« 投入堂3 | トップページ | 投入堂5 »

2007年5月11日 (金)

投入堂4

鐘楼を過ぎると、道中で最も危険な場所、ラクダの背に出る。

ここは、切り立った断崖のピーク。
形をラクダのこぶに例えたのだろう。

背に立って、右も左も深い谷。
誤ると、100メートルを転げ落ちる運命となる。

幸いなことに、周りには樹木が茂って千尋の谷への視界をさえぎっている。
もし木々がなければ、身がすくんでとても立っていられないだろう。

上空からヘリコプターで眺めたなら、なんと途方もないところを歩いているのかと思うに違いない。

ピークを超える。
と、左手に看板。
「危険 転落事故現場 右側を通ること!」

ひぇ~


ラクダの背を超えると、あとは比較的楽な道になる。
一路、投入堂を目指す。

樹木が途切れ、岩肌がむき出しになってきた。
岩の崖、その途中に作られた道を歩く。
崖を右手に、狭い道をトラバースしていく。

途中、いくつかのお堂を過ぎる。

そして、大きくせり出した岩をかわすように右側へ回りこむと・・

それは、突然姿を現した!!


つづく

|

« 投入堂3 | トップページ | 投入堂5 »

休日」カテゴリの記事

コメント

いよいよ投入堂が目の前に
現れた!

次はどうなるんでしょう。

投稿: tatsuro | 2007年5月11日 (金) 23:18

いかがだったでしょうか?

いや~ 文章で表現するのは難しいです。

百聞は一見にしかず。
是非、一度お訪ねください。

投稿: 栗原@simple | 2007年5月13日 (日) 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投入堂3 | トップページ | 投入堂5 »