« 集成材の効用 | トップページ | 歯医者の日 »

2007年4月22日 (日)

エバーグリーン カーペンターズ

先日、NHKでカーペンターズ特集をやっていた。

う~ン、懐かしい。

カーペンターズ・・
中学時代に良く聴いた。

当時、ビートルズはすでに解散し、ハードロックの時代に入っていた頃。
日本では、かぐや姫が解散したのもこの頃だったかな?

私もご多分にもれず、レッドツェッペリンやディープパープルなど聴いたもんだ。
ちょっと進んでいる奴は、ピンクフロイドなどのプログレ。

その中で、カーペンターズは異彩を放っていた。


でも、その時代の空気として、男がカーペンターズを聴くなんていうと軟弱に思われたりした。
なので、隠れカーペンターズファンだったのだ。

小遣いを貯めて、アルバムも良く買った。
ジャケットから真新しいレコードを取り出すときの、あの独特のにおいと興奮は、今のCDでは味わうことのできないもの。
針を落とすのは一種の儀式のようでもあった。


アメリカの良心とも言われた健全な雰囲気をまとったデュオ。
サウンドも、今聴いてもまったく古さを感じさせない洗練と、完成度の高さ。

Top of the world
しかし、頂点を極めたその背後で、二人は必ずしも幸せではなかったようだ。

過酷なスケジュールと、プレッシャーによって、リチャードは精神を病み、カレンは拒食症がもとで命を落とすことになる。


それ以来、カーペンターズの音を聴くたび、少しの物悲しさを感じるようになった。


CDも、何枚か持っている。
時々取り出して聴いてみるが、当時のどきどきするような高揚感は、今はない。

でも、洗練されたサウンドは、最近の無機質な音の氾濫の中にあって、やはり心地よく響く。


明日は月曜日。
しかも、雨模様。

ならば・・ 「雨の日と月曜日は」 で一週間をはじめよう。

う~ん、業務効率下がるかも??


|

« 集成材の効用 | トップページ | 歯医者の日 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 集成材の効用 | トップページ | 歯医者の日 »