« 物づくり万歳 | トップページ | 機械の調整 »

2007年8月31日 (金)

夢想と現実

昨日の続き。
工芸家同士の懇親会。

ジャンルは異なれど、皆、それを専業としている。
つまりはプロだ。

そして、ジャンルは異なれど、共感や悩みの方向は大体同じ。
お互いの実務体験が参考になる。


それにしても・・・ と、しみじみ思うのだが・・

私も含めて、皆、夢想家で現実主義者だ。

夢想家でなければ工芸で独立しようなんてそもそも思わないし、
現実主義者でなければ、独立後の継続は難しいだろう。

夢想と現実。
相反する概念が、各自の中で融合し、消化され、矛盾なく落ち着いている。

いや、正確に言うと矛盾を抱えたまま、右に触れたり、左に振れたりしながら、少しずつ前へ進んでいる。
と言うのが正しいのかもしれない。


夢想家で現実家。
そして、基本的には楽天家であること。

それが、工芸をうまくやっていく秘訣なのかもしれないね。

|

« 物づくり万歳 | トップページ | 機械の調整 »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 物づくり万歳 | トップページ | 機械の調整 »