・・)
もう!!ほんとにたまりません・・・・うちの子は!!
そんな子達のお陰で、色々想像しながら作るのですが、完璧って無いですよね。

想像力、本当に大切な仕事だと思います。
有り難う御座います。

投稿: とっちゃん | 2008年6月23日 (月) 17:57

コメントありがとうございます。

そうなんですね、子供って本当に大人の理解を超えた行動をします。
でも、考えてみれば自分達もそのようにしてきたはずなのに、忘れてしまっているんですね。

余談ですが・・
私の工房にも木工家志望の方々が良くおいでになるのですが、子供家具を目標にしている方も少なからずいます。

女性に多いかな?
多分に体力的な要因と言えるようです。
女性に大型家具は重すぎますからね。

ただ、気になることも・・
どうも、子供家具を気軽な家具として考えている傾向が強いように思います。

これは大きな大間違いで、こと安全性に関しては子供家具の方がはるかにその重要度は高いのですね。

私も以前手がけようとしたこともありましたが、自身の想像力の貧困さにあきらめて、最近では大人用専門のようになってます。

ともあれ、お互い想像力を磨きましょう。

投稿: 栗原@simple | 2008年6月24日 (火) 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 想像力2 | トップページ | 19年ぶりの »