« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

手作り感4

手作りって・・一体何なのか?

私のことを考えてみる。
実は、私は手作りという言葉にとても弱い。

例えば、手作りウインナー 手作り饅頭・・ 
高速のサービスエリアでこのような幟があると、フラフラと吸い寄せられてしまう。


手作り・・
それは、機械の使用頻度などという作り手側の一方的な定義などではない。
もっと単純に、大量生産、規格品の対語として捉えられているものではなかろうか。

そこでしか手に入らないもの。
生産者の顔が間近に見える距離で生み出されるもの。

そのようなものを総称して「手作り」と呼んでいるような気がする。
お客さん側からの視点だ。


このように考えるならば・・・
手作りという言葉・・その範囲がとてつもなく広いことに気付く。

そして、さらに戸惑うことになるのだ。


つづく

| | コメント (0)

2008年5月29日 (木)

手作り感3

つづき

手作りということをどのように考えるかは各自の自由だ。
だが、機械使用の頻度や用い方を一つ一つあげつらって、これは手作り、これは手作りでない などと分類するような論には生産性を感じない。

これには、最も大事な視点がすっぽりと抜け落ちている。
この手作り論は、作り手の立場から見た分類で、お客さんの視点がまったく入っていない。

一体、お客さんが、この家具のどこまでが機械加工で、どこからが手加工か? などと、気にするのだろうか??

家具作りを生業にするのであれば、最も大事で忘れてはならないのはお客さんの視点であるはず。
それが抜け落ちている以上、それは商売としての家具作りの本質を外した非生産的なものと言わざるを得ない。


では、改めて問う。
手作りとは一体何なのだ?

ソレガワカレバクロウシナイゼ・・・(ブツブツ)


つづく

| | コメント (4)

2008年5月28日 (水)

手作り感2

手作り感・・・

ついうっかり書き始めてしまったが、これ、結構難しいテーマだ。
いまだに、全く結論も見えていない。

なので、今から書き進めることも、もちろん回答があるわけではない。
また、あちこち話が迷走してしまいそうなので、あらかじめご容赦いただきますよう。


そもそも、手作りって何だるう?
という疑問からはじめてみる。

これ、木工をされている方なら、おそらく一度は考えたことのあるテーマではないだろうか?

例えば、弊工房の場合・・
製材から始まって、加工はほとんど機械で行う。
機械で板を作り、機械で穴をあけ、機械でほぞを切る。

仕上げには手鉋を掛けるが、その後の素地調整はやはり機械だ。

機械でできることは機械でやる。
それが、木工を職業にしている身としてはごく標準的な構えだろうと思う。

そもそも、それでないと到底採算が取れず、商売として成立し得ない。


なので、これだけ機械を使っていれば手作りとはいえない・・と言う意見を良く聞く。

なるほどね・・と思う。

じゃあ、手作りを標榜するためにはどうあればよいのか?
と、少々開き直り気味に問うてみたい。


・森に分け入って
・斧で木を切り倒し
・馬車で材を運んで
・大鋸で材に挽いて
・手鉋で製材し
・のみで穴を掘り

・・・ このあたりで止めておこう。

機械を使わないとはこういうこと。

この同じ理屈を適用すれば、手作り雑貨、手作りパン、手作りケーキ、手打ちうどん などなど・・
全ての手作りを標榜するお店は、ことごとくその看板を下ろさねばならぬ。


かなり極端なことを確信犯的に言っている。
と言うのは、手作りを定義するのにこのような論を展開することの無意味を言いたいからなのだ。


なので、私はこのような論には与しないし、興味もない。


つづく


| | コメント (0)

2008年5月27日 (火)

手作り感

何とか腰も回復して一安心。
今週は、写真撮影や納品などで、重いものを持つ機会も多い。
予定に支障が出なくて良かった~


さて、今日は組み手の加工。

私は、どちらかと言うと組み手を用いることにあまり積極的でない。
組み手は、見た目がとても華やかになり、手づくり家具ならではの醍醐味を感じさせるが、作り手の技巧を顕示しているような感もあり、少々気恥ずかしい思いがしたりする。

なので、あまり積極的に用いることはない。
でも、絶対に嫌というわけでもないので、お客様のご要望などで加工することは全く吝かではない。

また、デザインによっては、組み手を用いた方がより収まりが良いと感じることもあったりするので、そのような時にはためらわずに用いることにしている。


回りくどいことを言っている。


まあ、要するにデザインはいつも悩ましいと言うことだ!!


