« ジョギング その成果は? 4 | トップページ | 本日も »

2008年2月 1日 (金)

夢追い人たち

さて、一昨日のこと。
木工家志望の方ご来訪。

この度の訪問は二度目で、最初は昨年のゴールデンウイークの時だった。
脱サラして木工をやりたいとのことであったのだ。

そして、その思い通り昨年秋に退社し、来る四月から埼玉の訓練校へ行くとのこと。

う~む、その決断力、行動力に敬意を表します。


で、入校前にはるばる埼玉よりまたおいでになられた次第。
壮行会のような感じの飲み会になったという顛末なのだ。


同世代。
不惑にして全くゼロからのスタートとなる。

何かをはじめるのに年齢は関係ない! とよく言われたりする。
確かにそうかもしれない。
でも、歳を重ねるほどに、様々な周囲環境や、身体の衰え、その他有形無形の事々が重く圧し掛かってきて、新しく一歩を踏み出すときの足かせ、錘になるのはどうにも避けようがない。

それも重い現実。

そして、この歳になれば、別におせっかいな人々から指摘されるまでもなく、そのような現実やリスクは分かりすぎるほど分かりきっているわね。
(とにかく、いろいろ言う人が多いからね~ この世界は・・)

いろいろな話をした。

この後、どのような道があり、どのような可能性が広がっているのか?
それはもちろん分からない。

でも、不惑を過ぎて、青臭い夢などという言葉を現実のものとして掴もうとしている人がいるのは痛快じゃないか。

Nさん、頑張ってくださいね。


と、こんなことを書いていたら、先ほど別の方よりメールが来た。
2年前に、やはり弊工房を訪問された方・・

離島へ移住し、現在生活基盤を整えつつ、木工の準備をしているとのこと。

いや~ 元気付けられるね!

これを読んでいる夢追い人の皆様・・共に頑張りましょうね。


|

« ジョギング その成果は? 4 | トップページ | 本日も »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

ブログの方も拝見させていただきました。
初めてブログなるものにコメントさせていただきます。

独立希望の方がたくさんいらっしゃるようですね。

「人生1度きり。いつ死ぬかわからない。
あれこれ思い悩むより決断してやってしまえば前に進むしかない。」
と、思いながら現在に至ります。

人にはそれぞれ考え方があり、全く相容れない価値観の方もいらっしゃいます。私も色々な反対にあいました。

ここ屋久島は少し様子が違います。都会からやってきた若者がそれぞれのやり方で生活しています。
本当に面白い島です。この感じは本土にいれば全くわからなかったと思います。

今となってはもっと早く決断すれば良かったと思うこともあります。

では。

投稿: 屋久島たまご工房 | 2008年2月 5日 (火) 14:31

コメントありがとうございます。

そうですね、世の中には様々な価値観がありますし、その中でも、おそらく我々のような考えは、かなりその平均値から外れているのかもしれませんね。

私もいろいろなことを言われたものですが、でも、おそらくそれらに悪意はないのだろうと、今振り返ってみるとそのように思います。

ともあれ、一度きりの人生。
それを、好きなものにかけられるということは、それだけで十分に幸せなことなのかもしれません。

夢は実現させるためにある。
そうですよね♪

投稿: 栗原@simple | 2008年2月 7日 (木) 00:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョギング その成果は? 4 | トップページ | 本日も »