« 小分け睡眠 | トップページ | 孤独のグルメ »

2008年4月18日 (金)

憂鬱な

機械の鉋・・
この刃の交換は憂鬱な作業だ。

コンマ数ミリの精度が要求されるため、その調整は微妙で繊細。
神経を使う。

交換後は、その他の機構の微調整も必要になる。
そして、これが一発で決まったためしがない。

試験削りをしながら、少しずつ微調整。


と、このような苦労をしながら先日手押し鉋と自動鉋の刃を交換した。


う~ん、気持ちいい。
削り肌はぴかぴか♪

などと口笛を吹きながら削っていると・・

??? あれ???

材に嫌な傷が・・

・・・


いやな予感。


カバーを開けて、交換したばかりの刃を点検。

あああ~ (絶叫)
やっぱり、刃が欠けている。

おそらく、材に金属か小石か・・そのような微小な硬物が噛んでいたのだろう。

ついてないな~。


また新しい葉に交換するか?
それとも、欠けた部分を避けながら当面このまま使い続けるか?


刃の交換は憂鬱だ。

|

« 小分け睡眠 | トップページ | 孤独のグルメ »

木工 日常の仕事」カテゴリの記事

コメント

刃の交換、調整って・・・・死ぬほど嫌いです・・・・それを・・・・2度も・・・うううう。
お察し申しあげます。

投稿: とっちゃん | 2008年4月20日 (日) 08:28

いえ・・
欠けたところを避けながら、だましだまし使ってます。

予備の替え刃が1セットしかなく、それも研ぎ上がりが間に合っていませんので、急遽もう1セット購入することにしました。

まあ、近々買わなければいけないな~と思っていましたので、良いきっかけになったと思います。

新しい刃がきたら交換です。
ああ、今から憂鬱だな・・

投稿: 栗原@simple | 2008年4月21日 (月) 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小分け睡眠 | トップページ | 孤独のグルメ »