« 投入堂2 | トップページ | 投入堂4 »

2007年5月10日 (木)

投入堂3

入山。

小さな川に架かる橋を渡り、少し歩くと・・

ええっ(驚)

人の列が、頭の上へ連なっている。


それまで、少しきつめの登山くらいかな? などと思っていたのだが、これは登山と言うよりは崖のぼりだ。

崖の土肌を砕いて、あちこちに木の根が露出している。
その根を手掛かり、足掛かりにして、ちょうどはしごを上るような按配で上へと体を押し上げる。

皆、無言で登る。

時折、上から石ころが落ちてくる。
そのたび、緊張が走る。

下を見る。
足元から下へと、やはり人が連なっている。
根っこのはしごを登ってくる。

ジャックとまめの木を思い出したりした。


しばらく行くと、岩場に出る。
鎖があり、これを手にして登る。

登った先には舞台づくりのお堂と、驚いたことに鐘楼がある。

鐘の重さは2トン。
調査によると、この場所で鋳た形跡はないらしい。
とすると、中型自動車一台分の重さがある鐘を、ふもとから運んで据え付けたのか??

人智は想像を超えている。


つづく


|

« 投入堂2 | トップページ | 投入堂4 »

休日」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投入堂2 | トップページ | 投入堂4 »