そして、これを考えていく上で、いつもジレンマに陥ることがある。

それは、「手作り感」についてなのだ。


つづく

| | コメント (4)

2008年5月26日 (月)

プチぎっくり腰2

今日は起き上がるのも大変。
ベッドに寝た状態で、横にごろごろと転がってベッドから降りる。
立ち上がるときは、ベッドの縁に手をついてそろそろと・・・

第一関門突破。
つづいて第二関門は?

靴下。

さて、どうやって履こうか?

ホントに、腰が悪いというのは難儀なことだ。


ようやく靴下を履き、腰に貼った湿布を取り替える。
やれやれ。

休みにしたいが、有給休暇なんて無い身ではそうもいかぬ。
デスクワークは? いやいや、余計にまずいかもしれない。

なので、工房に入って作業。
結局、これが一番落ち着く。

とにかく、腰を不用意に動かさないように・・
腹筋に力を入れて・・
そろそろと進める。

すると・・
動くことで筋肉のこわばりがとれてきたのか、湿布の効果か?
午後から少しずつ症状が改善されてきた。

ほっと胸をなでおろす。

まだまだ油断大敵だが、とりあえず峠は越えた模様。
職業病?
加齢?

数年に一度のありがたくないサイン。
体を大事にしろ・・という戒めの兆候かもしれない。

皆さんも、くれぐれもご用心くださいね。

| | コメント (3)

2008年5月25日 (日)

プチぎっくり腰

今日は次男の小学校運動会。
もちろん、見に行きましたよ。

さて、そのお弁当タイムのとき・・
ちょっと体をひねったときに、ピキッと言う嫌な感触が・・

腰。

やばい。

これ、数年に一度、恒例のサイン。
ここで不用意に動くとぎっくり腰になってしまうだろう。

こどもの運動会に来て、ぎっくり腰で、担架で運ばれる?
ぎょえ~ 末代までの恥さらし。
親の威厳急降下・・ いや、地面に激突して地下にもぐりこむこと間違いない。


そのままの状態で腰を固める。
腹筋に力を入れて、これをコルセットのようなイメージで背筋から腰を保護する。

そして、ゆっくりと呼吸を繰り返しながら、左右、上下へほんの少しずつ動かして様子を見る。


すると・・・

またまた、ピシッ!

きた~(織田裕二風に)


再度、その位置で腰を固定し、再びゆっくりと動かしてみる。
幸い、痛みが一気に走ってぎっくり腰に至ることはなさそうだ。


少し呼吸を大きくしながら、ゆっくりと筋肉のストレッチにかかる。
それを繰り返して・・・ なんとか立ち上がることができた。

この仕事、いや、この仕事には限らないが、ぎっくり腰は恐ろしい。
今回も、全く予兆がなかった。

ただ、私の場合、一気にぎっくり腰までに至ったことはなく、必ずこのようなサインが警笛を鳴らしてくれる。
とりあえず・・よかった。

さて、明日からはまた用心の日々だ。

数年に一度の恒例。
もう、勘弁して欲しいね~

| | コメント (3)

2008年5月23日 (金)

木工教室

この仕事をやっていると、木工を教えてくださいとのお問い合わせをいただくことがよくある。

が、弊工房では、そのようなことはやっていないので悪しからずご了承くださいませ。

そもそも、こんな狭いところでは木工教室なんてできるはずないわね。
危なくて・・


そう、木工って、かなり危ないのだ。
強力な木工機械は、一瞬の気の緩みが大怪我につながる。

なので、安全確保が何よりも最優先で、それをまず心がけねばならない。

何故こんなことを改めて強調するのかと言うと、木工教室でありながら、この安全対策が必ずしも十分とはいえない場面を見ることがあったりするからだ。
たまたま見たテレビで、そのような風景が写っていたり、人づてにそのような風評を聞いたりすることもある。

訓練校にいた頃、怪我をした場面に立ち会ったり、キックバックの瞬間を目撃した身からすると、それらを見るにつけ、聞くにつけ背筋が寒くなる思いがする。

もしこれをご覧の方で・・
今から木工をしてみようかと思っており・・
そこで、木工教室でも行こうかと考えていらっしゃる方がいたら・・・

くれぐれも安全対策がしっかりしているところを選んでください。

指は一瞬で落ちます。
後悔先に立たず・・ご用心、ご用心。

| | コメント (2)

2008年5月22日 (木)

空回りの日々

どうも、いかんいかん。
ここのところ、気持ちばかりが先行して、何だか空回りしているようだ。

本日、仮組みのとき・・・
取り回しを誤って、ユニットを落としてしまった。

ユニットに傷・・・
ぐわぁぁぁ~(絶叫)

しかし、動揺してはダメだ。
凹み具合を良く観察し、修復の手段を考える。

蒸すか・・

まずは布切れを水に浸し、凹んだ部分に被せる。
そして、その上からアイロンを当て、凹みを蒸すのだ。

凹みの強制回復法。

蒸すことで、つぶれた木の繊維を膨張回復させ、凹みを元に戻すのだ。
しばらく試していると、だいぶ元に戻ってきた。

そこで、もう一度鉋を掛ける。
(鉋がけ可能な箇所でよかったよ、本当に)

ようやく完全回復。
ほっと、胸をなでおろす。

しかし、1時間ほどのタイムロス。
気持ちが焦るほど、全ては逆効果に作用する。

わかっちゃいるけど・・
年に何回か、このようなマイナス連鎖に陥ることがある。
スランプ?

このようなときは、
焼酎飲んで、寝よう。

。。。。(( T_T)トボトボ 

| | コメント (0)

2008年5月21日 (水)

大失態

今日も晴れ。
さて、晴れている間にあれして、これして・・

朝一番で今日の段取りを考える。
よし、あとはこの通り進めるのみ。

せっせ、せっせ

なんとか予定通りで夕方に一息つく。

そして今後の予定確認のために手帳を見ると・・

・・・

うぉあ!! coldsweats02

今日、打ち合わせだった!!!!

四時の予定。
しかし、今はすでに四時を回っている。

血の気が引く shock


とにかく・・電話
いいわけ無用、平謝り

ダッシュで向かう。
お客様宅が車で数分と、比較的近くだったのが不幸中の幸い。
お客様のご好意で、無事打ち合わせ終了。

大失態。

以前、同じような失敗をしそうになったことがあり、その時の反省で、朝に必ずスケジュールを再確認することにしていたのだが・・
今日は  やってなかった。

あってはならない大失態。
猛省。

気を引き締めなおして、再発防止の手段を考えねばならない。

| | コメント (2)

2008年5月20日 (火)

やることは・・

首都圏は低気圧の影響で大変だったようだが、こちらは穏やかな晴れ。
昨日が大雨だったので、ほっとする気分。

さあ、晴れているときを狙ってあれやこれやと、いろいろやらなければならない。

納期計画、工程をもう一度練り直す。
が・・ う~ん、どうするかな(汗)


どうも、気持ちばかりが焦ってしまう。
相手は気まぐれな天然木。
そうそう思い通りにはなってくれない。

ともあれ、前に進まねば。

明日も晴れ。
さあ、やることはいっぱいだ。

| | コメント (0)

2008年5月19日 (月)

サザンよ 永遠に

サザンオールスターズが無期限活動休止だという・・・

ショックだ!

サザンのデビューは、私が高校生のとき。
ザ・ベストテンのスポットライトで見たのがはじめて。

「勝手にシンドバッド」
コミックバンドかと思った。

翌日の学校では、その話で持ちきり。
面白いが、一発屋だろうということで一致していた。

それが・・・

C調言葉にご用心
いとしのエリー

これはただ者ではない。
それまで洋楽ばかりだった話題に、俄然サザンが食い込んでくることになった。

すごいが・・コピーできない。
桑田のボーカルは、カルチャーショックだった。

YAYAあの時代を忘れない
OH クラウディア
栞のテーマ

珠玉のバラードは、今でも時折カラオケで歌ったりする。

大学時代、夏にバイクでツーリングしていた頃は・・
ミスブランニューデイ
匂艶 THE ナイトクラブ

メロディーを思い浮かべるだけで、当時の暑い夏の日が甦ってくる。


就職してからは・・
出張などで他社の方々と交流するとき、話のきっかけはやはりサザンだったなぁ~


あれから30年。
いつかはこのような日が来ることは分かってはいたけれど・・

一つのなにかが終わった。
ちょっと今日は感傷的な気分かも。


好きな曲は数え切れないが・・
隠れた名曲? これをご紹介。

素敵なバーディー

でも・・
解散じゃないのだよね。

いつか、また・・
その時を楽しみに待っていよう。

サザンよ、永遠に。

| | コメント (6)

2008年5月18日 (日)

山行

ここのところ、すっかり山行がブームとなっている我が家。
今日も登るのだ。

足立山。
北九州在住の方ならご存知の通り、わが町で最も愛されている山だ。

我が息子たちはまだ未踏峰。
で、景気づけに登ってしまおうということで、いそいそと出かける。

ルートは・・・
まず、小文字山に登り、尾根伝いに足立山。
そして、砲台山へ立ち寄り、妙見神社へ下る。


全工程は4キロほどで、それほど長くはないが・・
登りは全て直登となり、相当にハード。

鎖場などもあり、真上に登っていく感じ。


長男は確実に、黙々と登っていくが、次男は泣き言、文句たらたら。
なだめすかしながら引っ張っていく。

このようなところに、息子たちの性格の違いが出て面白い。

それでも、何とか無事縦走完了。
お疲れ様でした。

下山後は、ケーキ屋で甘いものを補給。
温泉で足の筋肉を揉み解し、
門司港の横丁に新しくできたお好み焼き屋「ら・たむ」で、絶品のお好み焼きを堪能。

いや、充実した休日であった。

さあ、今日はぐっすり寝て、来週も頑張ろう!

| | コメント (0)

2008年5月17日 (土)

鋸入れのときは

さあ、木取り木取り。

原木から適材適所で切り分けていく作業。
毎度毎度悩ましい。

特に、原木がとても素晴らしいものだったりすると尚更だ。
一度鋸を入れてしまったら、もう二度と元に戻すことはできない。

機械にセットして逡巡する。
切ってしまってよいのか?

それは、この天然素材を切り刻むという行為に対して、後ろめたさや、あるいはちょっと大げさな言い方をすれば畏怖のようなものを感じるからだ。

自分よりも年上の木。
仕事とは言え、やはり最初に鋸を入れるときは少し儀式めいたことをしたりして、その迷いを取り去るのが常だ。

午前中いっぱいかけて完了。

午後からは息子たちとキャッチボールで汗を流し、夕方からは打ち合わせへ。

土曜日の陽気な一日。
木工家の日常は、このように過ぎてゆく。

| | コメント (0)

2008年5月16日 (金)

当世あいさつ事情

中学校のPTAの仕事。
あいさつ運動。

朝、学校の校門に立って、登校してくる生徒におはようの挨拶をする。
今日はその当番日。

中学生といえば、精神的に最も不安定な時期。
そして、あいさつなどの基本的な生活習慣が乱れやすい時期でもある。

果たしてどうなるやら? と思っていたのだが・・
意外なことに、9割方きちんとあいさつを返してくれる。

「ふ~ん」 (ちょっと感心)

ただ、自らあいさつをしてくる子は稀。
こちらから声をかけると、小さな声でぼそぼそと「おはようございます」と返ってくる。

まあ、中学生ならこんなものかな?


