« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

物忘れの話

物忘れのひどい話 その2

角度切りをしなければならなくなったので、昇降盤を傾斜させなければならない。
ところが、この昇降盤、刃物カバーを外さねば傾斜できない構造。

まったく、なんでこんな厄介な構造なんだよ~


そして、刃物カバーの取り付けボルトを外す。

小さなものなので、なくしたら大変。
作業台の上に大事に置く。


角度切り、無事完了。

さあ、傾斜を戻して、カバーを取りつけよう・・と思ったとき。


・・・ 無い ・・・

??

そう、あの大事な連結ボルトが1セットしかない!?

もう1セットは? 
どこに行った??


あれ?
確かに、大事にここに置いたよな~

下に落ちたかしらん??

床に這いつくばって探すも・・ ない。

人が見たら、コンタクトレンズでも探しているように思えただろう。


結局 無い!


くそ~ 
と言っても、当たる相手もいない。

一人なんだからね~
何があっても自分の責任なのよね~
ハイ、分かってますがな! (ひとり芝居)


仕方ないので、予備のボルトを使おうとするが・・・
さて? どこに仕舞ったかしらん?

そんなこんなで30分ほどあれやこれやと・・・


ようやく予備のボルトで固定し、一件落着。


作業再開!


サンダーを取るために作業台の下を見ると・・
キラリ・・・ ボルトが光る。

どうしてこんなところに?

作業台下の工具棚隅に、きちんとまとめて1セット置いてあった。

こんなところに置いたっけ?
????

思い出せない。


物忘れ・・
こりゃ、かなり深刻かも?

DS 脳トレ 真剣にやってみようかな?

| | コメント (0)

2007年5月30日 (水)

恐ろしい

何気なくネットサーフィンをしていたら・・

とんでもないものを見つけてしまった(驚)


夕食後、いつものようにパソコンでだらだらと画面を見る。
それが、どのように見つかったのか? 
全く覚えがないのだが・・


いつものようにちょっとほろ酔い気分。
半分寝ぼけ眼でのネットサーフ。


でも、これを見つけた瞬間、そのあまりの衝撃に眠気が吹き飛んでしまった。

あまりにも恐ろしい。

ぞ~っ

その恐ろしいものとは?

・・・

・・・

見たいですか?

・・・

・・・

後悔しませんか?


興味ある人は、下記リンクをクリック!

 http://photos6.flickr.com/7317705_5f8e0cd36d_o.jpg


これはいったい何だ?

と思った人は、下記リンクをクリック!

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%A0%E7%A9%B4

これから、眠たくなったときはこれを見ることにしよう。


ああ、恐ろしや!

| | コメント (3)

2007年5月29日 (火)

すっきりした

材木代の支払いに続いて、今日は自動車税。

払わなければいけないものは、払わなければいけない。


これで全部振り込んだぞ!
ああ、すっきりした(やけくそ)


ところで、気がつくともう5月も終わりだ。
と言うことは、来月は6月(当たり前)

と言うことは、来月は半期の締め・・
ぞぞ~っ

ひぇ~

とにかく、仕事せねば(焦りまくる私)

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

支払いの月末

次回の材木発注のため、在庫の棚卸し。

どこにどんな材が隠れているのだ??

一枚ずつひっくり返し、材種ごとの枚数、状態、サイズなどを確認・・
この時点で、木取りのプランを考える。

積みなおして整理。

その後、この先2ヶ月ほどの製作予定を考え、必要量を発注しなければならない。

と・・
その前に、前回分の支払いをしなくては・・

ああ、支払いの月末。

・・・

・・・

さあ、頑張って仕事しよ!

| | コメント (0)

支払いの月末

次回の材木発注のため、在庫の棚卸し。

どこにどんな材が隠れているのだ??

一枚ずつひっくり返し、材種ごとの枚数、状態、サイズなどを確認・・
この時点で、木取りのプランを考える。

積みなおして整理。

その後、この先2ヶ月ほどの製作予定を考え、必要量を発注しなければならない。

と・・
その前に、前回分の支払いをしなくては・・

ああ、支払いの月末。

・・・

・・・

さあ、頑張って仕事しよ!

