« お休みなさい | トップページ | デジカメ顛末記2 »

2007年3月11日 (日)

デジカメ顛末記

デジカメ  買った♪

コメントなどで、いろいろアドバイスをくださった皆様 ありがとうございました。

買ったのはキャノン。
PowerShot S3IS

結果は?  世は満足じゃ♪


以下、購入にまつわる顛末。


今まで使っていたカメラは6年前に購入したもの。
200万画素、当時最新鋭のカメラだった。

さらに遡って・・
思い起こせば20数年前、
デジタルカメラなるものを始めて知った。

CCDを画素とするらしい。

当時、高校を卒業したばかり。
その後、大学でCCDを学ぶこととなった。

ともあれ・・
当時のデジカメはあまりにも稚拙で、フィルムとは月とすっぽんの感があった。


つづく

|

« お休みなさい | トップページ | デジカメ顛末記2 »

つぶやき・独り言」カテゴリの記事

コメント

 私が使っているのもPowerShotですが、3年前のA80。もうすでに廃番です。小さすぎないボディでホールドがいいのはいいが、色味が青に偏りすぎること(紫が青紫になってしまう)、すこし暗いところや対象に明暗差がとぼしいとまったくピントを拾えない、マニュアルモードにしてもレンズの移動は手動ではなくモーターで行なう、などなど欠点が多く、いいかげんいやになってきました。やはりコンパクトデジカメの限界でしょうか。栗原さんの購入されたものは上記の点どうですか?

投稿: 木工房オーツー:大江進 | 2007年3月12日 (月) 07:26

大江さん コメントありがとうございます。

私の前モデルもやはりPowerShotで、A20 と言うモデルでした。

色味が青に偏る傾向は私も感じていました。
このため、オートで撮ると、パインなどが青みがかって見えてしまいますので、印象が冷たくなってしまいます。

これが嫌で、ホワイトバランスをいじったりもするのですが、今度は黄が強くなりすぎてこれまた妙な感じです。

ピントの甘さはあまり感じませんでしたが、手振れ補正がなかったため、ぶれた失敗写真も数多くありました。

そして、何よりも200万画素の限界でしょうか。
いまひとつ鮮明な画像にならず、そんなこんなで買い換えたしだいです。


今回のモデルについて、買ったばかりなので詳しいところまでは評価していませんが・・

解像度は段違いで、これだけでも買った価値があリました。

色身についてはやはり同様の傾向が見られますが、前モデルよりはかなり良いレベルで、レタッチで修正ができそうです。

マニュアルでのピント合わせはモーター駆動です。

今回の機種はコンパクトタイプと一眼レフの中間に位置するモデルで、よく言えばいいとこ取り、悪く言うならば中途半端かもしれませんね。

でも、全体的には今までより格段進歩していますので、今のところ満足しています。


使い込んでいったら、またブログなどに書きますね。

ちなみに、実勢価格4万円でした。
ご参考まで♪

投稿: 栗原@simple | 2007年3月12日 (月) 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お休みなさい | トップページ | デジカメ顛末記2 »