そして、ちょっと気になったこと。
皆、姿勢が悪いね。

何となく前かがみで歩いている。
体を真っ直ぐにして、胸を張って歩くと気持ちがいいよ。

と思いながら、自分の中学時代を振り返ると・・
やっぱり、こんな感じだったかなぁ?


悩み多き中学時代。
皆、頑張れよ!

| | コメント (0)

2008年5月15日 (木)

蚊が出る

蚊が出始めた。
ついにこの季節がやってきたか。

首筋が痒い。
気がつくと、喰われていた。

まあ、街中工房なので、郊外や山の中よりは少ないかとも思うのだが・・
蚊が飛ぶ羽音が聞こえると、それが気がかりでとたんに集中力が落ちてしまう。

さて、蚊の対策!
今までいろいろ試してきて、結局は昔ながらの蚊取り線香が一番との結論。

今年は金鳥にするか?
アースにするか?
それとも、ホームセンターで安売りしている怪しげなノーブランドにするか?


蚊取り線香も、メーカーによって匂いが全然違うのだ。

う~ん、今年は金鳥の気分かな?

蚊との格闘。
今年も戦闘開始なのだ。

| | コメント (2)

2008年5月14日 (水)

面取りカッター

こども椅子の製作中。

何を隠そう、弊工房のロングセラーにしてベストセラー・・
数カ月おきに、まとめて製作している。

こども椅子といえども、もちろん手抜き無し。
まとめると、パーツ数も100を超える。

単純作業の繰り返しとなる。

だが、実は、このような時は生産性を上げやすい。
一つの加工スピード向上が、数がまとまると大きな時間短縮につながる。

そこで、最近購入した新兵器登場。
面取りカッター。
特注品で、頻繁に使う2種類のボーズ面をとることができる。

昇降盤にセット。
セット後は次々と材を送るだけ。

トリマーの数倍のスピードアップが可能だ。

量産工程の場合、今まで面取り工程が悩みの種だったが、これが劇的に解消された。


さて、次はどこにメスを入れようか?

材料費高騰の昨今、常に工程改良は使命だ。

| | コメント (0)

2008年5月13日 (火)

当たらない

天気予報が当たらない。

今日は、午前中が雨の予報だった。
だけど、晴れsun

それでもラジオを聴いていると、今は晴れているけれど、大気の状態はきわめて不安定で、いつ降るかも分からない・・
なんてことを言う。

むむむ・・・

この仕事は天気に左右される。
雨が降るとできない工程も多いので、天気の推移はとても大事なのだ。

天気予報を聞きながら予定を組み立てる。
しかし、その予報が当たらない!!


本日の工程・・ 塗装。
だが、雨が降るとできない。

予報は雨。
しかし、外は晴れ!

さあ・・どうする??

空を見ても降りそうな気配はない。
そのうち、快晴になってきたぞ!!

でも、予報は相変わらず雨。


ええ~い!
もうやっちゃえ~

ということで、塗装開始。
そして、無事終了。

外は・・・
やはり晴れ。


・・・・・


明日は?
午前中まで雨が残るらしい。

・・・

ホントか~??


天気予報に振り回される日々。
大変だよ、ホントに。

| | コメント (0)

2008年5月12日 (月)

体が資本

昨日のキャッチボールのせいで、体のあちこちが筋肉痛。
情けないね~

特に、上腕筋や、背中の三角筋などのダメージが大きいようだ。

一方、下半身は大丈夫。
これは、明らかに日々のジョギングの成果だ。 ウシシ


とまあ、このような状態で、上半身のみ筋肉痛という、アンバランスな体調で作業中。


でも、ふと思った。
ここ数年、慢性の肩こりというか、肩の痛みに悩まされ続けているが、定期的に上半身を動かすことでひょっとすると克服できるかいな?