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

光化学スモッグに吹かれて

今日は息子たちの運動会。
カミさんは、朝から弁当作り。

先に行く子供たちと、場所取りに行くカミさんを見送り、しばしコーヒータイム(まったり)

時間になったので、弁当を抱えて家を出ようとしたとき・・・

ピピピピピ・・・
電話。


カミさんから・・・

「あのね、運動会 中止!」

「?? えっ なんで??」

「光化学スモッグ注意報が出たらしいよ・・・」

「・・・・・・・」 絶句。


そんなご無体な。


晴天。
猛暑。

これで、光化学スモッグとなったらしい。

しかも、黄砂の大量飛散で辺りはどんより。


ああああ・・・


黄砂は、この時期の風物詩としてとらえる余裕も持てるが・・
光化学スモッグは洒落にならない。

黄砂には吹かれても良いが、
スモッグは御免だ。

安易な文明批判はしたくないが、
やるせない思いになる。

ふ~ (ため息)

| | コメント (0)

2007年5月26日 (土)

初夏か?

いや~ 暑い!!
こりゃ、もう初夏だ。

今からこんなに暑いのなら、果たして今年の夏はどんなことになるのか?
ぞ~っとする。

木工家の干物、いっちょ上がり・・なんてことになりそう。


そんな暑い中、今日は打ち合わせ行脚。
午前二件、午後二件。

移動の車にエアコンは無い。
動くサウナマシンのようだ。

帰宅して冷たい麦茶を一杯。
ああ~ 至福の時。


冷たい麦茶
蚊取り線香
風鈴の音♪

また夏がやってくる。

| | コメント (2)

2007年5月25日 (金)

VDT症候群

せっせと事務仕事。
肩がこる。

慢性肩こり。
これはもう、職業病と言っていい。

思い返せば10年以上も前のこと・・
当時、会社員だった私の職場は普通のオフィス。
そこに、初めてパソコンが導入された。

そして、あれよあれよと言う間にメールによる意思伝達網が出来上がった。

便利になったもんだ・・と、当初は思った。

そう、確かに便利になった。

だが、その頃から肩こりや、腕の痛みに悩まされることになった。
VDT(Video Display Terminal)症候群。


あちこちの筋肉が痛む。
集中力が続かない。
目の焦点がぼやける。


その後、退職。
木工家を目指すべく、訓練校へ・・

そして、自然とVDT症候群もなくなっていった。


開業。
その半年後にホームページ開設。
メールによる注文のやり取り。
さらに、ブログの開設。
さらにさらに、CGの導入。

気がついてみると、またパソコン環境にどっぷり。

そして、肩こりなど、見事に復活して固着状態。


昔の木工家はこのようなことに悩まされたのだろうか?

木工・・
加工はアナログでも、もはや、デジタルから逃れることはできない。

などとぼやきながら、今日もパソコンでこのブログを書いているのだ。

| | コメント (5)

2007年5月24日 (木)

電話対決3

「そのように、いろいろな家具をお考えの方が、いっぱいいらっしゃるのですね」

「そうなんですよ」

「貴社は、家具屋さんですか?」

「いえ・・・そうではありません」

「では、どうして家具を考えているお客様がたくさんいらっしゃるのですか?」

「それは・・・・・」


かなり怪しい。


「それで、私はどのような家具を作ればいいのですか?

「ええと、 椅子とか作れますか?」


しばし呆然!


「もちろん作れますが・・・」

「その他には・・ どうでしょう??」

「あの~ 私の家具をご存じないのですか?」

「・・・・・」

「私のホームページはご覧になられましたか?」

「・・・ あ いえ  まだ見てません」


ダメだこりゃ。


「作品を見てもいない相手に、どうしてこのような依頼ができるのですか?」

「・・・・」

「とりあえずホームページを見てください。 話はそれからですね」

「・・・ ハイ・・・」

と、このような顛末。


別に、電話による勧誘が悪いといっているのではないが、勧誘のプロとしてはあまりにもお粗末なことだろう。
相手を口説くには、まず相手を知らなけりゃ・・・ね。

これを見ている勧誘員さん、頑張ってくださいませ・・
って、見てないだろうな~


天気が良いので、思わず付き合ってしまった電話応対。
馬鹿らしい? いや、ちょっと面白かったかも?


