« ばたばたの一日 | トップページ | 迫り来るメタボ »

2007年10月 2日 (火)

走る 走れば 走るとき 走ろうか?

先日、ふとしたことから息子たちと持久力の話になった。
なんでも、冬にマラソン大会があるらしい。

「それなら、今から毎日走って鍛えておけば?」

という顛末。


ついでなので、ここのところなまりきった体を絞るために一緒に走ってみた。
とりあえず、家の周りを軽く2キロほど・・・


死ぬかと思った。


いや~ ある程度予想はしていたが、それを上回るしんどさ。
昔は10キロくらい平気で走れたのに・・・

自分の体力低下をまざまざと実感した次第。
こりゃいかん。

メタボ対策を兼ねて、少しずつ走ってみようか?
と、ちょっと思ったりしている。

2キロで死んでいるような歳じゃないだろう。
同級生の中には、フルマラソンを走る者だっているのだ。

さあ、どこまで続くか?

とりあえず、夕食のビールを止めて・・走る!

・・・

三日坊主の予感が・・・

|

« ばたばたの一日 | トップページ | 迫り来るメタボ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!

体力の曲がり角を感じていらっしゃるのですね。

僕も同じです。
最近腰をいわしてしまいました・・・

やっぱりビリーですかね!

なるほどヒットするのが分かります・・・

投稿: ゴウ | 2007年10月 2日 (火) 20:36

 あまり無理をなさらないほうがいいと思います。年齢とともに体力が低下するのはごく自然なことです。私も40を超えたあたりで急に体力がなくなったと感じ、50を過ぎた今となっては以前の自分が夢のようです。体力の低下=製作量の低下、ということで、そのぶん付加価値を高めていかないとどうしようもないですね。
 中高年になってからトレーニングを重ねてエヴェレストに登頂した人も知人でいますが、そういうのはあくまでも例外で、余人の参考にはなりません。またトップアスリートの多くが短命なのも、若い頃に限界以上に体を酷使した証拠です。
 せいぜい自然体での「だらだら散歩」とか、いいかげん「スイミング」あたりが妥当ではないでしょうか。歩くのでもいわゆる「ウォーキング」は生理的に不自然で無理のある歩き方なので、これで身体を悪くした人が私の回りにも何人もいます。

投稿: 木工房オーツー:大江進 | 2007年10月 3日 (水) 07:11

ゴウさん コメントありがとうございます。

そうです、体力は曲がり角を大きく過ぎて、減退の一途をたどっています(マズイ)

とにかく、一日24時間、家の敷地内から外に出ない日々なもので、こりゃ運動不足の権化ですね。

腰 大丈夫でしょうか?
私もちょっと前に、プチぎっくり腰をやってしまいました。

お互いからだが資本。
養生しましょう。


大江さん
そうですね、無理は禁物です。

でも、この歳になると、もう無理をすることもできなくなるようです(苦笑)

私の場合、だらだらジョギングが性に合っているかもしれません。

そして、ジョギングするためにはお酒を飲むわけにはいきませんので、そちらの効果もかなり期待できるかも???

さて、一週間もつか? それともひと月か?
とりあえず、子供とだらだら運動に精を出してみることとします。

投稿: 栗原@simple | 2007年10月 3日 (水) 23:07

パソコンと格闘しながらコメントを作成。上手く出来たかな。

投稿: 境沢正子 | 2008年1月29日 (火) 21:29

葉書頂きました。アドレスを余り使わないので心配です

投稿: 境沢正子 | 2008年1月29日 (火) 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ばたばたの一日 | トップページ | 迫り来るメタボ »