なんてことを目論んだりしている。

全ては体が資本。
やはり、適度な運動は必要ですね。

| | コメント (4)

2008年5月11日 (日)

キャッチボール

午前中は仕事・・

天気が良いので、午後からは家族で外出。
近所の公園で、息子たちとキャッチボール。


最近、おそらく全国的なことなのかもしれないが、DSなどのゲームが蔓延し、近所の空き地も減って、外で野球などで遊ぶことが減っている。

そうなのだ・・
考えてみると、我が家の息子たちも自前のグローブを持っていなかったので、先日あわてて購入したしだい。

そこで、近所の公園でキャッチボール。


むむむ・・・
どうも、基本ができていないようだ。

握り方、投げ方、受け方などの基本を教えながら、少しずつ進めていく。
ゲーム全盛の今日にあっても、やっぱり体を動かして汗をかくスポーツは楽しいよ。

いや~ 今まであまりこの方面はフォローしていなかったな~
と、親としてちょっと反省したしだい。

でも、親子でキャッチボールができるのは嬉しい。
そんな幸せをしみじみと感じた日曜日だった。

| | コメント (2)

2008年5月10日 (土)

ジョギング その成果は? 7

ジョギング、継続中。
最近は生活の一部となってきた。

ところで、先月は少し変化あり・・
長男が「自分も走りたい」と言ってきた。

ほほ~(喜)

では、ついてくるか?

というわけで、一緒に走っている。
少しペースを落とし、距離を短くしてのんびりと走る。

継続は力。
ジョギングを通して、それを感じてくれればなぁ~


何気なく始めたジョギング。
すでに8ヶ月目に突入した。
そして、息子の参加で、いよいよ止めることができなくなってきた。

でも、今からはだんだん暑くなる。
果たして、これを乗り切ることができるのか?

次回報告を待て!

| | コメント (2)

2008年5月 9日 (金)

着色と緊張

キャビネット製作中。
何だか、今年に入ってキャビネットばっかり作っている気がするな・・

材はホワイトオーク。
固い。
逆目も起こりやすい。

注意注意!


特に、今回は着色するのでさらに注意が必要だ。
いつもはクリア仕上げがほとんどなのだが、このキャビネットはちょっと和風テイストな物になるので、久しぶりに着色することにしている。

着色には素地の調整がきわめて重要だ。
逆目など、素地にわずかな乱れがあると、着色によってそれが強調され、仕上がりの品位が極端に落ちてしまう。

緊張するね。

鉋の刃を研ぎ澄まし、そろりそろりと引いていく。
研ぎの頻度も、通常よりは多め。
逆目を引かないように・・

次のサンディングでは、ハンディータイプの蛍光灯を間近に当てながら、素地に乱れがないか眼を皿のようにして確認する。
そして、素地が均一になるように念入りに研磨する。


いや~ 疲れます。


本日で本体の組み立て完了。
続いて扉などの造作へ・・

緊張はまだまだ続く。

| | コメント (2)

2008年5月 8日 (木)

物づくりは麻薬

ちょっと面白いお問い合わせ・・
ある実用新案の試作。

図面をご持参いただいて打ち合わせ。
初めて見る構造。

家具ではない。
あるものを作るための冶具と言えるのかな?

聞くところによると、最近あるものを作るのが巷で密かなブームになっているらしい。
しかし、そのあるものを作るための道具は、どうやらあまり使いやすいものではないらしい。

そこで、新しいアイデアを考え、それを形にしようということ。
素材は木・・ そこで、私に白羽の矢が立ったという顛末。


お話を聞きながらちょっとワクワクしてきた。
どのようなものにせよ、全く新しいものを生み出そうとする気概が熱く伝わってきた。
これも物づくりの醍醐味・・
良い刺激になった。


さあ、将来のことはどうなるか分からないが、新しいものの立ち上げの瞬間に立ち会えるのは理屈抜きに嬉しい、楽しい♪

さあ、この冶具・・
どのように作るか?

それを考えるのも、また楽しい♪

物づくりは麻薬だね。

| | コメント (4)

2008年5月 7日 (水)

連休は

さあ連休明け、ブログ再開!
皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?

我が家は、鹿児島は霧島にて3泊のキャンプ。
満喫♪

思い返すと、開業して3年ほどは土日も連休もなく、家族にはつまらない思いをさせた。
その罪滅ぼしの意味をこめて、ここ数年、連休は人並みに休みを取っている。

(納期遅延の中、お待たせしているお客様には申し訳ない限りでございます・・)


さて、今回の主な目的は、霧島連山のトレッキング。
そして、鹿児島名産の黒豚を食すること。

幸運なことに、好天に恵まれてトレッキングではとても美しい霧島連山を堪能することができた。

天孫降臨の神話の舞台。
韓国岳から中岳へと至る尾根の美しさ、そして、高千穂の峰の山容は、神々の居る場所にふさわしい威厳を感じさせる。

眼下には桜島が、そして錦江湾から薩摩半島、大隈半島を経て太平洋が広がる。
それらを見ながら頬張るおにぎりの美味しいこと♪


黒豚は・・
鹿児島市内のとんかつ屋さん。

事前にインターネットでリサーチした店へ直行。

いや~ ホントに美味しかった。
食べ物の味をくどくど書くのはあまり趣味でないので割愛するが、幸福・口福♪
いやいや、大満足。

そんなこんなで連休を満喫したしだい。

さあ、今日から業務再開。
まずは迷惑メール600通の処理から始まったのだった。

連休中にお問い合わせをいただいた皆様、順次ご回答いたしますので少しお待ちくださいませ。


| | コメント (0)

2008年5月 2日 (金)

連休のお休みについて

お知らせ

5月3日(土)~6日(火)まで休みです。
この間にいただいたお問い合わせについては、7日以降の回答とさせていただきますので、よろしくお願いします。


さて、昨日はお客様をお迎えして打ち合わせ。
なんと、兵庫県よりはるばる600キロの距離を車でおいでいただいた。

ただ恐縮するばかり・・・

いろいろなお問い合わせや、このようなご来訪をいただくたびに、インターネットの力を実感する。

この駄ブログも、日本各地でいろいろな方が読まれているだろうことを考えると、こんないい加減なことばかり書き散らかしていて良いのだろうか? などとしばし自答するが・・焼酎を一杯飲むとすっかり忘れて能天気になる性根のなさ・・トホホ

ともあれ、このブログも明日から四日間お休みです。
7日より、いい加減度合いをアップしながら再開しますので、皆の衆・・しばし・・サラバ!

| | コメント (0)

2008年5月 1日 (木)

○眼2

最初におかしいなと思ったのは、図面を書いているとき。
方眼紙に真っ直ぐ書いているはずなのに、線が何となく斜めになっていたりする。

???

書き直しても、どうもうまく行かない。


???

小学生でもできることが・・なぜ??


次には、ほぞの墨線を確認するとき、どうもコントラストが甘い。
鉛筆が薄いのかな? と思って引きなおしても、同じ。


なにか変だ。


近づけてみても、あまり良く見えない。

これって・・・(汗)

めがね(近視用)を外す。
そして近づけてみると・・ クリアに見える。


やはり・・・(油汗)


○眼!! ガ~ン!!


その日は、かなり凹んでしまった。


まあ、でも仕方がないね。
というわけで、それ以降細かいものの確認は、眼鏡を外して近づけて見ている。
もともと近眼なので、これでいいのだ。


難儀なことだが、加齢には勝てません(寂)


いかがでしょうか? ご同輩。
まあ、白髪と同じで逆らっても仕方のないこと・・
ボチボチやりましょう。

| | コメント (5)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »