« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月31日 (火)

合掌

数日前のこと。
会社時代の同僚より電話。

上司の訃報。

・・・ 絶句


血液の病で、術後経過があまり良くないことは聞いていた。
最期まで、組織、人事を心配していたとの由。
責任感の強い人だった。


仕事は理詰め、論理を好んだ。
変化を好まない生理現象を持つ組織にあって、強烈なリーダーシップで前例をぶち壊していった。

その、削岩機のように強力な破壊力は、必然の反作用として敵を作ることもしばしばだった。

非情と温情。
排斥と寛容。
猛進と撤退。

大きく二極に振れながらも、全体としてのバランス感覚は絶妙。

新しい道筋を見出すひらめきは、我々凡人では及びもつかないところから降ってくるようで、今でもその当時のことを思い出すと鳥肌が立つ思いがする。

今、私が木工で独立して曲りなりにもやっていられるのも、このときに受けた薫陶の賜物だと感じる。

理詰めで考え、決断したら批判を省みず敢然と進む。
しかし、もし間違っていたら・・ 退くことをためらってはならない。
全て、会社で経験したことでもある。


昨日、別の同僚より電話。

「俺たちは、どうすればいい?」

「その教えを自分なりに実践していくのが、最大の供養になるんじゃないかな?」


そうですよね Kさん。


合掌。

| | コメント (0)

2007年7月30日 (月)

お休み

本日飲み会にて、ブログお休みします。

| | コメント (0)

2007年7月29日 (日)

夏を乗り切るために4

夏を乗り切るための その4

・濡れタオル
 タオルを首に巻くのは夏定番の装いだ。

 で、このタオルを濡らしてみる。
 冷たい水につけ、軽く絞る。

 そして、これを首の周りに巻くのである。

 効果抜群!

 どのくらいの効果があるかって?
 
 それは・・・
 35度の工房で鉋掛けをしても、
 驚いたことにほとんど汗をかかない。

 さらに裏技として・・
 この濡れタオルに保冷材を仕込むのだ。

 
さあ、これで完璧。

暑い夏を乗り切ろう。

| | コメント (2)

2007年7月28日 (土)

夏を乗り切るために3

夕方から外出するので、早めのエントリー。

夏を乗り切るための その3

・作業着はボディーテック
 過去にも何度か書いたが、ユニクロのボディーテック。
 もう、これしかない。

 これを着ると、他のTシャツ、作業着は着られたもんじゃない。

 そもそもは夏場のスポーツ用として開発されたもの。
 ポリエステル100パーセント。

 風通し抜群!
 速乾性。

 洗っても、20分後には乾いている。
 これを安売りのときに纏め買いして、ローテーション。

 昨年から愛用している。
 
 
まだ試してない貴方・・
早速、ユニクロへGO!

つづく

 

| | コメント (7)

2007年7月27日 (金)

夏を乗り切るために2

夏を乗り切るための その2

・就寝時にエアコンをつけない
 そうなのだ、どのような熱帯夜でもエアコンをつけない。

 そりゃ、最初は大変。
 とても寝られたもんじゃない。

 が、一週間ほどで慣れる。
 人間の適応能力とはすごいものだ。

 慣れると、どれほど暑くても熟睡できるようになる。

 睡眠が十分だと、体調もすこぶる良い。
 なので、夏ばてや夏風邪とも無縁の生活だ。

 そして、昼間の熱波に対する耐性も向上する。

 エアコンレス。
 まさにエコロジー&エコノミーだ。

 でも・・・
 車のエアコンは欲しい!

 車載エアコンが壊れて早数年。
 走るサウナは今日も行く。


つづく
 

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

夏を乗り切るために

毎年、暑い夏を乗り切るための方法を考えてきた。
ここでそれをご披露しよう。

・暗示
 暑くない、暑くないぞ~
 涼しい、涼しいんだぞ~

 っと、自分に暗示をかけるのだ。

誰ですか?
そこで笑っている人は。

これ、結構効果的なのですぞ。

だまされたと思って試してみて下さいませ。
アラ不思議! たちまち汗も止まります。


えっ 試したけど全然効果ないって?

それは・・念じ方が足りません。
信ずるものは救われる。

どうかさらに強い気持ちで・・

涼しいぞ~ 涼しいぞ~


つづく

| | コメント (0)

2007年7月25日 (水)

平年並み

言っても仕方のないことだが・・

あぢぃ~

本日の工房内温度、35度。
まだまだ耐えられる。

このくらいの温度では、汗もかかない。

が、今日は鉋掛け。
はぁ~


家具作りにもいろいろな作業があるが、その中でも最も力を使うのが鉋掛けだ。
ずっと腕立て伏せを続けているようなもの・・
大変なのだ。

そして、35度での鉋掛け。

どのようなことになるか? お分かりだろうか?


そりゃもう。
人間耐久試験のようなもの。

水分を補給しながら・・
首の回りに水をかけながら・・

ふひ~
何とか完成。


つらい季節になったな。


だが、天気予報で朗報。
今年は猛暑でなく、定年並みだそうだ


ありがたやありがたや。

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

一瞬の

いきなり 夏!
工房内、36度。

さすが 夏!

それでも仕事はせねばならず(当たり前)

昇降盤を使っていたとき・・
切っていたのは、ちょっとアテが入った材。

うっ 固い・・

と思った次の瞬間。

バシッ!!

キックバック。


右脚の付け根にぶつかった。

うぐぅ~ と声が出るが、幸い、それほどの衝撃ではなかった。

が、右手親指がしびれている。
どうやら、右手ごとキックバックで後方にもっていかれ、親指が衝突時のクッションになった模様。

なので、体にはちょっとあざができた程度。
親指も、しびれ程度で無事。

不幸中の幸い。


暑さで集中力が落ちていたのか?

通常、アテがあると思ったら、刃の出し代を少なくして小刻みに切り進むのが正攻法。
また、途中で固いと思ったら、非常停止スイッチを押さねばならない。
そして、キックバックが起こっても体に当たらないように刃の軸線上から体を避けておかねばならない。

これら、いずれもやってなかったことによる。


反省。

暑いところが、急速に体が冷えたような恐怖だった。

怪我がなかったのが不幸中の幸い。
安全第一、それを改めて思ったことだった。

| | コメント (2)

2007年7月23日 (月)

梅雨明け

梅雨明け。

暑い!!!

雨が降らないのはありがたいが・・

暑い!!!


週間天気予報は全部晴れ。

げんなり。


しかも、夏休みで子供たちはずっと家の中。

・・・・・


一年中で、最も過酷な季節がやってきた。


こうなったら・・・

秋よ来い、は~やく来い♪

| | コメント (2)

2007年7月21日 (土)

初心

昨日のこと。
母校の訓練校で講義・・雑談?

皆熱心で、話す言葉にも力が入る。


木工科に入学する人・・・
やはり最終的には独立を夢見るもの。

夢 そして 現実

両者をバランスさせた先に道は開ける かな??


講義のあとは懇親会。
いや~賑やかだったこと。

自分が訓練校に居たころもそうだった。
陽気な仲間に恵まれた。

あれから・・ もう6年。

そうだ、いつのまにか訓練校が懐かしい・・と思えるほどの時間が経過したのだな。

熱心な現役訓練生と接して、また初心を思い出したりした。

皆さん頑張ってください。
私も頑張ります。

| | コメント (0)

2007年7月20日 (金)

お休み

今日は母校、訓練校木工科での講義。
その後の懇親会。

で、へとへとに疲れて、おまけに酔っ払っているのでブログお休みします。

詳細は、また明日。

ではおやすみなさいzzzzzzz

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

人間万事・・

朝一番でガラス屋さんへ、

「おはようございます」

と、オヤジさん、少し渋い顔。

<ムムム、さては、また忘れていたな>


「いやね、4ミリガラスがあるんで、それでどうかと思ってね」

おお、珍しい。
通常、ガラスは2ミリ、3ミリ、5ミリの厚みが標準だ。
4ミリというのは珍しい。

そして、今検討している特殊な構造には、まさに4ミリガラスがジャストフィットなのだ♪

4ミリが使えれば、金具パーツを修正加工したりする手間が省ける。


「では、4ミリでお願いします」


と言うわけで、ようやくガラス入手。
しかも、4ミリ♪


いや~ 今日はついている。
人間万事塞翁が馬。

明日もいい日になりますように・・
って、明日は訓練校で講義しなければならなかった。

うひゃ~
まだ全然準備してないよ~

| | コメント (0)

2007年7月18日 (水)

うまく行かない一日

うまく行かない一日。

<その1>
特殊な連結構造を作らねばならぬ。

が、特殊な構造なので、これに合うような特殊な金具など無い。
なので、ホームセンターで手に入る範囲のパーツで構造を考える。

パーツを手元に図面を書く。

が・・
オニメナットは1ミリ長いし、
六角ボルトは3ミリ短い。

ぐぅうう~ どうするかな??


<その2>
その特殊な連結構造で固定するのはガラス。

ガラス屋さんへ出かける。

「この寸法で5ミリガラス切ってください、端面は研磨してくださいませ」

「はいよ」

「いつごろできますか?」

「夕方には」

と言うわけで、夕方行くと・・

「あっ ごめん 忘れてた」

まったくもう。


<その3>
気を取り直して、引出しなどの製作。

ビスを使おうとしたところ、手が滑ってビスの箱をひっくり返してしまった。

1000本のビスが床に散らばる。
床は、鉋屑やおが屑の山。

その中に落ち込んだビスを探すこと・・
たっぷり10分はかかった。

気持ちも萎える・・・


何だかついてない一日。

明日はいい日になりますように (パンパン 柏手)

| | コメント (2)

2007年7月17日 (火)

晴れた

久しぶりに 晴れた♪
いや~ やっぱりお日様はいいね。

まずやったこと。
たまった洗濯物を干す。
う~ん、気持ちいいね。

材木置き場の雨除けを外す。
風を通して、湿気を吸った材を乾燥させるのだ。
吹き抜ける風が気持ちいい。

材の香りが混じって、ちょっと森林浴気分。

昼飯は、この風に当たりながら食べる。
贅沢じゃね。

これで、製作も進むと言うものだ(本当か?)

夕方、きれいに乾いた洗濯物を取り入れる。
ちょっとした幸せ。

やっぱり、晴れはいい。

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

ストレス発散?

不休体制もひと月を越えるとさすがにしんどいな~

そんなハードスケジュールの中で、唯一の息抜きはDVD。

最近はまっているのは、海外ドラマ「24 twenty four」
下馬評どおり、面白い♪

焼酎の水割りを片手に、一日のストレスをこれで溶かす。

気分はジャックバウアー。


ところが、これ、難点がある。
そう、ジェットコースターサスペンスなので、途中で見るのを止めるのが難しい。
で、ついつい長時間見てしまう。


しかも、見るのは仕事を終えた11時過ぎから。
なので、寝るのはいつも深夜一時過ぎ。
(あんたは大学生か?)


慢性寝不足のうえ、読書の時間も取れない。

ああ~

ストレス発散がストレスになっているかも?


でも、今日も見てしまうんだろうな~

困ったな~

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

淡々と

台風一過で快晴・・ではなく、今日も雨。
しとしと降る。

いろいろと天気に文句言っても仕方ないので、黙々と製作。

淡々と、先へ進めるのみ。


でも、しばらく太陽を見てないな~

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

肩透かし

台風接近中。
厄介なことだ。

とりあえず、今夜がピークらしいので、必要な材を保管場所から工房内へ移動。
雨を避けるため。

明日の木取りに備える。


それで、今日は製作を早めに切り上げて、たまっている事務仕事をすると決めた。

パチパチパチ とキーボードを叩く。
また肩こりがひどくなるだろうな~


そんなこんなで、今6時半。
外は・・ 静かだ。

嵐の前の?

いや、台風情報を見ると・・
?? えっ もう行っちゃったの?


肩透かしの一日。
残ったのは肩こりのみ。

でも、事務仕事が進んだので、それはそれで良しとしよう。


ps
台風進路の皆様、くれぐれもご注意ください。

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

嵐の前の静けさ

台風接近中だが、外はとても静か。
まさに、嵐の前の静けさ?

明日は大荒れになりそうなので、今日中にあれこれと進めておきたいと思うのだが、
なかなか思うように行かないのだな これが。


慢性的納期遅延病。
これに台風が拍車をかける。

ああ~ もう どうしよう。

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

頑張れ

友人が離職した。
独立のため。

いろいろと話をしながら、自分の当時のことを思い出したりした。

あれからもう7年。
早いな~

離職直後は、解放感と、期待と、不安が入り混じった複雑な気持ちだった。
糸の切れた凧のよう・・・
しっかりしていないと、あっちへフラフラ、こっちへフラフラ、
下手をすると、どこへ飛んでいって消えてしまうかも分からない。


あれからもう7年。

とりあえず、軸足は定まったかな?


ともあれ、新たな道を歩む全ての人にエールを送りたい。

頑張れ~!!

| | コメント (2)

2007年7月11日 (水)

審査員はお客様

先日封書が届いた。
見ると、「暮らしの中の木の椅子展」の応募用紙。

有名な、椅子のデザインコンテストだ。


でも・・ 興味なし。

このコンテストの意義と、私の目指す家具作りの方向性が違うと感じるからだ。


そもそも、家具の審査って何だろう?

もし、家具作りに審査員がいるとするならば・・
それは、デザイナーでも、建築家でも、大学教授でも、同業者でもない。

審査員はお客様だろう。
と、思うのだ。


なので、今までも出品はしなかったし、これからもすることはないだろう。

ただ、お客様に喜んでいただける家具作り。
それを目指して精進するのみだ。


| | コメント (4)

2007年7月10日 (火)

目先の利益4

と、抽象的なことばかり書いてきて、何だか良く分からないのであるが(苦笑)

弊工房はもちろん家具作りが主な業務だが、それ以外のこともやっていたりする。
木工は、その範疇が広いのだ。

利益率や、その他諸々の財務的なことごとを考えるならば、これらの選択はドライに割り切ってしまったほうが良い。
などと、経営コンサルタントの人ならばそのように言うことだろう。


でも、
いささか大上段に構えて自分の木工技術でできる社会貢献を考えたならば、それらを引き受けていくのも自分の使命なのかな? などと思ったりする。


そうなんだね、こんなことばかりやっているからあまり儲からないのだ・・

でも、それでいいじゃないか。
それで喜んでくれる人がいるのなら・・


と、NHKの番組を見て、改めて思ったことだった。

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

目先の利益3

目先のことに囚われない。

視点を変えてみる。

ちょっと話はそれるが・・
以前勤務していた会社の理念に 「以って、生活文化の向上に寄与する」 との文言があった。
当時、この言葉をあまり真剣に考えたことはなかったのだが、独立後6年を経て、これにこめられた先人の思いがおぼろげながら分かる。

事業は利益追求だ。
ボランティアで無い以上、これは当然のこと。

が・・・

利益のみを至上の命題とし、そればかりを追い求めるのは浅ましい。

経済活動は、福祉など、社会への還元という使命を帯びて初めてその正当性が担保される。
それは・・・ う~ん、いや、これ以上踏み込むのは木工ブログの範疇ではないのでやめておこう。


ともあれ、零細の個人事業であっても、このくらいの矜持は持っていたい。
なりふり構わなかった創業期を経て、最近そう思ったりする。


目先に囚われるな。

目の前の小銭損得勘定のみで右往左往するのではなく、微力ながらも、何かしら生活文化の向上に寄与したい・・と、かっこつけながら思ったりするのだ。


つづく

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

目先の利益2

目先の利益・・
商売なので赤字はご法度だ。

なので、目の前においしそうなにんじんがぶら下がっていると、思わず飛びついてしまう。
特に開業当初で仕事を渇望しているときは・・無碍なるかな。


が・・
老舗企業の条件とは・・

目先の利益に囚われない。
短期的に赤字であっても、遠回りであっても、長期的視野を持つことが大事。

NHKの分析、斯くの如し。


目先に囚われるな・・・とは?
本業と関係ないものや、亜流のもの、また、少々怪しげなもの、投機的なもの などなど、
世間の風潮などに惑わされて方向を誤ることへの戒めだろう、と、私なりに思ったりする。


つまりは、軸足をしっかりつけることなのだろう。

木工なのだから、木工をしっかりやらなければならない。
家具作りなのだから、家具をしっかり作らなければならない。

当然のことなのだ。

が、目の前ににんじんがぶら下がると、それが本流、本業からそれたことでも飛びついてしまう。
一時のカンフル材にはなるかもしれないが、長期的にみると、それらは事業体力を減退させるボディーブローのように効いてくる。


恐ろしい。


つづく

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

目先の利益

少し前のこと、NHKで「老舗企業の条件」と言う番組をやっていた。
何百年も続く老舗企業、それらの実像を探り、共通項を見出そうと言う試み。

なかなか面白かった。

その条件、
いくつかの項目があったのだが、大きくは以下の二点だった。

 ・本業深耕
 ・目先の利益にとらわれず、長期的視野を持つ

何百年も前から家訓として伝わってきた言葉。
真理は古今変わらないと言うことなのだろう。


これらは企業のみならず、もちろん個人事業についてもそのまま当てはまることだ。

本業深耕については言うまでも無い。
木工をやっていて、木工しか能が無いことだ。
木工を深く極めようと言う努力なくしてなんになる・・
もっともなことだ。


目先の利益にとらわれず、長期的視野を持つ。

これは・・・難しい。

商売をやっていると、そして、それが零細規模で貧弱な資金しかないとすると・・
ほとんどの木工房はこのような状態にあるのではないかと推察するのだが、目先の利益に囚われないようにするのは・・難しい。


う~ん。

と言うわけで、もう少し考えてみる。

つづく

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

くぅ~ 厳しいね

この仕事をやっていて、何がドキドキするかって・・
材木屋さんからの請求書ほど、ドキドキするものは無い。


今日 来た。


恐る恐る 開封。


うげげげげげ・・・


車検三回分ほどの請求。
・・・・・・・


ここのところの材木原価高騰の為、請求金額も以前の1~2割り増しほどになっている。


おまけに・・
住民税は二倍近くになり、それにスライドして国保も。


くぅ~ 厳しいね!


価格転嫁はしたくない!
と決意して、ここまでやってきた。


でも、ここまで来ると・・・


いや・・ まだまだ。
まだどこかに改善の余地はあるだろう。

それを考え続ける。
地味だが、大事な仕事だ。


ああ でも。
いつまで続く、材木高!


原因である北京オリンピック。
早く終ってしまえ!! (本音)

| | コメント (0)

2007年7月 5日 (木)

力技

晴れの予報のはずだが・・ 曇り。
ま、いいか。

ここのところの降ったりやんだり。
曇ったり晴れたり。

もちろん、木に良いわけが無い。


諸事情あって、薄い平板を作らねばならない。
数日前に板剥ぎして、しっかり養生をしたのに・・
やっぱり 反った(がっくり)


そして、反った板に鉋をかけねばならない。
これがまた、一苦労。

厚さ10ミリほどなので、鉋を力いっぱい押し付ければその圧力で擬似平面にすることができる。
そして、その平面を保つよう力をかけたまま鉋を引く。

まさに力技。

腕立て伏せをしながら鉋を引いているようなものだ。

力が緩むと、とたんに鉋屑が途切れる。
また、引きが早いと坂目が起きる。


思いっきり力をかけ続け、かつ、ゆっくりと引いていく。


ふへ~
何とか  できた。


今日のビールは うまいぞ~ ♪

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

雨と怪談

天気予報も当てにならん。
今日は朝から雨続き。
これでまた皮算用の工程が崩れる・・(溜息)

仕方ないので、急遽予定変更。
最大限、できることをするのだ。


雨音とラジオがBGM。

と、今日のゲストは稲川淳二さん。
そう、言わずと知れた怪談の語り部。

そうか、もうそんな季節だよな~


雨音が激しくなる。
ラジオのボリュームを上げる。

土砂降りの中で聴く怪談もオツなもんだ。


おかげで、少し体が冷えた感じ。

でも、時計を見ると・・
なんと、30分も経過しているではないか。


ひょえ~
雨と怪談。

工程は迷走するのだった。


で、明日は晴れらしい。
ホントか~??

| | コメント (2)

2007年7月 3日 (火)

猫の目

一転して、今日は晴れ。
この貴重な時間をうまく使わねば。

晴れの日にしかできないこと・・
晴れの日にしたほうが良いこと・・

急遽工程を組みなおす。


ここのところ、天気は猫の目だ。
ラジオの天気予報から耳が離せない。

どうやら、今夜は大雨らしい。
そして、明日午前中は曇り・・
午後からは晴れ間もあるとのこと・・

うう~
さて、どれをどこでどうやろう?


工程も猫の目。
いろいろなことで、とにかく慌しい。

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

雨の日は

空梅雨だった今までの分を取り戻すかのように・・・
大雨!

バケツの底をひっくり返したように。


納期が差し迫っているときに、この大雨は痛い!
工程組み立ての弾力性が、極端に低下する。


が、天気に文句言っても仕方がない。
雨の中でもできることを最大限のスピードで進めるのみだ。


面白いことに・・
雨の日の方が集中力が上がるように感じる。

雨音で周囲の音は全く聞こえない。
工房の扉を閉め切り、ラジオのボリュームを心持ち上げる。
何となく、世間から隔絶されたような感がある。


そう、この状況では目の前のことに集中するしかない。

で、今日はいつもよりはかどった・・かも?

大雨も考えようだ。

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

仕事だもんね

本日工房内温度は33度。
だいぶ上がってきたね~

でも、このくらいならばまだ大丈夫。
汗も出ない。

今までの経験値として・・・
35度を超えると汗が出始め、
37度くらいになると危険水域。

まだまだ余裕があるよ♪


ところで、ただいま追い込みの真っ最中。
今年三回目の不休体制。

やらねばならないことは、やらねばならない。
仕事だもんね。

と、自分に言い聞かせる。

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »