« ラジオは友達 | トップページ | 負ける建築2 »

2007年4月11日 (水)

負ける建築

昨日のNHK プロフェッショナルはなかなか面白かった。

出演は、建築家 隈研吾氏。

私は建築にはあまり興味がなく、安藤忠雄、磯崎新、丹下健三・・
それから、最近話題の黒川紀章くらいしか知らない。

隈氏については、名前くらいは聞いたことがある ・・ 程度


ちょっと話はそれるが・・

一昨年、四国の梼原という所へ行ったとき、とても面白い建築を見た。
山奥にあるホテルで、その名も「雲の上ホテル」

木とガラスで組まれた斬新でモダンな建物ながら、違和感無く風景に溶け込んでいたのが印象的だった。

梼原といえば、坂本龍馬脱藩の道がある。
龍馬好きの私にとっては、とても思い入れがある所。

雲の上ホテルは、その脱藩の道の脇に建っている。


保守的な私としては、そのような歴史の地にモダンな建築など嫌悪感が高まる性向があるのだが・・
何故だか、雲の上ホテルについてはそのような印象も無く、ああ、いつかここに泊ってみたいなぁ 
などと思ったものだった。


話を戻して・・・
昨日のテレビ。

画面を見てびっくり。

なんと、あの「雲の上ホテル」ではないか。


そうか、あの建物、隈研吾氏の設計だったのか!!


つづく

|

« ラジオは友達 | トップページ | 負ける建築2 »

言いたいことなど」カテゴリの記事

コメント

隈さんは梼原プロジェクトを作って今まだ製作途中です。
司馬遼太郎さんも棚田を見学に梼原町を訪れたときに、隈さんのホテル建設工事中の
雲の上ホテルを見学しています。
司馬遼太郎さんが、梼原町訪問時
新進の建築家の隈さんを褒めておられたそうです。
隈さん、竜馬の脱藩の道を歩いて世界的になって行きそうです。安藤忠雄さんを、じきに超えますよ。

投稿: みほ | 2007年4月11日 (水) 22:46

みほさん、コメントありがとうございます。

そうか、司馬氏も雲の上ホテルを見ているのですね。
これは、隈氏にとっても大きなプレッシャーだったのかもしれませんね。

でも、それらを逆手にとってパワーに転化する。
隈氏の面目躍如だったのかも??


安藤氏の建築もいいですね。
北海道のトマムに行ったときに見た「水の教会」で、完全にノックアウトされてしまい、それ以来のファンです。

今回のことをきっかけに、建築についても興味がわいてきそうです♪

投稿: 栗原@simple | 2007年4月12日 (木) 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラジオは友達 | トップページ | 負ける建築2 »