« 三歩進んで二歩下がる | トップページ | 涼しい »

2007年9月28日 (金)

認めたくないのだが

ウォールナットの加工中。

特級グレードの逸品・・・
その美しさは格別で、加工しながら惚れ惚れとするほどだ。

ウォールナットは、その黒い木肌が持ち味。
ところが、加工に際してはその黒さが苦労の種となる。

加工のための墨線を鉛筆で材に描くのだが、黒い木肌ゆえ、鉛筆の線が見えにくくて困る。

さらに、あまり認めたくないことなのだが・・・
最近、少し近くのものが見えにくくなったような気が・・(汗)

やだね~


少しでも進行を遅らせるため、ラジオで聴いた方法を試してみる。
目の前10センチほどに人差し指をたて、ここに焦点を合わせる。

10秒ほど凝視して、視線は固定したまま焦点を遠方の目印に合わせる。
それを10秒、そして再び人差し指へ・・

これを何度か繰り返すと良いそうな。

まあ、なんだかんだと  大変です。

|

« 三歩進んで二歩下がる | トップページ | 涼しい »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三歩進んで二歩下がる | トップページ | 涼しい »