« 行動が気分を | トップページ | お休み »

2007年4月29日 (日)

重き荷物を負うて

木工家志望の方ご来訪。

なんと、はるばる関東よりお越しいただいた。
GWの混雑期に、お疲れ様でした。

同世代。
独立に際し、いろいろな悩みも・・

そりゃ、悩みますとも。
悩みのない独立なんてありえません。


この悩みをどうすればよいか?

この永遠の命題。
残念ながら、特効薬はない。

しかし、対症療法的な方法はある。

これ、以前も書いたので繰り返しになるが・・・

悩み緩和の方法!
それは・・

事業計画書を書くこと。
そして、そこに必ず具体的な数値目標を入れること。


そうすると・・・
現実がリアルにわかって、悩む暇がなくなってくるヨン♪

こりゃ大変!
顔が青ざめて、悩んでいる時間がとてつもなくもったいなく思えてくる。

これで、悩み解消!


で、目の前には解決すべき膨大な項目が山のように、壁のように立ちはだかることになるのだ。


人の一生は、重き荷物を負うて遠き道を行くが如し(徳川家康)

悩みも、重い荷物も、それを楽しんでしまおう。
そう、独立に必要な資質は・・楽天家であること。


志があるから、悩みもある。
充実した人生かもしれませんよ!

|

« 行動が気分を | トップページ | お休み »

木工家志望の方へ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。tatsuroといいます。

<志があるから、悩みもある。

いいですね!
悩みを突っ切って生きよう!

また参ります。

PS
私のブログにリンクを張らせていただいても
よろしいでしょうか。

投稿: tatsuro | 2007年4月30日 (月) 16:54

はじめまして、コメントありがとうございます。

悩み!
大変ですが、進歩のためには悩みも大事ですね。

できるだけ前向きに考えて、楽天家で行くのが良いようです。


リンク、ありがとうございます。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

投稿: 栗原@simple | 2007年5月 1日 (火) 22:08

 やっぱり、事業計画書は重要ですよね。私は、今さらながら書き直したり、数字を見直しているところです。「誰か、『木工での独立のための事業計画書の書き方』とかいう手引き書を作ってくれないかな?」と思ったりしながら、普通の「個人事業の始め方」的な本などを参考に作っています。

投稿: 木工舎 | 2007年5月 4日 (金) 00:00

木工舎さん こんにちは。

いや~ 事業計画書に決まったフォーマットなどはないので、どのような形でもかまわないと思いますよ。

事業展開の極意? とは・・・

情熱と分析。
気概とリアリズム。

う~ん、抽象的かな?


事業展開には、漲る熱い情熱と、氷のように冷徹な計算の両方が必要なように思います。
なので、計画書を書くときには、必ずその両者がバランスすることを心がけるようにするのがポイントかも?

きれいにまとめようと思わずに、とにかくいろいろ書きなぐってみたらよいですよ。
私の計画書なんて、立案~修正の連続で、ノートの落書きのようなものです。
(と言うより、落書きそのもの)

フォーマットなど気にせずに、どんどん書きましょう。

投稿: 栗原@simple | 2007年5月 7日 (月) 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行動が気分を | トップページ | お休み »