おわり。

| | コメント (0)

2007年5月23日 (水)

電話対決2

やり取りの続き・・・

「ところで、ご用件は何ですか?」

「いや、それがですね・・ 家具が欲しいといわれる方がたくさんいるのですよ」

「はぁ それはすごいですね 一体何人くらいいらっしゃるのですか?」

「・・・ ああ、いや ・・ たくさんの方です」

「・・・」

「それでですね、家具のネット通販は考えてられなかったでしょうか?」

お決まりの、変な日本語である。


「いや、ですから、もうすでにやってますって」

「・・ ああ、そうでしたね」

「で、ご用件は?」


堂々巡りである。


「いや、そのお客様との接点をお手伝いさせていただきたいと・・」

「その方たちは、どのような家具をお望みなのですか?」

「・・・・ え~ ・・・  いろいろです♪」

「・・・・」


何だか楽しくなってきたぞ♪


つづく

| | コメント (0)

2007年5月22日 (火)

電話対決

天気が良いので、迷惑電話も多いのか?
昨日も、今日も。

フ~


いつもなら即受話器を置くのだが、天気も良いことだし、いったいどんな話をするか興味本位で聞いてみることにした。


「もしもし、あやしげ商会の鬼瓦と申します」

「はぁ」

「素敵な家具をお作りになっていると聞いたので電話しました」

「どこでお聞きになったのですか?」

「ネットの書き込みです」

「具体的に、どこのサイトですか?」

「福岡県の口コミ情報版というところです」

「アドレス教えてください」

「・・・ あ~ 今 ちょっと控えてないんですよ」

「・・・ そうですか」


「それでですね、そんな素晴らしい家具のネット通販はお考えにならなかったでしょうか?」


そらきた!
案の定。

そして、お決まりの変な日本語!


「考えてますよ、というより、もうすでに販売しているのですが・・」

「・・・ ・・・ ああ~  そうなんですね」

「ところで、ご用件は何でしょうか?」


やり取りはつづく・・・

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

晴れの日は

晴れ♪

ここぞとばかりに、あれこれと。

板剥ぎして、木取りして・・・


いずれも体力と繊細さが必要な作業。
気持ちが乗っているときじゃないと、なかなか良い結果にならない。

その点、晴れの日はいい!
良い天気・・と言うだけで、集中力も増してくるというもんだ。


板剥ぎして・・

板剥ぎして・・

さらに板剥ぎして・・

木取りして・・

木取りして・・

木取りして・・


保管スペースは、クランプと材料の林のようになってしまった。

これが、木工の大事な下拵え。
ゆっくりと養生して、数日後に本加工へと移っていくのだ。

明日も晴れ!
嬉しいね~

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

開業のとき

昨日はアルコールのせいで、ブログお休みしました。

このたび開業される方との食事会(飲み会??)
いろいろお話をさせていただきながら、自身の開業当時を思い出したりした。

懐かしい・・
と言うには、まだ早すぎる。
5年前のことなのだ。

でも、何だかかなり遠くのことのようにも感じる。

日々過ぎていく時間は短いのに、いざ昔を振り返ってみると、何だか相当な時間が経過したように思える。

それだけ濃密な時を過ごしたということなのかな?


私の話はさておき・・

来月、隣の下関に新しい木工房が誕生する。
Yさん、頑張ってください。

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

アレが来る

ホームセンターへ買出しに・・
買い忘れの無いよう、今日は必要なものを書いたメモを持っていったのでばっちり。

いつもこうすれば良いのにね!

ホームセンターは楽しい。
私にとっては、一番心が落ち着く場所かもしれない。

何か新しいものないか?
と、つい物色してしまう。

このため、いつも長居してしまい、この時間の切迫しているときにどうもよろしくない。


ところで・・
ついに・・

九州にアレができるらしい♪


アレ?

アレって何?

フフフフ♪


福岡近辺在住の手づくりマニアの方!

ついに、あの 東急ハンズがやってきます。

JR博多駅のリニューアルで、駅ビルに店舗を構えるらしい。
ああ、悲願の東急ハンズ。

完成はまだだいぶ先のようだが、今から待ち遠しい。


でも、出かけると確実に一日は仕事にならんな・・・こりゃ。

| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

何だったかいな?

「忘れぬよう メモした紙を また捜す」

今年のサラリーマン川柳。

・・・ 笑えない ・・・


最近、物忘れがひどい。

先日、機械屋さんが来られた。
あれこれ尋ねたいことがいっぱいあったのだが・・

はて? 
何だったかいね??

え~と・・

チップソーだったかな?
ベルトサンダーだったかな?
ボール盤だったかな?
野球盤だったかな???

万事、こんな按配だ。


また、ホームセンターへの買出し・・

え~と・・

サンドペーパーと、
ビスと、
ドリルの錐と、
・・・
・・・

あと一つ、何だったかいな??

思い出せないまま帰宅して、ごみ捨てしようとして気付いた。

「あ~ ごみ袋!!!」


こりゃ、脳内年齢がだいぶ先へ進んでいるかも。

子供のDSを取り上げて、脳トレーニングでもしようかしらん?

| | コメント (2)

2007年5月16日 (水)

雨降りは

雨・・

しとしとしと。


雨降りは嫌なもんだ。
湿度の変化は、木の反り、捩れにつながる。

特に、板組みをしている場合など、木の反りはしばしば深刻な問題になる。

反ると、正確な加工ができないばかりか、場合によってはそのパーツを破棄せざるを得なくなることもあったりする。


雨降りは嫌なもんだ。
木が反るということは、木でできている鉋の台も反るということ・・

定規を当ててみると・・
やはり狂っている。


雨降りは嫌なもんだ。


天気予報は・・ 明日も雨!

ああ~ ・・・

| | コメント (0)

2007年5月15日 (火)

頭脳労働の憂鬱

頭脳労働の続き。

慢性的に納期が押している現状なので、できれば工房で手を動かしたいところだが・・
デザイン・設計についても進めて行かねばどうにもならない。

猫の手も欲しい。

バカ猫なら近所に数匹いるが・・・・・


さて、頭脳労働のこと、
これ、手を動かす実作業と違って大変困ったことがあるのだ。

それは・・・
見込み時間で確実に結論が出るとは限らないことだ。

例えば、デザイン。
一日時間をかけて考えたからといって、良いアイデアが浮かぶ保証はない。

精神衛生上きわめてよろしくない。


ああ・・どこかにアイデアのなる木か、アイデアの沸きだす泉でもないものかしらん?


と言うわけで、本日は愚痴ブログで失礼いたしました。

| | コメント (2)

2007年5月14日 (月)

頭脳労働

ちょっとお問い合わせが立て込んできており、今日は主に頭脳労働。
難しいものをつい後回しにしていたツケがまわってきた。

フヒー

頭の中で、立体を組み立てては分解し、ひっくり返したり、なんだかんだと。
ボケ防止に木工は最適です♪


そんなこんなで頭をひねっていますので、本日のブログはこれにておしまい。

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

兜と甲冑と

この商売をやっていると、いろいろと面白いご依頼をいただくことがある。

先日のこと・・・
お客様ご来訪。

「兜を載せる台を作って欲しいのですが」


??????

?が頭の中を駆け巡る。


あまりにも予想できないご依頼だったため、不信感が顔に出ていたかも?
こりゃ、営業的には未熟の証明だ(反省)


ともあれ、詳しくお聞きすることに。

なんと、趣味で甲冑を作られているとのこと・・
現物を拝見してびっくり。

本物なのだ!!

何が本物なのか?
つまり、当時の技法に忠実に倣って製作されているのだ。

当時は鉄板というものがなかった由。
このため、鉄の塊から打ち出して平たくする。
それを、型に倣って鎚で打ち出して立体にする。

それらパーツを寄せ集めて釘で仮止めし、熱で溶かして溶着(溶接?)していくらしい。

そして、その上から漆を何層にも重ねていく。

う~ん、そのこだわりたるや、恐るべし。

とても貴重なものを見せてもらった。

で、兜の展示台は?
もちろんお受けしましたよ。
こりゃ、私がやらずに誰がやる?


このように、年に何度かとても面白い出会いがある。
これも、木工の醍醐味かもしれないね。


| | コメント (3)

投入堂5

それは、忽然と姿を現した。
最後の最後まで姿は見えなかったのだ。

最後の岸壁を右手に回りこむと、それは突然眼前に姿を現す。

投入堂だ。

ため息が出る。
この険しい道のりも、直前まで姿を見せることのない立ち位置も、全て何事かの演出ではないのか? と思えてしまう。

今、目前20メートルほどにそれは佇んでいる。
100メートルを超える絶壁を背後に、それはあまりにも儚く感じる。

幻のようにも思え、これが人間の手によるものとはにわかには信じがたい。


優美 と言う言葉がこれほど当てはまるものもない。
断崖に開いた穴を舞台に、それは宙に浮いているようにも見える。

京都や奈良で見られる寺社建築のように、圧倒的な威圧感もない。
それは、ただ静かに佇むのみだ。

しばらく見ていると、そこに、それがあるのは必然的にも思えてくる。

伝説によると、雑密の開祖、役の行者が法力でそこに投げ込んだとのこと。
その通りだろう。

興奮しながら下山したものだった。

すごいものを見た。 それは幸福。

もし、不幸なことがあるとすれば・・・
それは、今後どのような建築を見ても、感動できないかもしれない・・ と思うことだ。


鳥取県 三朝町 
三徳山三佛寺 奥の院 投入堂。

是非一度ご覧ください♪


勝手にリンク  三佛寺奥の院

| | コメント (0)

2007年5月11日 (金)

投入堂4

鐘楼を過ぎると、道中で最も危険な場所、ラクダの背に出る。

ここは、切り立った断崖のピーク。
形をラクダのこぶに例えたのだろう。

背に立って、右も左も深い谷。
誤ると、100メートルを転げ落ちる運命となる。

幸いなことに、周りには樹木が茂って千尋の谷への視界をさえぎっている。
もし木々がなければ、身がすくんでとても立っていられないだろう。

上空からヘリコプターで眺めたなら、なんと途方もないところを歩いているのかと思うに違いない。

ピークを超える。
と、左手に看板。
「危険 転落事故現場 右側を通ること!」

ひぇ~


ラクダの背を超えると、あとは比較的楽な道になる。
一路、投入堂を目指す。

樹木が途切れ、岩肌がむき出しになってきた。
岩の崖、その途中に作られた道を歩く。
崖を右手に、狭い道をトラバースしていく。

途中、いくつかのお堂を過ぎる。

そして、大きくせり出した岩をかわすように右側へ回りこむと・・

それは、突然姿を現した!!


つづく

| | コメント (2)

2007年5月10日 (木)

投入堂3

入山。

小さな川に架かる橋を渡り、少し歩くと・・

ええっ(驚)

人の列が、頭の上へ連なっている。


それまで、少しきつめの登山くらいかな? などと思っていたのだが、これは登山と言うよりは崖のぼりだ。

崖の土肌を砕いて、あちこちに木の根が露出している。
その根を手掛かり、足掛かりにして、ちょうどはしごを上るような按配で上へと体を押し上げる。

皆、無言で登る。

時折、上から石ころが落ちてくる。
そのたび、緊張が走る。

下を見る。
足元から下へと、やはり人が連なっている。
根っこのはしごを登ってくる。

ジャックとまめの木を思い出したりした。


しばらく行くと、岩場に出る。
鎖があり、これを手にして登る。

登った先には舞台づくりのお堂と、驚いたことに鐘楼がある。

鐘の重さは2トン。
調査によると、この場所で鋳た形跡はないらしい。
とすると、中型自動車一台分の重さがある鐘を、ふもとから運んで据え付けたのか??

人智は想像を超えている。


つづく


| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

投入堂2

投入堂は崖に放り込まれたように立っている。
なので、それに近づく道は、必然的にがけを登坂することとなるのだ。

ルートは・・ ほとんど直登に近い。


本堂に受付所がある。
ここで、名前を記帳しなければならない。

受付時刻を書き、下山時にやはり時刻を記入する。
下山記入がなければ、遭難と判断される。

壁に新聞記事のコピーがかかっていた。
二年前、転落死亡事故が起こっている由・・

汗・・・


さて、受付。
入山の注意と、靴裏のチェック。
念が入っている。

そして、輪袈裟なるものを渡される。

形はたすきそのもの。
なにやら仏教用語が記されている。

住職は言う。
投入堂への参拝路は観光でも登山でもなく、修行と心得て欲しい。
そのための簡易的な袈裟・・ それが輪袈裟と言うわけなのだ。


さて、いよいよ入山。


つづく

| | コメント (2)

2007年5月 8日 (火)

投入堂

連休のこと。
鳥取を中心に、山陰をうろちょろ・・

その中でも最大の目的は・・鳥取県三朝町にある、三徳山三佛寺。
その奥院、投入堂だ。

10年ほど前、サライという雑誌に出ていた写真に釘付けになった。

舞台建築のお堂なのだが、建っている場所がとんでもない。
その場所とは・・  崖なのだ。

いや、立っているという表現は適切でない。
崖に張り付いている・・と言うほうが良いかな??

もしくは、崖の前に浮かんでいる・・ようにも思える。


まあ、つべこべ言わず、下記写真を添付する。

Jatottorisanbutsujinageiredou


垂直に切り立った崖。
その途中に、小さな穴が開いている。

この穴の中に小さなお堂が入っているのだ。

そう、まるで誰かがそこに投げ入れたように・・・


この下は、100メートルほど、ほぼ垂直に落ちている。
一体、誰が、どのように、作ったのか??


投入堂には、入り口も、そこに近づく道もない。
わずか下の足掛かりから眺めるのみだ。

どうしても近づきたい人は、死を覚悟で崖伝いににじり寄るしかない。
過去、それで命を落とした人もいるそうだ。

なので、もちろんお堂は立ち入り禁止!
展望ポイントから眺めるのみなのだ。


しか~し、この展望ポイントまでの道のりも半端じゃない!


つづく


| | コメント (4)

2007年5月 7日 (月)

連休終了

四日間の連休。
鳥取を中心に、山陰を満喫♪

良かったヨン。


これらのことは、明日以降のブログでつらつらと書いてみますので、お楽しみに!


ところで、帰宅してみると・・

 迷惑メール 500通
 自動車納税通知書
 国民年金 一括振替済通知書

・・・・ 

・・・・

一気に現実に引き戻されたことだった。

そして、気がつけば5月もすでに一週間が過ぎているではないか!

遊んだ分、あとが大変だぞ~


と言うわけで、本日より全開で通常業務モード。
いただいたメールについては、これから順次ご返信いたしますのでよろしくお願いします。

| | コメント (3)

2007年5月 2日 (水)

連休のお知らせ

5月3日~6日までお休みをいただきます。

この間にいただいたお問い合わせなどについて、そのご返信は7日以降とさせていただきますので、よろしくお願いします。

しばし、ブログもお休みです。


連休後半。
皆様も、楽しいひと時をお過ごしください。

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

ひたすら研ぐ

訓練校、木工科の方ご来訪。

訓練校は、授業が始まったばかり。
実習はまず・・刃の研ぎだ。

簡単なようで難しい。

できたように思えても、次から次へといろいろな難問が待ち受ける。


機械の使い方ならば、専門書などを参考にしながら効率よく学習することもできるが・・
手道具の習熟に近道はない。

ひたすら研ぐ!
愚直に、粘り強く。


今年入校した全ての訓練生の方へ、
結果は必ずついてきます。

とにかく・・研ぎましょう!

| | コメント (4)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »