« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

ジョギング その成果は? 4

さあ、月末恒例のジョギング成果報告。
まだしつこく続いているよン。

今月は正月と言うこともあり、飲んだり食べたりが多くなって月初めに1kg増。

こりゃいかん・・
と、あわてて節制をして、1kg減。

その後、ぴたりと停滞。
それが2週間ほど。

そして、また少しずつ減少に転じ、今月の成果は1kg減となった。

さて、4ヶ月のトータル -7kg。

おおっ ・・・ということは?
ということは・・

そう、目標達成!!(パンパカパーン ピ~ヒャララ♪)

思い返すと、長かったような短かったような。
さすがに体が軽く感じられるようになった。
ベルトのサイズが2コマ分くらい短くなった。

来週は健康診断。
もう、メタボ予備軍とは言わせないザマス(社長夫人風に)

この後の注意点は?
そう、リバウンド。

この回避のために、ジョギングはさらに継続するのか?
それとも?

次回報告は来月末。 しばし待たれよ。


ところで・・・
昨日は楽しい飲み会だった。

その模様は、明日書きましょう。

| | コメント (4)

2008年1月30日 (水)

お休み

本日、例によって飲み会のためブログお休み。

詳細は明日・・・です。

おやすみなさい

| | コメント (0)

2008年1月29日 (火)

はぁ~ 疲れた

鉋掛けの一日。
本棚なので、その枚数の多いこと(大変)

途中でどうも鉋の切れ味が不満になり、刃先をチェック。
裏出ししたり、裏押ししたり・・

さらに、こんなことやっていると、鑿の裏も気になりだした。
そんで、鑿数本を裏押し。

こんなことばかりやっているから、一向に鉋掛けが進まない。
一日がかりで、まだ三分の一しか終ってないよ~


いや、それにしても今日は疲れた。
鉋掛け、裏押し  いずれも木工作業の中で最も力のいる仕事なのだ。

それをフルで一日行ったわけなので、もう疲労困憊。
ああ、今日は風呂入ってすぐ寝よう。
。。。。(( T_T)トボトボ  (←パクリ)

はぁ~ 疲れた。

| | コメント (0)

2008年1月28日 (月)

新兵器

板組みの本棚製作中。
このような時は、新兵器のドミノが威力を発揮する。

ところが、今回の材はホワイトオーク。
固い!

また、強度を高めるためにドミノチップを少し大きなサイズにしようと思い、径の大きな刃に変更。

これらの相乗効果で切削抵抗が増し、不用意に取り扱うとドミノ本体が暴れてどうも具合が悪い。

う~ん(腕組み)

このドミノ、使い方はビスケットジョインターとよく似ているのだが、その構造上、切削時の安定感にいまひとつ欠ける感がある。
まあ、これはまだ自分がこの機械に慣れていないためのことも多分にあるのだが・・・


そんなわけで、なんだかんだと試行錯誤をしている途中。
飼い慣らすにはもう少しかかりそうだが、強力なツールであるには違いない。

投下資金回収のために、ビシバシ働いてもらうことにしよう。

| | コメント (0)

2008年1月27日 (日)

できない のか?

本日は打ち合わせの一日。
午前、午後、夕方と・・・

ここのところ、とってもユニークなご相談が多くなってきている。
いやいや、製作側の立場からではなかなか思いつかないことばかりで、驚かされることもしばしばだ。

でも、とってもありがたい。

ユニークな発想やアイデアなど、その産みの苦しみは大変なものがある。
それを、お客様から提案をいただくなんて、そんな贅沢なことがあって良いのかしら?

できることも、できないことも。
いや、できないと思い込んでいるだけで、よ~く考えるとできるのではないか? ということも。

どれだけ柔軟な発想ができるか? 
それが問われている。

刺激を受けた一日だった。

| | コメント (0)

2008年1月26日 (土)

出ずっぱりの一日

出ずっぱりの一日。

朝一番でバタバタ準備をして出発。
まずは、飯塚市のお客様宅で打ち合わせ。

ソファーなどのご相談。

まあ、とにかく椅子類はなかなか難しい。
体を直接預けるものなので、座り心地を最重要ポイントとして、各部の寸法、形など、いろいろと決めなければならない要素がたくさんある。

そして、もちろん注文家具なので、それらをお客様の体格やライフスタイルに合わせるように設計するのは言うまでも無いこと・・ 同じようなモデルでも、細部は全て違っていたりするのだ。


お昼過ぎに辞して、さらに西へ走る。
冷水トンネルを過ぎて、筑紫野市へ。

少し時間があったので、遅い昼食。

丸幸ラーメンセンター!

一度行ってみたかった。

巨大な駐車場。
お昼過ぎにもかかわらず、駐車場は満杯。
お客さんは引きもきらず。

うん、なかなか美味しかったよ!
スタンダードな味で、近くにいたら通ってしまうかも?


そして納品へ。
ブラックウォールナットのダイニングセット。

お部屋でテーブルの組み立てを終え、無事納品完了。
いや~ やっぱりウォールナットは素晴らしい(しみじみ)

少し世間話などして帰路へつく。

途中、古着屋によってお宝物色。
いい感じのジップパーカーを2千円で購入(ウシシ)

夜7時に無事帰宅。
夕食に間に合った。


出ずっぱりの一日。
でも、時々は外の空気を吸うのもいいもんだ。

| | コメント (2)

2008年1月25日 (金)

ひえ~

本日、ちょっとバタバタしておりブログお休みします。

うう~ かなり切羽詰ってます。

マズイ・・

どうなるやら?

では、また明日。

| | コメント (0)

2008年1月24日 (木)

あいにく仕事中ですので

最近、宗教の人がよく現れる。

工房の作業台で計算をしていると、外に人影。
またいらっしゃいました。

同じ人だったり、別の人だったり。
でも、その宗教団体は同じ。

必ず二人連れ。
女性であることが多い。

にこやかな顔。
手提げの中にはきっとパンフレットが入っているのだろう。


「お話をさせていただきたいと思いまして・・」

実は、ずっと以前のこと、うっかり話を聞いてしまったら大変長い時間がかかってしまったので、それがトラウマになって、以降丁重にお引取り願うことにしている。

「あいにく、仕事中ですので・・」


すると、これを読んでください と、手提げの中からパンフレット。
ビンゴ♪

みると、先週もらったものと同じだった。


私自身、ごく一般的な日本人なので、基本的に無宗教だ。
先日のブログにも書いたとおり、初詣で現世利益を祈願するだけの人。
お気楽だね。

でも、時々思う・・
信仰があるって、幸せなのかもしれない。

10年ほど前、父を病で亡くした。
その時、もし自分に信仰があれば、あれほどつらい思いをしなくてもよかったのではないかと 思った。

だが、生まれついた性か、はたまた、理科系の習性か?
物事を、あくまでも実証主義的に観察しようという癖から抜け切れない。

今のところ、信仰・・とは無縁の立場にいる。


去ってゆく二人の女性の後姿を見ながら、信仰って何だろう?
と、思ったりした。

| | コメント (0)

2008年1月23日 (水)

きちんと準備

毎年来る、あのいや~なもの・・・
今年もそろそろか? と思っていたら、やっぱり来た。

そう、確定申告の書類。

見て見ないフリ。

別に税金を納めるのが嫌なのではないよ。
納税は国民の義務、喜んで払いましょう(強がり?)

とにかく、納税そのものではなく、書類作成が嫌なのだ。
まあ、よもやこれが好きなんていう人は、会計士かよほどの変人を除いていないと思うが、とにかく面倒。

確定申告なんて、日ごろからきちんと伝票整理をして、帳簿をつけておけばなんてことないよ!
と指摘され、確かにその通りと毎年思うのだが、結局いつも直前でバタバタ。

ああ、また憂鬱な日々が続く。


教訓
 きちんと準備、年賀状と確定申告 (下手なコピーだね)

| | コメント (2)

2008年1月22日 (火)

仕事したような気が・・

今日は大変。

まずは板剥ぎ。
板剥ぎとは、板同士を接着して広い板を作ること。

と、言葉にすれば簡単なのだが、これがめっぽう大変。
髪の毛一本、薄紙一枚以下の精度を求める繊細さと、板を振り回す力の両方が必要。

本棚を作らねばならないので、とにかくひたすら板剥ぎをせねばならん。
クランプの数いっぱいまで作業をして、残りは明日以降へ・・


次は、椅子の座面彫り。
板の座面を、お尻の形に合わせて彫るのだ。

NCルーターなんてものありゃしませんので、電動工具、手道具などを駆使してひたすら彫る。


思うのだが・・
木工からこの二つの作業、板剥ぎと座面彫りが無くなったらどんなに良いだろう(うっとり)

などと、疲れた手足を頭を休めながら思ったのだった・・

いや、これで終わりではない。

ダイニングセットのオイル仕上げ。
これまた、いろいろと大変なのだ。

ああ、やっと終った。
今日は何だかとっても仕事したような気がするね。

これで終わり?
い~え、今からは事務仕事が待ってます。

誰か、残業代くださいな!

| | コメント (0)

2008年1月21日 (月)

ねむい

本日、飲み会につきこれにて失礼。

ねむい。

おやすみなさい zzzzz

| | コメント (0)

2008年1月20日 (日)

考えることばかり

昨日の暗号文字、解読できた♪
どうやら、ヤキトリと書いてあるらしい

?????

余計厄介なことになったかもしれん?


それはさておき・・・
今日はお客様をお迎えしてテーブルの打ち合わせ。

ウォールナットのテーブルをご要望。

ちょうどタイミングの良いことに、現在同じウォールナットで、同じくダイニングテーブルを製作中。
なので、その実物をご覧いただきながらの打ち合わせとなった。

いや~ こんなにタイミングの良いことはそうない。

弊工房は注文家具。
なので、出来上がったものは即納品となる。
ショールームは無し。
なので、常時置いている作品も無い。

無い無いづくし。

時々抜き打ち、飛び込みのような形でお客様などがいらっしゃる場合があるのだが、完成品があることは稀で、その都度いろいろと言い訳をしたりしてどうにも具合が悪いこと。

何とかせねばと思いつつも、限られたスペースでは如何ともしがたく、空いたスペースは原木と仕掛品に占領されている始末だ。

でも、このままじゃいかん。
場所が無いなら、条件が悪いなら、知恵を使わねば。

さあ、どうするどうする。
今年は考えることばかりだ(ボケ防止には良いか)

| | コメント (0)

2008年1月19日 (土)

解読

恥ずかしながら、字が下手なのだ。
以前ペン習字などもしてみたが、長続きせず。
下手なまま。

ただ、最近はメールがほとんどなので、下手さ加減を自覚させられる機会も激減し、まずまず平穏な日々を送っていたりする。

しかし、今日困ったことが・・・

お客様との電話で走り書きをしていたメモ。
読み返してみて ??? 
なんて書いてあるの???

そもそも字がへたくそな上に、電話をしながらの走り書き。
のた打ち回った字は、まるでアラビア文字のよう。

こりゃ、ちょっとした暗号だぞい。

なんて感心している場合じゃない。
これを解読せねば、設計ができん。
いまさらお客様に聞くわけにもいかないし・・・


ちなみに、長男は優性遺伝か劣性遺伝か、やはり字が下手。
昨日漢字の書き取りをしていたので、下手でもいいから丁寧に書け! と叱咤したばかり。

天に唾するとはこのこと。
そう、丁寧に書く練習しなければ、お父さんみたいになるよ~(心の声)


ともあれ・・・

解読!

| | コメント (0)

2008年1月18日 (金)

山あり谷あり

さて、いろいろ製作中。
今年の目標でもある、仕口と加工の標準化を進めるため、実製作をしながら工法などのアイデアを考える。

基本的な加工方法は、学校で習ったやり方を基本的には踏襲してきた。
それはそれでもちろん問題はないが、あえて一旦全てをリセットして一から考え直してみたりする。

すると、まあまあいくつかアイデアも浮かんできた。
それを試しながら、実製作で活用できるものか検証する。

今日は、二つほどアイデアを試し、なかなか良い結果を得た。

工程の合理化には、機械の導入など設備投資ももちろん大事なことだが、日々繰り返しとなる基本的な加工方法を見直すのも長い目で見ると効果的だ。

今日は成果が上がったのでちょっといい気分。

で、パーツ加工を順調に完了し、仕上げの面取りをするためにトリマーをセッティング。
すると、パキッと言う音!
いや~な感じ。

みると、なんと、トリマーシュー(ベース)を固定するボルトのねじ山が破壊している。
どうやら、繰り返しの使用に耐えかねてねじ山がすり切れた模様。
そんで、締めたときの衝撃でナットがボルトから外れて飛び出したのだ。 その音。

くそったれ!!

もちろん、このままじゃ使えない。
ならば、2号機に登場願おう・・と思ったのだが、2号機は昨年末にベアリングの焼きつきで死亡。
なので、今はトリマー一台体勢なのだった。

立ち往生。

しかたない、ホームセンターへ走る。
補修パーツを取り寄せている暇など無いし、そもそも、ここの設計には少なからず疑問があったので、蝶ボルトとナットを買って自分で補修することにした。

安物のトリマー。
設計がいまいちだったね。

ところで、ホームセンターでは上位機種が入荷していたので、ちょっと拝見。
う~ん、やはりここの作りはだいぶ違う。
で、ついでに購入して帰る。

無事補修も完了。
そして、2台体勢へ復帰。


浮いたり沈んだり、なんだかんだとあわただしい日だった。
そんな訳で、結局製作スピード上がらず(悲)

山あり谷あり、そして一月も半ば、先が思いやられます。

| | コメント (0)

2008年1月17日 (木)

ウォールナットに乾杯

うう~寒い。
と言っても、ここ九州での寒さは北国に比べるとたかが知れているだろうが・・
それでも、寒いものは寒い。

こんな日は鍋♪
じゃなくて 鉋掛けに限る。

ブラックウォールナットのダイニングテーブル。
その天板の仕上げ。

ウォールナットはそれほど削りにくい材ではないが、本日のものは目が詰まっており、非常に固く、また杢里が交錯しているという難物。
板剥ぎの段階から覚悟はしていたが、手ごわいこと。

おまけに、板厚45ミリで重い重い。

天板の削りと、裏面への吸い付き残の打ち込み。
端面の面取り加工や仕上げなどでほぼ一日を要した。

綺麗に磨き上げた天板へオイルを塗布する。
この瞬間がたまらない。

鉋をかけ、その後サンディングで磨き上げたときの材は、表面に粉を吹いたように霞み、木目もぼんやりとした表情に見える。
が、そこにオイルを落とした瞬間に、あの黒く華やかなウォールナットの木肌に変貌するのだ。

たまたまお客様などがいらっしゃって、この光景に立ち会ったりすると思わず歓声が上がることもある。
それほど、この変化は劇的で、何度経験してもたまらない。

この瞬間に、今日一日の苦労が報われたような思いがする。

今日は美味しいお酒が飲めそうだ・・
寒い日、鉋で暖めてくれたウォールナットに乾杯!

| | コメント (10)

2008年1月16日 (水)

創れ 語るな

昨日のNHKプロフェッショナルは、あの坂東玉三郎。

私は、歌舞伎は門外漢なので、その方面の評価というのはよく分からない。
が、映像から受ける雰囲気、その佇まいに感心してしまった。

優美な振る舞い。
寡黙。

しかし、ふっと立っている姿全体からなんともいえぬ凄みが発散されているようだ。

パーソナリティーからの問いかけに対しても、ほとんど語ることは無かった。
そうさ、評論家ではないのだから、自身の行動に対する意味づけなど、そして、それを得意げに語ることなどあるはずもないよ。

「芸術家よ、創れ、語るな」 という箴言を思い出した。


それにひきかえ、あたしゃ・・
しゃべりすぎだわね、こりゃ!

トホホホ 反省。

| | コメント (0)

2008年1月15日 (火)

お宝発見!

打ち合わせへ・・
市内なので20分ほどで到着。
本棚のご相談など。

帰りがけに古本屋に寄って、お宝発見!!

なんと、あの「手づくり木工事典」 第1号。
ラッピングされた美品。
しかも、価格600円也。

「手づくり木工事典」は、言わずと知れた木工雑誌の草分けにしてバイブル。
インターネットが発達していなかった頃、この雑誌が木工技術を巷に広めた。
その功績はきわめて大きい。

残念ながら、出版社の倒産と共に廃刊。

今ではすっかりプレミア価格になっているようで、オークションなどでは一冊2千円以上の値がついている。
当時の販売価格は 1500円くらいなのにね。

だが・・
巷の古本屋にとって見れば、単なる雑誌。
この地方都市の片隅で、木工雑誌を漁る酔狂者もほとんどいないのだろうね。
非常にきれいな保存状態で、写真も褪せていないものが 600円。

しかも、創刊号。

他の号もまとめて購入したぞよ(ウヒヒヒヒ)

さて、今日はこれらを肴にゆっくりとウィスキーでも飲もうかな?


| | コメント (3)

2008年1月14日 (月)

WAKUさん 御来福

さて、昨日のこと・・

とってもユニークな変形家具でおなじみの、craftWAKUさんが展示会で御来福。
そこで、在北九州のおなじみのメンバー(イスアキラさん、のほほんさん、pongooさん)と共にWAKUさんを囲んでの出張オフ会と相成ったしだい。


まずは展示会場で、WAKUさんの家具を前にしながら木工談義。
いや~ 実物を見るの初めてなのだが、これは本当に楽しい♪
きっと、誰が見てもそう思うに違いない。
家具を見てニコニコするなんてこと、他ではおそらく無いだろう。

なにやら、メルヘンの世界から抜け出してきたような家具達だが、作りは極めて本格派。
全体の雰囲気を楽しみつつも、目はどうしても構造へ行ってしまうのだ。


次に、場所を飲み屋さんに替えてアルコール談義・・・ もとい 木工談義の続き。

変形の小箱などをを目の前にして、WAKUさんより直々に作り方を伝授いただいた。
最も必要な資質は? 根気かもしれない(笑)


楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、博多駅で解散、帰路についた。


このような会は、インターネットなしでは決してありえないこと。
現代のテクノロジーに感謝感謝♪

そして、また今年も新しい出会いがありますように と、思ったのであった。

| | コメント (2)

2008年1月13日 (日)

I'm down

本日は、遠方よりアマチュア木工家をお迎えしてのオフ会。
で、しこたまアルコールが入っていますので、本日はブログお休み(ご了承くださいませ)

いや~ 楽しかったな~

詳細は明日に・・

では皆様、おやすみなさい zzzzz

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

バタバタ

ふぅ~ 今日は電話とご来客の多い日だった。
いずれも予定していたものではなく、なんだかんだとバタバタ・・

このようなときに、ゆっくりとくつろいでいただけるソファーを備えたショールームでもあればと思うのだが。

いつも、工房入り口にキャンプ用の椅子を出して腰掛けていただくことになり、ひたすら恐縮するばかり。

今年は、接客についても何らかの改善をせねばならないな~
などと思ったしだい。

ああ、新年早々いろいろと問題山積み。
とにかく、一つ一つこなしていくしかありません(決意)


まずは・・
溜まっているデザインを考えよう・・

| | コメント (0)

2008年1月11日 (金)

加工の標準化

午後から雨との天気予報だったので、午前中に大急ぎで天板の板剥ぎを行う。

だが・・ 降らん!!
それどころか、快晴じゃないか(怒)

まあ、おかげで作業スピードは上がったのだが・・・

スピード。
そうだ、今年の大きな目標は、作業スピードの更なる向上。

いや、もちろん今までも常にスピードアップを目指してやってきた。
でも、今までの方法は、物づくり工程の上流にメスを入れることが多かったのだ。

上流とは、企画、デザイン、設計段階のこと。
この段階での方針が、全体の工程に及ぼす影響が最も大きい。
このため、これら上流工程の工夫に重点を置き、いろいろな方策を考えてきた。

もちろん、この方針は変わらず今からも継続していくつもり。


それに加えて、今年は下流の加工工程にも視点を移し、いろいろと知恵を絞ってみたい。

家具は、出来上がってしまうといろいろ複雑な構造や、木組みがされているように見えるが、実はほぞなどの連結構造について、実用的に用いられるものに限ればそのバリエーションはそれほど多くは無い。

であるならば、設計の標準化を演繹していくと、加工の標準化もできるはず。
いや、できるし、実際に今でもやっている。

今年の目標は、それをさらに追求してみようということ。


原木が高騰している。
原材料費のアップが避けられない以上、原価を維持するためには加工費の圧縮を考えるしかない。
加工スピードアップは、数年前とは比べ物にならないほど切実度を増してきている。

そう、選択肢は無いのだ(きっぱり)
木工家諸兄、頑張りましょう。

| | コメント (0)

2008年1月10日 (木)

集塵

椅子作り。
椅子はとにかく曲面が多い。
なので、仕上げにサンディングをする頻度も多くなる。

これが大変!

何が大変なの?

埃!!

サンディング機械・・ 別名、ほこり大量製造機。
そりゃすごいよ。

そして、わが工房は集塵がかなりいい加減なので、全身真っ白になる。
眼鏡はほこりで曇って見えない。
拭くとレンズに傷が入る。
眼鏡は消耗品だ。

もちろん、防塵マスクは必須のアイテム。
完全装備で臨むのだ。

しかし、いい加減集塵システムを改善せねばならん。
と、いつも思いつつ、ついつい・・・

今工房をお考えの皆様。
機械の選択も大事ですが、集塵の設計も念入りにすることをお勧めします。
機械が入ったあとでは、なかなか難しいぞい。

さあ、シャワーを浴びてすっきりしようっと。

| | コメント (0)

2008年1月 9日 (水)

職人も様々

昨日のNHKプロフェッショナル。

あのミシュラン三ツ星の鮨屋、すきやばし次郎の親方、小野次郎氏。
有名人。

80歳を過ぎてなお現役、味を追い求める姿はさすが一流の職人。
生い立ちを含め、板場の現場を追うドキュメントは興味深く、見ごたえがあった。

でも・・
ここで寿司を食べたいとは思わないな~

いや、もちろん金額的なこともある。
何でも、お任せで一通り握ってもらうと2~3万円見当だそうだ。

だが、金銭面を別にしても、やはり暖簾をくぐろうとは思わない。

あの超然とした職人魂に気後れしてしまう。
人を緊張させる。
緊張した状態で食べるなんて嫌だ。
たとえ、どれほど美味しくても。


同じ超一流の職人で、帝国ホテルの総料理長であった故村上信夫氏がいた。
同じく有名人で、マスコミや本などでも取り上げられているのでご存知の方も多いと思う。

氏の料理は、一度食べてみたいと願っていた。
今となっては、かなわないこととなってしまったが・・・

また、京都吉兆料理長の徳岡邦夫氏。
(今問題の、船場吉兆ではないよ)
氏の料理も、いつか食べてみたいな~


小野氏と、村上氏、徳岡氏。
いずれも超一流。
美味を追い求める姿は全く同じ。

でも、佇まいは全く異なるのが面白い。

職人も様々。
もちろん、木工も・・・ね。

いろいろ考えさせられた番組でした。
お金ためて、さて何を食べよう? なんてこともね。


| | コメント (0)

2008年1月 8日 (火)

仕事のリズム

仕事始めから4日経過。
ようやく勘が戻ってきた。

というより、仕事のリズムとペースが出てきた。

木工の仕事にはいくつかの側面がある。
創造的なものと、日常的なルーチンワークに属するもの。

このうち、ルーチンは時間で区切って定時まで行い、それ以外の時間でデザインなどの創造的仕事をすることが私のリズムになっている。

これらは車の両輪のようなもので、どちらが欠けてもうまく機能しない。

有り余る時間があっても必ずしも創造的な仕事ができるわけでもないし・・
また、全ての時間をルーチンワークにしてしまうと、集中力が低下して逆に効率が下がったりする。

(もっとも、納期に追いまくられているときはこの限りではない、昨年はこの状況があまりにも多かったので、今年はできるだけ改善したいところだが・・すでに・・・汗)


このあたり、まだ自己コントロールができていないところかもしれん。

いろいろな業務がバランスよくブレンドされているのが良いようだ。
そして、各業務に対して適当な時間を振り分け、それを毎日繰り返すことでリズムが出てくる。

ここらの考え方は人それぞれだろうが、6年間やってきて、私の場合は何となくこのような感じで落ち着いている。

さあ、ようやくリズムが出てきた。
こども達も三学期が始まり、昼間の工房は静か。

日常が・・ 戻ってきた。

| | コメント (0)

2008年1月 7日 (月)

神頼み3

古宮址の神々しさは鮮烈で、以来、その何も無い清浄な空間が神道の象徴的な映像として私の中で固定してしまった。

なので、おみくじや、絵馬や、各種御祓いの幕がかかった初詣の境内は、そのあまりの風景の違いに違和感があり、毎年のお参りもどこか醒めた思いがしたものだった。


それが、10年ほど前から少しずつ考え方が変わってきた。
10年前・・ 木工の道へ進むか真剣に考え始めた頃。

右を見ても左を見ても不確定なことばかり。
そのような時、依る術として、お参りに素直な気持ちがこもるようになった。
そして、独立直後の不安定なときも・・

神頼みなど邪道だ・・ と考える人がいる。
よく分かる・・ 私も以前はどちらかと言えばその考えに近かった。
だが、そのように一見強靭な精神力を持っているかのように見える人は、大なり小なり現在と将来の安定がある程度担保されているのだ。

また、お参りは、神頼みなどではなく、一年の成果と感謝、そして今年の抱負を神様へ報告するのが本当だ・・という人もいる。

そうだね、それが本当なのかもしれない。

しかし、まだまだその境地には達していない。
いろいろと悩み多き日々なのだ。

思いはどのようであっても良いし、境内にどのような俗事のイベントがあっても良い。
おそらく、神様はそれらを全て包含しつつ、超然としていることなのだろう。

少しずつ進歩していきたいものだ ね!


<ちょっと言い訳>
当ブログでは、政治・宗教・イデオロギーはタブーとしてきましたが、初詣の話題ということもあり、少しだけそのタブーを破ってみました。

今後どうするか?
う~ん、やはり自分の考えを述べる場合はこれらと全く無関係には行かないわけなので、今後はタブーから原則へと少しばかりレベルを下げて、必要と思われるときは多少触れることもしてみようか・・と思ってます。

そんな訳で、これからもよろしくお願いします。


| | コメント (0)

2008年1月 6日 (日)

神頼み2

霧島神宮、古宮址 もうずいぶん前に行ったきりのことなので、記憶を頼りに書いている。
なので、あやふやで正しい記述ではないかもしれないこと、ご了承いただきますよう・・

古宮址は本宮から少し離れたところにある。
参道には鳥居が残っており、道は真っ直ぐ続いている。
しばらく歩くと、一番奥にまた一つ鳥居がぽつんとある。

鳥居の向こうに数段の石段があり、その上が古宮址だ。

そこに何があるのか??

そこには・・・ 何も無い。

???

そう、何も無いのだ。

記憶によると、周囲は注連縄で結界が作られていた。
そして、結界の中には巨石が数個鎮座していたように思う。

それだけだ。

そして、神聖な場所につき、写真撮影禁止との立て札があったような気がする。

それだけ。
後は、何も無い。


神道とは何か?
あるとき興味があって調べてみたことがある。

学術的には様々な論があるようだ。
神道とは、果たして宗教なのか? という興味深い見解もある。
それに司法が絡むこともあったりして興味は尽きない。

まあ、これ以上深入りはしない。

いろいろと調べてみたなかで、最も自分の感覚に合った言葉があった。
それは・・・

神道とは、浄らかであること。

この言葉が自分の受信機に同調し、胸の中にすとんと落ちたように感じた。


古宮址に立ったとき、この言葉が目の前に強烈なイメージとなって焼き付けられたようだった。
何も無い結界は、まさに清浄そのものではないか。

その日、晴天。
古宮址を少し離れてみると、鳥居の背後には高千穂の峰が遠望でき、幻想的な風景が広がる。
そして、確かに天孫降臨はこの場所であったに違いない・・との確信が湧き上がってくるのだった。


つづく

| | コメント (0)

2008年1月 5日 (土)

神頼み

仕事始め。

まずは、氏神様の水引(職場安全 商売繁盛)を工房の壁に掲げ、柏手を打つ。
今年も安全に、商売が順調にいきますように(パンパン)

神頼みなのか?
そう、神頼みだ。
最近は、本当に素直に神様にお願いをすることができるようになった。

では、以前は素直ではなかったのか?
う~ん、そうかもしれない。

もちろん、毎年の初詣は欠かしたことないし、受験のときや、こどもの初参り、七五三、そしてこの仕事を始めたときなど、節目節目のお参りは続けてきた。
が、以前は神前で拍手を打ちながらも、正直なところ、どこか醒めた感じがしていた。

というのも、境内に並ぶ現世利益のおびただしい札類を見るたびに、神聖な場所であるはずの結界内に、どこからか生臭い風が吹いてきたような違和感を覚えるのだった。

話は脱線するのだが・・
以前、鹿児島の霧島神宮に詣でたことがある。
天孫降臨の神話でおなじみの場所であり、鬱蒼とした神木に囲まれてたたずむ本宮はそれは素晴らしいものだった。

だが、それ以上に深い感銘を受けたのが古宮址であった。
その昔、本宮はこの場所にあったのが噴火により消失、その後(1484年らしい)現在の場所へと遷宮されたのだそうだ。

なるほど・・
で、その古宮址のどこに感銘を受けたのだ?

それは・・・ つづく


| | コメント (0)

2008年1月 4日 (金)

遊園地

今日は家族で遊園地へ。
高速を走って片道2時間ほどのグリーンランド。
絶叫マシンが売り物の遊園地。

渋滞もなく、園内の混雑もなく、晴天でほのかに暖かく、遊園地日和?

ところで、遊園地と言えばあちこちで遊具のトラブルが報告されているので、ジェットコースターに乗り込むときは別の意味で緊張する(そちらの方がスリルがあったりして・・)

園側もだいぶ意識しているのか、遊具の前には点検票などを大きく張り出してアピールに躍起。
これはいい傾向かもしれないね。

こちらはこちらで、物づくり屋の目で、レールやジョイントや、その他諸々の構造が気になって仕方がない。
安全バーの支点のボルトを思わずさすったりしている(苦笑)

まあ、何事もなく閉園まで。
子供たちもすっかり満足した模様。

いろいろな意味で楽しめたことだったのだ。

さあ、今日で正月休みも終わり。
明日から業務再開。
いきなりレッドゾーンでぶっ飛ばしますよ!!

| | コメント (0)

2008年1月 3日 (木)

ごまめの歯ぎしり

さて、今日は外出。
麒麟ビール直営のレストランまで。
作りたての新鮮なビールと、ジンギスカンなどを堪能。
あ、いや、もちろん運転はアルコールを飲まないカミさんが担当(当然!)

帰り道、木工家先達の展示会へ・・新年のご挨拶。
しばし歓談。

話題はどうしても原木価格の高騰へ向かう。
この理由についてはマクロ経済的な観点からいろいろな分析がされているが、いかに論評を加えようと、どんなに批判的発言を繰り返したとしても、所詮はごまめの歯ぎしりだ。

現実は冷徹。
そして、この現象はおそらく不可逆なものとして固定されるであろうことを想定した上で、今後の振舞い方を真剣に考えなければならない だろう。

木工にとって、だんだん難しい環境になってきた。

いや・・ しかし・・
そうだよ、今までも相当に困難な道のりだったではないか。

そして、困難の中にこそ、必ず画期的な道が見つかるはずだ。
それを考え続ける一年になるかもしれないな・・

と、ほろ酔い加減が一気に素面になったことだった。


| | コメント (4)

2008年1月 2日 (水)

だらだら

正月二日目。
だらだらと過ごしております。

正月は休む。
これ、日本の正しき伝統。

さて、仕事始めはいつにしよう?
このまま堕落してしまうかも?

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

また無事に新年を迎えることができた。
昨年は、夏に以前の上司、そして冬にはお客様の訃報に触れて、今更ながらに無常ということを考えされられたりした。

年賀状を見る。
年に一度、年賀状のみの付き合いとなっている知人、友人もたくさんいる。
賀状は息災の知らせでもあるんだな・・と、やはり今年はしみじみと思ったりした。

初詣で柏手。
恒例の「職場安全」「商売繁盛」の水引を買って帰る。
神頼み・・ いや、大事なことだ。

こどもたちとトランプなど・・
いつもDSの画面ばかり見ている子供たちが、アナログなトランプに興味を示すものかな?
と思っていたら、いやいやなんのなんの、大盛り上がり。
やっぱり、みんなで楽しめるゲームがいいよ。

初走り。
年末から忘年会などでアルコールをかなり摂取していたので、体を目覚めさせるために今年初のジョギング。
元日の神聖な空気はいつもと違う??
そうそう、車があまり走っていないから、排気ガスが少ないのだね!

一年の計は?
そんなもの、元日に立てているようじゃすでに遅いよ(フフフ)


というわけで、このつまらないブログ、今年もとりあえず続けてみます。
またお付き合いのほど、ずずずい~っと よろしくお願いします。

皆様にとって、今年がよい一年でありますように。
(もちろん、私にとっても)


| | コメント (5)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »