« お休み | トップページ | 木も人も »

2007年7月31日 (火)

合掌

数日前のこと。
会社時代の同僚より電話。

上司の訃報。

・・・ 絶句


血液の病で、術後経過があまり良くないことは聞いていた。
最期まで、組織、人事を心配していたとの由。
責任感の強い人だった。


仕事は理詰め、論理を好んだ。
変化を好まない生理現象を持つ組織にあって、強烈なリーダーシップで前例をぶち壊していった。

その、削岩機のように強力な破壊力は、必然の反作用として敵を作ることもしばしばだった。

非情と温情。
排斥と寛容。
猛進と撤退。

大きく二極に振れながらも、全体としてのバランス感覚は絶妙。

新しい道筋を見出すひらめきは、我々凡人では及びもつかないところから降ってくるようで、今でもその当時のことを思い出すと鳥肌が立つ思いがする。

今、私が木工で独立して曲りなりにもやっていられるのも、このときに受けた薫陶の賜物だと感じる。

理詰めで考え、決断したら批判を省みず敢然と進む。
しかし、もし間違っていたら・・ 退くことをためらってはならない。
全て、会社で経験したことでもある。


昨日、別の同僚より電話。

「俺たちは、どうすればいい?」

「その教えを自分なりに実践していくのが、最大の供養になるんじゃないかな?」


そうですよね Kさん。


合掌。

|

« お休み | トップページ | 木も人も »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お休み | トップページ | 木も人も »